5/31 on air list 「加藤りま」

6/15の正福寺でのライブを前に、今週は「加藤りま」の特集。
一般的知名度は圧倒的に低いだろうが、そんなものは全く関係無く
自分にとってのフェイヴァリット・シンガーの一人。
余談かもしれないが、彼女の父親は「村八分」の加藤義明。

ストロオズ/mazy repeater
ストロオズ/i can't sleep
mini album-mazy repeater ep(2000)
mazy.png
本間紫織と加藤りま による、当時現役女子校生アコースティック・デュオ。
女性2人ユニットっていうと、ほんわか系、ロー・ファイ系、ユニーク系、など思い浮かべるが
彼女らの、淡々と日本語発音の英語で歌われる曲は、淡く繊細で、しかし硬質で美しく思えた。
ストロオズは確か、円盤の田口さんから教えてもらった。二人のどちらの声も好きだった。
特に「mazy repeater」でのストリングが被さったアレンジの美しさは筆舌に尽くしがたい。
これと同時期に発売されたブルー・ビニールのアナログ・シングル盤を持ってたのだが行方不明。
まぁアルバム収録と同テイクなので、今回はCDからオンエアー。
ちなみに、mazy repeaterは本間紫織のボーカル曲。


加藤りま/the torchsong of the choir
加藤りま/i know your lies
k7-four songs(2010)
20120301031633.jpg
ストロオズ解散後、10年ほど音楽シーンから遠ざかってた彼女の復帰を知ったのは、
正福寺周辺でも著名なASUNAさん関連から。ネットでASUNAさんのライブ情報を調べてた所
「加藤りま」の名を目にする。ミュージシャンとしてシーンに復帰。カセット作品も出すらしい。
その50本限定のカセットは無事入手。その歌声は全く変わらず、より深みを増した感が。
アシッド・フォーク、フリー・フォーク、とも称されるが、淡々と発しられる歌の奥に
テープ・ヒス・ノイズを伴って伝わってくる強い意思を感じる。まぁそう思うのは自分だけかも(笑)


加藤りま/winter is blue(vasthi bunyan)
加藤りま/when i get home(elizabeth cotten)
k7-cover songs(2011)
20120301030858.jpg
4曲のカヴァー曲を収めた2本目のカセット・テープ。
知らない曲も有ったが、まずは一曲めのヴァシュティのカバーに刮目(笑)。
1本目とともにASUNAさんのレーベル、waiting for the tapesからのリリース。
こちらも50本限定。


加藤りま/open mind
加藤りま/honey farm
加藤りま/i miss you
8'ep-harmless(2012)

ようやく、一般流通の作品が2012年にリリース。
しかし8'CDって(笑)。いや、ちっちゃくて良いんですけどね。
カセット作を更に純度を高めたかの様な静的な歌声に聞き入る。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Recommend
プロフィール

music freak out

Author:music freak out
新潟県の燕三条FM「ラジオは~と」にて、通常のFMではまず流れないであろう音楽の数々を独自の選曲で15年間オンエアーされていた異色音楽番組「music freak out」のナビゲーターだった「ナゴヤ」のエッセイなど。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
最近のお勧め
amazon
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード