サイモン・フィン at UFOクラブ

アシッド・フォークの名盤「pass the distance」を産み出した、サイモン・フィン。


伝説の中で語られてきたフィンが活動を再開したのは5年程前。
そのアーティストが目の前で見れる。
そして対バンも工藤冬里と割礼ときたら、こらサイケ者としては
上京しなきゃ、と言うことで行ってきました。東高円寺UFOクラブ。

トップは工藤冬里バンド。
ギターの伴奏に合わせて、予め用意してある詩を
即興でアレンジして朗読&時折メロディーを付け、時折ジャンプ(笑)。
予定調和完全無視の、ある意味グダグダな演奏。
しかしこれが意外に面白い。

続いては割礼。
実は22年振りに見た割礼のライブ。
その頃の限りなく遅く重いサウンドに戻り、また同時に明るさをも
感じさせてくれるサイケデリックな曲に酔いしれる。

そして待ちかねた、サイモン・フィンの登場。
一人ギター抱えステージに登場。
ただでさえ低いステージで椅子に座って歌うものだから、
殆ど姿が見えない(笑)。しかし変わらない声とギターは
紛れも無くフィン。
ただ、「pass the distance」での狂気迫る歌ではなく、
復帰以降の作品の様に、穏やかな表情を覗かせる「フォーク・ソング」が
淡々と、しかし深く大きく染み込んでくる。
ハイライトはやはり名曲「エルサレム」での絶叫だったが、
狂気やアシッドの括りでは収まりきれない、懐の大きな歌を聞かせてくれた。

終演後にファンにサインや写真をねだられるフィンは、
穏やかな表情の英国紳士そのものだった。
今のフィンの立ち位置を実感させてくれると同時に、
今のフィンの作品に愛着をもつ事と思う。

自分も当然サインは貰ったし、一緒に写メも撮った。
ミーハーですが、何か?w
saimonfinn



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Recommend
プロフィール

music freak out

Author:music freak out
新潟県の燕三条FM「ラジオは~と」にて、通常のFMではまず流れないであろう音楽の数々を独自の選曲で15年間オンエアーされていた異色音楽番組「music freak out」のナビゲーターだった「ナゴヤ」のエッセイなど。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
最近のお勧め
amazon
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード