fc2ブログ

2018年MFOベストアルバム 発掘音源部門

2018年に聞いたものの中から、良かったと思うものを今年も発表。
Music Freak Out的ベストアルバム。

発掘音源部門(順不同)

モダン・ドールズ/THE UNRELEASED TRACKS Vol.2(HEROES TVC-001)
modern.jpg
博多のビート・バンドの未発表曲集。
めんたいロック好きの者は必ず知っているバンドで、
1980年代には話題に上ることも多かったがメジャーデビューはせず。
甘くポップな曲調が多く、でもこの上っ面の安っぽさは多分計算づくであったであろう。


BLUE CHEER/THE '67 DEMOS(BEATROCKET BR148)(LP)
blue1.jpg
blue2.jpg
轟音ロックの代名詞「ブルー・チアー」の1967年のデモ音源で、3曲入りの片面盤。
厳密にはラジオ放送用音源でネットでは簡単に聴けるのだが、
こうして正式アイテムとしてリリースされた事は意義が有る。
音質は良くないながらもアルバム音源とテイクと聞き比べると、
このデモの方が圧倒的に迫力が有る。
1stの音に少なからず不満がある自分にとっては、此方を愛聴してもしかたないところ。
3000枚限定。ブルー・ビニール。


阿部薫、豊住芳三郎/MANNYOKA 万葉歌(NoBusiness NBCD 107)(CD)
abe.jpg
LPも同時発売されたが、曲が多い方のこちらをセレクト。
豊住さんのドラムが加わると、阿部のプレイがとっちらからない印象。
阿部の音源の中では比較的「聴ける」方かなー。
貴重な音源と言う事でエントリー。


四人囃子/1974ワン・ステップ・フェスティバル(SUPER FUJI FJSP360)(CD)
yonin.jpg
ワン・ステップ・フェスティバル出演時の単独音源が、BOXセットとは別音源の内容でリリース。
音質は良好とは言えないが、当時の現場の「空気」を少しでも感じることの出来る貴重な録音。
曲構成が難しいものも多いのだけど、LIVEでこの演奏技術はやっぱ凄いわ。


スポンサーサイト



テーマ : 本日のCD・レコード
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

Recommend
プロフィール

music freak out

Author:music freak out
新潟県の燕三条FM「ラジオは~と」にて、
通常のFMではまず流れないであろう音楽の数々を
独自の選曲で15年間オンエアーされていた異色音楽番組「music freak out」の
ナビゲーターだった「ナゴヤ」のエッセイなど。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
最近のお勧め
amazon
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード