2014年 MFO的ベストアルバム 発掘音源部門

2014年に買って聞いたものの中から、これは良かったと思うものを
ラジオは終わったけど今年も発表。
基本的によく聞いたものを中心に選択。

発掘音源部門(順不同)

三巻敏郎 Januari 22 2000
裸のラリーズのメンバーだった、サミーこと三巻敏朗のソロアルバム。
アナログ盤オンリーでリリースされたもの。
2000年1月に盟友・ドロンコと行った舞踏のためのライヴ演奏を編集。
反復を多用したミニマルミュージック、て言うかトリップのための音楽だな、もう。


奇形児/Early Days Rough&Tough
1980年代初頭のオリジナル奇形児のライブ音源集。
あのヤバかった時代の空気をそのままCD10枚組で登場。
しかし、クレジットやデータ等が少なすぎる事、ブックレット等も無い事、
ディスクの並び順に一貫性が無い事(時間軸順を全く無視)、など不満点も多々。
しかし、彼らのライブを体験出来なかった者としては感涙もので有る事は違いない。


トマス・ディンガー/2000
とんでもない音源が年末に飛び込んできた。
ノイ!、ラ・デュッセルドルフ等で活躍した、
トマス・ディンガーの晩年の未発表音源集。
但し、ソロアルバム「我が為に」のドリーミーな内容を期待すると当てが外れる。
アルバム全体を覆う、無機質で重い実験的音響を聞くと、
更に先の違ったものを求めて、命の最後まで音を模索していたのが判る。
Thomas Dinger

The Pop Group/Cabinet of Curiosities [Analog]
今年来日もするポスト・パンクの雄の、ほぼ未発表音源集。
このいびつなファンク、ダブな音は今聞いてもワクワクする。
しかし再結成の今の音は、悪い意味で洗練されててビックリ。
多分来日公演は行かない(苦笑)。
アナログ盤で購入。mp3ダウンコード付。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Recommend
プロフィール

music freak out

Author:music freak out
新潟県の燕三条FM「ラジオは~と」にて、通常のFMではまず流れないであろう音楽の数々を独自の選曲で15年間オンエアーされていた異色音楽番組「music freak out」のナビゲーターだった「ナゴヤ」のエッセイなど。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
最近のお勧め
amazon
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード