もめん。/ずずズ。

今から15年前、ストロオズと言うグループがいた。
加藤りま、本間紫織の女性2人組のアコースティック・デュオ。
余談だが、加藤さんのお父さんは元・村八分の加藤義明氏である。
もっとも、それが切っ掛けで自分はストロオズを知ったのだが。
本間さんの少し拙いながらも透き通った声と、加藤さんのややささくれだってはいるが凛とした声。
2人のそれぞれボーカルの曲は、どちらも好きだった。


しかし、程なくして活動停止。
個別でも活動をするといった事は聞こえて来ず、
彼女らの音楽を聞けなくなって、いつしか自分も忘れかけていた。

それが数年前、加藤さんが音楽活動を再開されている事を、ASUNAさんから聞かされた。
「加藤りま」としての新作はすぐ購入して、フェイヴァリットになった。
昨年の新潟でのLIVEは馳せ参じたのは言うまでも無い。
終演後は、加藤さんにこの15年の思いをたけを告白して、サインも貰った。
って書くといかにも愛の告白みたいだが、或る意味同じだ(笑)。


その後、加藤さんとツイッター上での交流の中で、本間さんの消息を知る。
現在は沖縄に在住され、音楽活動もされているとの事。

そんな事を知れば、その現在の彼女の曲を聞きたくなるのは必定。
ご本人にコンタクトを取って、彼女の現在のユニット「もめん。」のアルバムを入手。
ハンドメイドパッケージのCD-Rアルバム。
もめん
もめん。は、しょしょー、わんわん、2人によるユニット。
(ちなみに、「しょしょー」が本間さん)
ギターやトイピアノ、アコースティック楽器などを使った演奏に、
昔と変わらない紫織さんの歌声。
もう、空間が溶けてゲル状になったかのような、緩く淡い歌と演奏に暫し聞き惚れる。
全ての時間感覚がゆるく伸びきって心地よい眠気に誘われる。
それでいて、音の存在感は強い。
緊張感のある倦怠感。そんな矛盾を素直に受け入れられる。

特に「おかえり」と言う曲は、歌詞が「おかえり、おやすみ、おはよう」だけ、
たった此れだけの歌詞なのに、柔らかさと優しさが溢れて感じられる。

自分的には15年のブランクがあったのだが、
紫織さんの歌は今また新鮮に自分を刺激してくれる。

今回、このアルバムを購入した時に、オマケで今年春のリハーサル音源を頂いた。
これも本編に劣らず、興味深く聞けた。

ライブ見てみたいなー。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Recommend
プロフィール

music freak out

Author:music freak out
新潟県の燕三条FM「ラジオは~と」にて、通常のFMではまず流れないであろう音楽の数々を独自の選曲で15年間オンエアーされていた異色音楽番組「music freak out」のナビゲーターだった「ナゴヤ」のエッセイなど。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
最近のお勧め
amazon
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード