11/23 on air list 「ニッポンのロック40年 part.3」

日本ロック黎明期、3週目に突入。
今週はブルース、カントリー、米南部とかを目指した
サウンドを作っていたアーティストを。

実は、日本人のやるブルースは好みではなかったりする。
関西で起こったブルース・シーンはしっくりこなかった。
ただこの黎明期の彼らは、情報の内なか試行錯誤の末、
奇妙なねじれをもった音に変形して、サイケデリックを
感じさせてくれるものが多い。
要するに型から大きくはみ出しまくっていたのだと思う。


パワー・ハウス/バック・イン・ザ・U.S.S.R.
album-ブルースの新星-パワー・ハウス登場(1969)

ビートルズのカバーだが、原曲のテイスト皆無w
本格的なブルースを目指していた実力派と言われていたが、
今聞くと「時代性」に取り残された感もある。


陳信輝/requiem of confusion
album-shinki chen(1971)

パワー・ハウスのギタリストのソロ作。
ブルースをベースにしつつ、サイケデリックな感触が漂う。
ジュリアン・コープはこれ嫌いみたいだが。


DEW/傷ついて(live 1971.8.7 第3回フォークジャンボリー)
album-dew/布谷文夫 live(1989)

ブルース・クリエーション時代にはまだ抑え気味だった、
布谷の狂気を孕んだ咆哮が爆裂。
はっぴいえんどに通ずる様な曲も含むが、ブルース云々とかの評は
もはや不要の存在感。短命で終わったのが惜しまれる。


乱魔堂/前へ上へ(live 1971.8.9 第3回フォークジャンボリー)
album-1971 summer(1989)

スタジオ作ではカントリー・ロックやポップなサウンドだったが、
本来の荒々しい姿がこのライブ作で聴ける。


ブルース・クリエイション/悪い夢(live 1970.8.15 日比谷野外音楽堂)
album-in the beginnings(2005)

第二期ブルース・クリエーションの発掘音源集。
まだ荒いハード・ロックをやってた頃の曲。ボーカルの英語はちと怪しいが。
1980年代の小洒落たシティー・ポップになったのは、自分の中では無かった事に。


瀬川洋/ピエロ
album-ピエロ(1972)

元・ダイナマイツのリーダーのソロ作より。
サザン・ロック、カントリー・ロックを基にして、日本の風土を歌詞に取り込んだ歌も
後に評価された。
というか、この頃のロックって大概その当時は評価させず終いなものが殆ど。


葡萄畑/ばら色の黄昏時
album-葡萄畑(1974)

「恐怖のこまわり君」でのコミック・バンド的なイメージも強いが、
当初はカントリー、米南部の要素を持った音楽を演奏するバンドだった。
このユルユル感は初期ブリンズリーなんかに通じるかも。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Recommend
プロフィール

music freak out

Author:music freak out
新潟県の燕三条FM「ラジオは~と」にて、通常のFMではまず流れないであろう音楽の数々を独自の選曲で15年間オンエアーされていた異色音楽番組「music freak out」のナビゲーターだった「ナゴヤ」のエッセイなど。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
最近のお勧め
amazon
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード