fc2ブログ

「ジャックス/2nd Jacks Show, Jul. 24, 1968」 2021年の入手モノ

ジャックス/2nd Jacks Show, Jul. 24, 1968(SUPER FUJI FJSP434)(CD)(新品)
P1000807 (2)
P1000808 (2)

まさかこのアルバムが正規発売される日がくるとは夢にも思わなかかった。
いやウソです。夢見た事はあります。
これを聞いた事のあるジャックス・ファンは、こぞってこのアルバムを
「ジャックスの最高傑作」と評した。自分も全くの同意見。

1990年代に、ジャックス・ファン・クラブがCD化を計画した際、
H氏の拒絶にあい頓挫したのだが、それ故に永久に再発は無いのだな思っていた。
それだから今回の再発はH氏の許可が下りたという事なので、
「は? じゃ何故あの時は頑なに拒んだの?」みたいな心情になるんだよなー(複雑)。

でも「都市通信」といい「トラッシュ」といい、そして遂にコレ。
少し前までは再発「不可能」とまで言われていた正に幻の名盤たちが
こぞってリイシューされる世がくるとは。

日本ロックのオリジネーター「ジャックス」の最高傑作ではあるが、
それでいて今まで正規作品では無かったのが悩ましいところ。
ファンクラブが製作したのが通説となっていたが、
今回の再発に際して実は一個人の製作であったのが確認されている。

断っておくが音質は最悪である。完全に大昔の海賊盤レベル以下である。
それでもこのアルバムで聞けるジャックスの演奏はテクニック云々を遥か凌駕して、
奇跡的な緊張感が全面に漲り(但し早川義夫のMCをのぞくw)
サイケデリックとは何ぞやという命題を聞き手に突き付けてくる。

今回のCD化のリマスター作業で、
低音部の鳴りとかヒスノイズの低減とかかなり改善されてはいて
オリジナルと比較すると結構聞きやすくなっている。
流石、中村宗一郎さん、凄っごい良い仕事。
昔マーブル・シープのライブ・テープをリマスターしてもらったとき、
音の膨らみ具合とが物凄かったのを思い出した。
でも元の音質がまぁアレ過ぎるんで、過度の期待はしないように。

これのオリジナル盤は40年ほど前に、渋谷区恵比寿に有ったパテ書房で入手した。
その時のことは今でも覚えている。
これについては一杯書くことが有るので、いずれこのブログで改めて。

スポンサーサイト



テーマ : 本日のCD・レコード
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

Recommend
プロフィール

music freak out

Author:music freak out
新潟県の燕三条FM「ラジオは~と」にて、
通常のFMではまず流れないであろう音楽の数々を
独自の選曲で15年間オンエアーされていた異色音楽番組「music freak out」の
ナビゲーターだった「ナゴヤ」のエッセイなど。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
最近のお勧め
amazon
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード