ブランク・ジェネレーション

リチャード・ヘル&ザ・ヴォイドイズの名作「ブランク・ジェネレーション」が、
紙ジャケ&オリジナルジャケット仕様でCD再発された。

NYパンクで真っ先に思い浮かべるのは、パティでもテレヴィジョンでもラモーンズでもなく、
自分的にはコレ。
ジャケットにまず惹かれた。はだけた胸に「YOU MAKE ME __」の書き文字。
「_」はブランクって事だと思うが、ともかくヘルの出で立ちがカッコ良かった。

それが最初にCD化された時はこんなジャケに差し替えられた。

ブックレット裏面のメンバー4人のアー写は、全員不敵な面構えで良いのだが、
やはりこの表ジャケ写は長年、違和感が有った。
何度再発されてもジャケの変更は無し。
それがようやく、日本のみの発売だが叶った訳だ。
ちゃんと、オリジナルに付属してた、歌詞とフォトが印刷された内袋も復刻されてたし。

ただ、惜しむらくは「down at the rock and roll club」が
今回もオルタネネイト・ヴァージョンのまま。
オリジナル・バージョンは未だCD化されてない。
てか、元々CD化の際に差し替えた理由が解らん。
普通にボートラで入れとけば済む事だろうに。
この件が、今回の再発の不満点。結構大きな不満だけど。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Recommend
プロフィール

music freak out

Author:music freak out
新潟県の燕三条FM「ラジオは~と」にて、通常のFMではまず流れないであろう音楽の数々を独自の選曲で15年間オンエアーされていた異色音楽番組「music freak out」のナビゲーターだった「ナゴヤ」のエッセイなど。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
最近のお勧め
amazon
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード