fc2ブログ

「Lou Reed/I'm So Free:The 1971 RCA Demos」 2022年RSDの入手モノ

Lou Reed/I'm So Free:The 1971 RCA Demos(RCA 19439944251)(LP)(新品)
P1000881_20220527195507893.jpg
P1000882_20220527195513870.jpg

4月のRSDで2番目に狙っていたレコードがこれ。
ルーがRCAからのソロ・デビューのためにレコーディングされたデモ音源集。
基本、アコギ一本での弾き語りスタイルでのレコーディングなのだが、
ロックンロールアニマルとは程遠いフォークソング紛いの内容。
ソロ・アルバムの完成ヴァージョンを散々聞き倒してきたので、
とりあえずはその原型を聞けるのはマニアとしては大変有難いが、
しかしルーはメロディ歌える人じゃないので、
これだけ聞かされても完成形が全く見えないのでファン以外は要注意。
貴重ではあるが退屈かも(笑)。

ただこの感覚、以前も有ったよなーと思い返したら、ヴェルヴェッツの初期デモだった。
あれもまさにこんな感じ。


テーマ : 本日のCD・レコード
ジャンル : 音楽

「Ultravox!/LIVE AT THE RAINBOW 1977」 2022年RSDの入手モノ

Ultravox!/LIVE AT THE RAINBOW 1977(ISLAND 387 908-0)(12')(新品)
PPP1000876.jpg

今回のブログからしばらくは今年のRecord Store Dayの入手アイテムを紹介。
コロナ禍以降、RSDアイテムのネットでの入手方法が以前より大分緩和されて、
入手し易くなっている。
以前はネットで入手するには、発売後何日か経たないと販売してもらえなかった。
近くにレコードショップが無くネットでしか入手できない地方のレコード好きにとっては、
そのタイムラグの間にアイテムが売り切れることもしばしばで、この措置は正直有難い。

まず紹介するのは、一番欲しかったこれ。
ジョン・フォックス在籍時のUltravox!。
「!」マーク付きなのが重要(笑)。
Rainbowのライブ音源は過去に何曲か、シングルB面やLIVE EPに収録されていたが、
まとまって聞けるのは大変嬉しい。
デジタル配信はされているが、ここはやはりフィジカルで持っていたいと思うのは、
ファンとしては当然。アルバム未収録曲も入っているし。

で、さて、プレーヤーにのっけていざ聞いてみたら、
あれ?ぢょんちゃんの声じゃない。すっごく野太い。
何かおかしいと思ってレーベル見直したら「45回転」だと???
いや、この収録曲数&時間で45回転っておかしいだろ???
45周年アニバーサリーにひっかけたってのか???
気を取り直して再度トライ。ああ、まだパンキッシュだった頃のUVだー。
まだ「売れない」事に絶望する前の、生きの良いぢょんちゃんの歌声が
とても力強い。
第一期UVには思い入れが強すぎるので、このリリースには感謝しかない。
次は有名ブートでも知られる1977年のあの音源も是非とも正規発売してほしい。

裏ジャケは実にふてぶてしい面構えのメンバーたち。
この後、ミッジ・ユーロ期でニュー・ロマンティック代表になり
あんなにスタイリッシュになるとは全く信じられない(笑)
P1000877.jpg

テーマ : 本日のCD・レコード
ジャンル : 音楽

「ゲロゲリゲゲゲ/デクレッシェンド 最終章」 2022年の入手モノ

ゲロゲリゲゲゲ/デクレッシェンド 最終章(いぬん堂 WC-101)(2CD)(新品)
P1000886.jpg

何度かパッケージなどを変えリリースされてきた、ゲロゲリゲゲゲの重要作の
最終形態と銘打たれたCD。

2019年8月の夜明け前の公園で、ハピドラムという音階を出すパーカション楽器の演奏を
レコーディングした音源で、これが過去のゲロゲリの作品には多分無かったアンビエントな音。
かなり小さく控えめに奏でられるハピドラムの音は、郷愁を誘うようでもあり、
穏やかな或いは終わり行く世界を想像させてくれる。
公園なので周りの車が走り去る音や鳥の鳴き声なども入っていて
普通にフィールド・レコーディング作品だよな、と思った。

オリジナルのカセットは入手できなかったのでリイシューのLPを買ったのだが、
ひっくり返す手間とかスクラッチノイズに正直邪魔される部分があったのが、
このCD化で漸く心おきなくこの静かな世界に浸れた。
が、問題は2枚目のCD。
1枚目のオリジナル音源を恐らくはメチャクチャにブーストするなりして加工した、
ほぼ「ノイズ」と言って良い音が全編を占める。
Disc 1の世界がカタストロフしたようなイメージなんだろうか。
終末直前と終末後を表した様な、或る意味表裏一体なんだろうなと感じた。
と言うか、このDisc 2は例の公園の土の中に埋めた「泥だらけのレコードを
再生した音」を表している気がするんだけどなー。

ちなみにデクレッシェンドには通販限定50部のカセット3本組がある。
(50部も作られなかったらしいとの話もある)
カセット3本、インサート各種、バッヂ、石(恐らくあの公園の)がBOXに収納されている。
BOX表紙とインサートに写っている夜の公園の写真は、録音場所であるに違いないかと。
カセット1本目は公園での物音だけが収録されている。祈っている、と言う事か。
カセット2本目はオリジナル音源を(恐らく)ラジカセで流してるのを録音。
カセット3本目はオリジナル音源を流しながら、それに合わせてハピドラムを演奏しているのを録音したもの。
3本いずれもヒスノイズや雑音が多いのが難点。
これも憶測だがかなりチープな録音機材を使っていると思われる。
マニア以外には少しキツイ内容かなーとも思う。
買っといておいて、なんだけど(笑)。
P1000880.jpg
P1000881.jpg
P1000882.jpgP1000876.jpg





テーマ : 本日のCD・レコード
ジャンル : 音楽

「フリーボ/すきまから」 2022年の入手モノ

フリーボ/すきまから(円盤 12EB-120)(LP)(新品)
P1000869_20220430204454801.jpg
P1000870_20220430204453d82.jpg

元はOZ DISCから1996年にCDでリリースされたもので、
今回新たにリマスターされLPとして再発。
発売当初は1970年代の日本シティー・ポップ、フォーク・ロックの
フォロワーとして評価された。勿論自分もそれに魅かれて聞いてた。

レーベル・オーナーの田口さんが当時リリースCDの音質に満足出してなくて、
今回はその点を大きく改善しての再発との事。
正直そこまで期待せずに単に「アナログ化」が嬉しかったので購入したのだが、
盤に針を落とし聞いて驚愕。
ここまで音像が太く豊かになっているとは想像してなかった。
よく「リマスター効果」とか聞くけど、これは完全に別物じゃんか。

曲目の今回のLP化で並べ替えされているが、
B面ひっくり返して現れるフィードバックも実に効果的で興奮。
そして初めてフリーボがアンダーグラウンド経由の「ロック・バンド」なんだと認識。

で、勢い余ってリマスターのCDも予約してしまった(笑)。
メジャー移籍後の作品は実はあまり熱心には聞いていなかったが
また聞き直してみようとも思う。


テーマ : 本日のCD・レコード
ジャンル : 音楽

「ジャックス/JACKS LIVE '68'7'25」 2022年の入手モノ

ジャックス/JACKS LIVE '68'7'25(SUPER FUJI FJSP450)(2LP)(新品)
P1000887.jpg
P1000888.jpg

日本ロックのオリジネーター、ジャックス。
元々は非正規盤でありながら最高傑作と称されたライブ盤。
まさかそのLPが「正規盤」として世に出る事になるとは思いもしなかった。
それがアナログ盤となれば尚更。
ただし、
ワタシはマニアなのでこの再発盤には不満点がいっぱいあった訳ですね。
マニア、面倒くさい(苦笑)。

以下、ざっとオリジナルとの相違点を列挙。

表ジャケの色、こんな「クリーム色」じゃない。ここは「精液」の白でなければ。
裏ジャケの緑と銀の発色バランスが違う。
内袋がエンボス加工じゃない。
ポスターの赤印刷、オリジナルより不鮮明。
レーベルの緑と橙が薄い。
ジャケット内側の銀色印刷の写真が荒くて不鮮明。

あと、2枚組にして盤を返す作業が増えた為、ライブの流れが分断される。
音質重視とのことらしいが、この盤に限っては「音質」など重視していない。
値段が高い点はまぁ許そう。

とまぁ、ケチつけまくりのこの一品。
じゃぁダメなのかと言われれば、
「最高に決まってんじゃん。だってジャックスのあのLIVE盤だぜ?」
と答えるだろう。
マニア、面倒くさい(2回目)。

あと、ジャケットの件なんだが、ネットショップなどの画像では、
緑色の面が「表」としての扱いの様だが、Wジャケットの開き方からすると、
白面が「表ジャケ」で、緑面が「裏ジャケ」になるんだけど。
マニア、面倒くさい(3回目)。
   ↓ こっちは自分の中では裏ジャケ扱い。
P1000868.jpg


テーマ : 本日のCD・レコード
ジャンル : 音楽

Recommend
プロフィール

music freak out

Author:music freak out
新潟県の燕三条FM「ラジオは~と」にて、
通常のFMではまず流れないであろう音楽の数々を
独自の選曲で15年間オンエアーされていた異色音楽番組「music freak out」の
ナビゲーターだった「ナゴヤ」のエッセイなど。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
最近のお勧め
amazon
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード