Vashti Bunyan /Heartleap

ブリティッシュ・フィメール・フォーク界の伝説の歌姫、Vashti Bunyan。
前作「LOOKAFTERING」から9年振りのサード・アルバム。
もっとも、そのセカンドもファーストから35年振りのリリースになる訳だが。
伝え聞きくところによると、このサードがラスト作になるらしいとの事だが、
それが残念でならないほど、名作の1stを彷彿させる素朴な歌声が素晴らしい。
前作ではややオーバー・プロデュース気味で、バッキングの音が多すぎるが気になっていた。
だから、今回の揺り戻しは歓迎すべきところ。
爪弾くギターと囁くような歌声。派手な部分は皆無。
でも心を捉えて離さない、淡いのに力強い意志を持った歌に聞き入る。

今回は当然、アナログ盤で購入。何が当然かは、昨今のアナログ復興を考えれば当然(笑)。
しかも、米DICRISTINA盤ではなく、英FAT CAT盤を選択。
何故かは言わずもがな。やっぱり英国のミュージシャンだからねー。
180g重量盤でmp3ダウンロード・コード付。
アナログ万歳。

それにしても、ヴァシュティ来日公演を見に行けなかった事は未だに痛恨の極み。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Recommend
プロフィール

music freak out

Author:music freak out
新潟県の燕三条FM「ラジオは~と」にて、通常のFMではまず流れないであろう音楽の数々を独自の選曲で15年間オンエアーされていた異色音楽番組「music freak out」のナビゲーターだった「ナゴヤ」のエッセイなど。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
最近のお勧め
amazon
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード