6/15 BGM用

6/15 新潟市正福寺 GOFISH+加藤りま ライブでの
場内BGMを担当させてもらいました。
配布のインサートでは不足の情報とジャケ写を補足します。

今回のテーマとしては、ライブが歌モノなので、
インスト曲でアコースティックとエレクトロを交互に。

DAPHNE ORAM/PULSE PERSEPHONE
album-Oramics(PARADIGM DISCS PD21)
女性電子音楽家。BBCラジオフォニック・ワークショップの初期メンバーの
ポップなものから無機質、ダークなものまで、多種多様な電子音を編集した2枚組CDより。
籠り気味な音質と低い振動音みたいなものの反復が酩酊を誘う(のかな?(笑))。



Dagmar Andrtova/a year in a village
album-birdcage(クリエイティブマン・ディスク CMDD-00015)
チェコの女性ギタリスト&シンガー。
独特のギター奏法らしいのだが、自分は良くわかりません(笑)。
でも、この硬質で張り詰めて存在感のある音ははっきりわかります。
勿論、歌い手としても凄いひとなので、気になった方は歌モノの曲も聞いて欲しいです。
鳥かご


NUNO CANAVARRO/track.9
album-PLUX QUBA(Moikai M1CD)
ポルトガルの電子音楽家。
H.N.A.S.のChristoph Heemannらによって発見された。
白日夢を思わせる、ゆるゆる電子音が心地よい。
再発CDはshe ye yeでまだ売ってます。



F.V.Baby/Concertos
7'(Love REcords SEX69-006)
1980年代中盤からメタル・パンクの雄として活躍してたガスタンクの
ベーシストのソロ作品。
当時はハードコアパンク的な音楽を予想したのが、こんなトラッド趣味まるだしの
作品で、当時のパンク小僧からは「はぁ~?」的な声が漏れたことだろう。
51815777.jpg


Max Goldt/desrehembre
album-Bundesratufer(キャプテン・トリップ CTCD-179)
ジャーマン・ニュー・ウェイブ界の裏番長。
コミカルさとシニカルと無邪気と悪意が同時混在する。
「電子音楽のツボ」なる邦題は言い得て妙。
ツボ


Si-Folk/Tripping Up The Stairs
album-Longing Time(グレン・ミュージック BSGM-929)
日本に於けるトラッド、ケルトの第一人者。



φ/LASI
album-METRI(SAHKO 006)
コレを何で買ってたのか記憶が無い。スッカスカのテクノ。
MIKA VAINIO(PANASONIC)のソロプロジェクトって事は後で知った。
音数少なく展開も無く、ひたすら反復ミニマルテクノ。
φ


Alan Licht & Loren Mazzacane Connors/track.1(edit)
album-Two Night(Road Cone RoCo012)
フリー・ジャズ・ギターの共演



D'AGOSTINO,FOXX,JANSEN/A Secret Life Part 2(edit)
album-A Secret Life (METAMATIC META22CD)
ウルトラヴォックスとジャパンのメンバーの共演。
映画音楽を思わせるような音で、抽象的な風景なんかを思い浮かべてしまう。




浜田真理子/Winter People
maxi-Love Songs(美音堂 SFS-009)
島根の歌姫の即興ピアノインスト。
リハかサウンドチェック時に即興で弾いてたのを、
エンジニアの中村宗一郎さんが録音してて、その内容の良さに
追加収録されたとの事。




頭士奈生樹/加速舞踏
album-現象化する発光素(オルグ ORG-014cd)
元・非常階段、現・渚にて
カリンバと電子音が共存してるかのような、その融合の仕方が素晴らしい。
ホントは頭士さんの歌も、きちんと音程とか音域とかじゃ無く、
発せられる言葉の意味と響きの深さがスゴイので、そちらも是非。
現象化

6/15 加藤りま新潟LIVE

20130518_2606613.png

加藤りま 新潟LIVE。

彼女の名を初めて知ったのは1999年。
現役女子校生アコースティック・ユニット「ストロオズ」のメンバーとして。
本間紫織、加藤りまの2名から成るユニット。
日本語英語の拙さが逆に耳に残り、淡い水彩画を見るような
アコースティック・サウンドとメロディー。
ローファイ・ポップて言葉が当時有ったかは判らないが、
彼女らの歌は直ぐにお気に入りになった。特に「Mazy Repeater」の美しさは、
筆舌に尽くしがたい。
そして「加藤りま」は、やはり自分のフェイヴァリットのバンド「村八分」の
加藤義明氏の娘さんという事を知る。
その事もあって、自分の中ではより彼女らの存在は大きなモノになっていった。
しかし、程なくして「ストロオズ」は活動休止。メンバーの2人のその後の活動は
不明のまま10年が過ぎた。

新潟市正福寺関連で「ASUNA」さんが頻繁にライブを行われてる2010年頃、
ネットでASUNAさん関連の事を検索してた時、思わぬ事を知る。
「加藤りま、活動再開。新作カセットリリース」!
我が目を疑いつつも、即座に作品を入手。その歌声に再び巡り合えた。

USインディー・シーンのローファイ・ポップスから、より深みを増した歌。
アシッド・フォーク、フリー・フォーク、な言い方での表現は大まかすぎるとは思うが、
その唄とギターの響きは淡さと硬質さを併せ持っていると思っている。
LIVE当日が楽しみで仕方ない。

「GOFISH Trio with Asuna」については、大変申し訳ないのだが、音源など未聴な為
全く触れていないがごめんなさい(笑)。でもこちらも楽しみしてます。


2013年6月15日(土)於:正福寺 本堂
(新潟市中央区西堀通7番町1548)
開場18:00 開演18:30(20:30終演予定)
料金1800円(当日券のみ)
出演:GOFISH Trio with Asuna/加藤りま
出店カレー:出張ゆらすご(京都)
主催:ANTI Music + experimental rooms
お問い合わせ:info@experimentalrooms.com
http://blog.experimentalrooms.com/?eid=1245335

8/18「友部正人、ふちがみとふなと」十日町市十日町教会

「友部正人 ふちがみとふなと LIVE! 2012」
~ 夏の日に逢いましょう! ~
8月18日(土)18時開演 
会場:十日町教会(十日町市本町西1丁目:十日町高校前)

自分の好きなアーティストがしかも2組タッグを組んで
新潟にやってくる。これは「来い」と言われてるに違いない(笑)

tomoff2012live.jpg
http://www1.ocn.ne.jp/~chamky/tfflive2012.htm

FUKUSHIMA! for ANTI MUSIC

◆「FUKUSHIMA! for ANTI MUSIC」
◆DIESEL GUITAR(能勢山陽生)、福島諭、笠原円秀
◆8/15水18:00開演
◆フェスティバルFUKUSHIMA!世界同時多発イベント
「ANTI MUSICよ、いったい何がアンチなのか」ライブ&ミーティング
http://www.pj-fukushima.jp/festival/201208fukushima-for-anti-music.php

8/11「矢野顕子」長岡リリック・ホール

矢野顕子リサイタル2012
2012年8月11日(土)18:00開演
会場:長岡市リリックホール コンサートホール

yano
http://www.nagaoka-caf.or.jp/new_topics/9261.html

今年春のビュー福島潟でのライブを見れなかっただけに、
嬉しい公演。てか、宣伝してるのかこれ?
先日新聞の記事で見て慌ててチケット買いに行ったが
3列目を入手できたし。
ちと、お客さんの入りが不安。

キース・レヴィン、入国できず「metal box in dub」

metalbox

キース・レヴィン。
ポスト・パンクやニュー・ウェイヴ・シーンを体験したものにとっては
決して忘れる事の出来ないミュージシャンの一人。
1983年のpublic image limitedの初来日直前にまさかの脱退。
あれから30年、盟友ジャー・ウォブルとのユニット「metal box in dub」で
遂に来日の報が駆け巡ったのは昨年秋。
あの頃のやるせない気持ちにケリを着けられる時が来たと思ったのに、正に晴天の霹靂。
今回は入国できずに来日公演中止。

当初は、キースがドラッグ所持とかで入国拒否になったのかと思った。
過去、そういった事は散々言われてきていたから。
しかし、事情は異なっていた。本来興行ビザを取らなければいけない所を
観光ビザで入国しようとしたこと。それは、興行主の所業によるとのこと。
そしてその理由が、キースの過去のドラッグ関連の事でビザが取れない事を
考慮してとの事だが、その理由おかしくないか?
要するにこっそりと騙して入国&公演を企画したって事になる。
もともと入国に関して不安があるキースの公演企画を立てるのなら
其の件がネックになるのだから、事前に確認を取ったりしないのか?
また、興行ビザを取るには数十万円ほど費用が掛かる。
其の費用をケチったのかとも、穿った見方もしてしまう。
今回の不手際は、キースではなく呼ぶ側に有ったと言ってもいいだろう。

こんな事で期待させてこのオチは冗談としか思えない。
1983年と2012年のこの気持ちのケリは、もう一生つかないかもしれない。
こんな結末を長年待って居た訳じゃない。
ふざけるんじゃねえよ。



呼び屋の言い訳がこれ
---------------------------------------------------------------------
このたびは【METAL BOX IN DUB】の来日公演中止により、チケット
をご購入いただいた皆様、および関係者各位に多大なるご迷惑をおかけ
いたしました事を心よりお詫びいたします。
謝罪とともに今回の公演中止に至った経緯をご説明いたします。

... KEITHが入国できなかった理由ともなっている【興行ビザを取得しな
かった】理由は以下のとおりです。
興行ビザを取得する際、彼の過去の良くない経歴が出てくるのではな
いかと心配し、VINYL JAPANとJAH をはじめマネージャー皆で話し
合った結果、今回、KEITHは興行ビザを取得せず観光で入国するという
結論に達しました。
JAHをはじめメンバー、マネージャー、スタッフの計5名は興行ビザを
取得しております。
またビザを取得すれば必ず入国できるとは限りません。入国時の審査官
の裁定によって決まります。

最後にKEITHの名誉の為にも言わせてください。
KEITH は薬物や日本国の法律に触れる不正な物を持ち込んで成田空港で
逮捕されたわけでもなく、強制送還されたわけでもありません。
ただ、入国ができなかっただけです。

英国音楽/VINYL JAPAN

浜田真理子 新潟連発

hamadamariko-tokamachi.gif
http://www1.ocn.ne.jp/~chamky/marikolive2011.htm

浜田真理子さんの新潟初ライブが11/18にジョイアミーアで行われるのだが
その一ヶ月後に早くも2度目のライブが決定。
12/10 十日町にて。
ええ、行きますとも。

ヤンデック

4/3 新潟市シネ・ウインドにて
14時から「ジャンデック ~謎のミュージシャンの正体を追う~」上映。
上映時のトークでanti music笠原円秀さんと少し喋らせてもらいます。 

http://www.webdice.jp/realmikoukai/

やっぱ「ジャンデック」よりは「ヤンデック」て言い方がしっくりくる。
20年以上そう言ってきた訳だしw

浜田真理子 新潟初公演の中止決定

島根在住の歌手、浜田真理子。
その圧倒的なる「うた」の存在感は多くの人を魅了してきた。
自らの活動ペースを乱さない為、メジャーシーンに敢えて身を置かず、
独自の活動を続けてきた。

2011年3月21日に新潟県民会館 小ホールで行われるはずだった
新潟初公演は、東日本大震災の影響で中止となった。

mariko

数年前、美音堂の市川さんに自分が主催での新潟公演を持ちかけました。
その直後、身辺の環境激変に伴い、その件は消滅しました。
ついに念願の新潟初公演が実現かと喜びましたが、
「この次」に期待をよせ、今は被災地の復興を心から願います。

サイモン・フィン at UFOクラブ

アシッド・フォークの名盤「pass the distance」を産み出した、サイモン・フィン。


伝説の中で語られてきたフィンが活動を再開したのは5年程前。
そのアーティストが目の前で見れる。
そして対バンも工藤冬里と割礼ときたら、こらサイケ者としては
上京しなきゃ、と言うことで行ってきました。東高円寺UFOクラブ。

トップは工藤冬里バンド。
ギターの伴奏に合わせて、予め用意してある詩を
即興でアレンジして朗読&時折メロディーを付け、時折ジャンプ(笑)。
予定調和完全無視の、ある意味グダグダな演奏。
しかしこれが意外に面白い。

続いては割礼。
実は22年振りに見た割礼のライブ。
その頃の限りなく遅く重いサウンドに戻り、また同時に明るさをも
感じさせてくれるサイケデリックな曲に酔いしれる。

そして待ちかねた、サイモン・フィンの登場。
一人ギター抱えステージに登場。
ただでさえ低いステージで椅子に座って歌うものだから、
殆ど姿が見えない(笑)。しかし変わらない声とギターは
紛れも無くフィン。
ただ、「pass the distance」での狂気迫る歌ではなく、
復帰以降の作品の様に、穏やかな表情を覗かせる「フォーク・ソング」が
淡々と、しかし深く大きく染み込んでくる。
ハイライトはやはり名曲「エルサレム」での絶叫だったが、
狂気やアシッドの括りでは収まりきれない、懐の大きな歌を聞かせてくれた。

終演後にファンにサインや写真をねだられるフィンは、
穏やかな表情の英国紳士そのものだった。
今のフィンの立ち位置を実感させてくれると同時に、
今のフィンの作品に愛着をもつ事と思う。

自分も当然サインは貰ったし、一緒に写メも撮った。
ミーハーですが、何か?w
saimonfinn



Recommend
プロフィール

music freak out

Author:music freak out
新潟県の燕三条FM「ラジオは~と」にて、通常のFMではまず流れないであろう音楽の数々を独自の選曲で15年間オンエアーされていた異色音楽番組「music freak out」のナビゲーターだった「ナゴヤ」のエッセイなど。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
最近のお勧め
amazon
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード