11/30 on air list 「坂本・深町純・TG」

11/20長岡市立劇場に、坂本龍一&大貫妙子のライブを見に行った。
「utau」と題された、大貫の「歌」を主にしたライブ。
情感がこもって無いかの様な歌い方の大貫の歌は、
逆に様々な情景を淡々と同時に色彩鮮やかにも見せてくれて圧巻。
ただ途中の坂本のピアノ小曲が、ちと退屈で...。

一番の拍手はアンコールでの「戦場のメリークリスマス」。
まぁ一番知られてる曲なので、それは当然なのだが。

リュウイチ・サカモト&デヴィッド・シルビアン/禁じられた色彩
7'(1983)

大貫&坂本のライブでの演奏された「戦メリ」に、シルビアンが詩とメロディーを
乗っけたもの。大貫&坂本ライブのコンセプトにもあった、坂本の既存曲に
大貫が詩とメロディーを付けるといったものにも通じるかと。こじつけですがw


深町純/お前
album-ある若者の肖像(1971)

残念な逝去のニュース。ロック黎明期をささえたミュージシャンの一人。
深町さんの名を最初に意識したのはジャックスの2ndでだった。
キーボード奏者のイメージだがこのデビューアルバムでは、
「歌手」としてソフト・ロックを展開。


throbbing gristle/vow of silence
album-part two the endless not(2007)

ピーター・クリストファーソンの逝去の報も驚いた。
ジェネシスの離脱に加え、ピーター死でTGの再活動は閉ざされた。
これは再結成後のスタジオアルバムより。

coil/solar lodge
album-scatology(1984)

ピーターの参加したユニットCOIL。
追悼。

ゆらゆら帝国/つぎの夜へ(live 2007)
album-yura yura teikoku live 2005-2009(2010)

今年、突然の解散宣言。
その活動に終止符を打ったゆら帝の過去のライブ編集盤。
3人だけの演奏なれど音は分厚い。
映像集も12月に出る。買う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Recommend
プロフィール

music freak out

Author:music freak out
新潟県の燕三条FM「ラジオは~と」にて、通常のFMではまず流れないであろう音楽の数々を独自の選曲で15年間オンエアーされていた異色音楽番組「music freak out」のナビゲーターだった「ナゴヤ」のエッセイなど。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
最近のお勧め
amazon
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード