FC2ブログ

「Richard Hell and The Voidoids/Destiny Street Complete」 2021年の入手モノ

Richard Hell and The Voidoids/Destiny Street Complete(Omnivore Recordings OVLP-410)(2CD)(新品)
P1000725.jpg

ニューヨーク・パンクのアイコンとしても有名なリチャード・ヘル。
彼のバンド、ヴォイドイズの2ndアルバム「Destiny Street」がようやく再発。
しかもオリジナルに加えて、2009年にリリースされたリペア版の他に、
2021年Remix版、デモテイク&More集を加えた2CDでリリース。
ヘル・ファンとしては入手せずにはいられないアイテムだったが、
この2ndはそもそも名盤とされる1st「ブランク・ジェネレーション」と比較して著しく評価が低い。
なぜなら、この2ndがリリースされたのは1982年。
つまりポストパンク、ニューウェイヴの嵐が吹き荒れていた最中。
そんな時期に旧態依然としたパンクを引き摺ったままのサウンドをもってこられても、
そりゃ見向きもされないだろう。
ところが自分はこの2ndを1stより先に買ってしまって聞き込んでしまっていた。
後に1stも聞くのだが、よりパンク色の強い2ndが当時は好きだった。
P1000727.jpg
※デジパック・インナーのライブ・フォト メンバーの立ち姿がカッコいい。

オリジナル・ミックスは音が細くてスカスカだったが、今回のRemixではその点が結構改善された。
しかし、ヴォーカル差し替えやギターを加えるなどの改変がみられ、
単純にオリジナル・バージョンの音補正だけの方が良かったんじゃね?とも思った。

リペア版はギターのオーバーダブやボーカル差し替えなどが
ほぼ全編に渡って行われていたのでリリース時に聞いた時は違和感有りまくりだった。
正直「補修」がうまくいってるとは思えなかったのは今回も同じ感想だった。

でもなぁ、やっぱりリチャード・ヘルだから、買っちゃうし聞いちゃうんだよなー。
ハタチそこそこで刷り込まれた音楽は結構根深いものがあるんだよなぁ(苦笑)。
P1000726.jpg
※デジパック・インナーフォト 2nd裏ジャケのデフ・ショット

スポンサーサイト



テーマ : 本日のCD・レコード
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

Recommend
プロフィール

music freak out

Author:music freak out
新潟県の燕三条FM「ラジオは~と」にて、
通常のFMではまず流れないであろう音楽の数々を
独自の選曲で15年間オンエアーされていた異色音楽番組「music freak out」の
ナビゲーターだった「ナゴヤ」のエッセイなど。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
最近のお勧め
amazon
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード