5/17 on air list 「captain beefheart pt.8」

キャプテン・ビーフハート特集8回目。
ラストの今回はレア・トラックを中心にオンエアー。

captain beefheart & his magic band/just got back from the city('66 demo)
captain beefheart & his magic band/my human gets me blues(1969 live)
captain beefheart & his magic band/orange claw hammer(1975 live)

1999年に、ジョン・フェイヒーのレーベル「REVENANT」からリリースされた
全曲未発表のCD5枚組BOXより。
デビュー前のデモは、まだ初々しいブルース・バンドだった頃のもの。
1969年LIVEは、ブートでも殆ど出回って無いトラウト・マスク時期の貴重な音源。
レコード通りに一応は演奏出来てたんだなー(笑)
1975年LIVEは、盟友ザッパのギター1本の演奏によるデュエット。
これは素晴らしい演奏で、こんな蜜月期の充実してた頃の演奏が残っていたとは。
その後、再び袂を分かつ事を思うと、ちとやり切れない思いがある。
オンエアーでは流さなかったが、BOXにはトラウト・マスク録音時期のリハーサル音源が
収録されているのだが、これが超1級のドキュメンタリー。
こんな過程を経てあの怪盤(個人的には「名盤」とは言わないが(笑))が出来上がったのかー、
とその一部が垣間見れる、貴重な録音。


beefheart/bat chain puller(1976)
beefheart/harry irene(1976)
album-bat chain puller(2012 re.1976)

名義が「beefheart」なのに注目。
マジック・バンドのメンバー全員に愛想を尽かされて傷心の隊長が、
FZのマザーズに参加した後に復調し1976年に録音された「渾身の復帰作」となる筈だったものが、
様々なトラブルに巻き込まれお蔵入り。FZもCBも鬼籍に入り、もう一生オフィシャルでは
リリースされる事は無いかと思った2011年暮れに、FZのウェブ・サイトで
突然のリリース告知。半信半疑ながらオーダーを出した。
過去海賊盤&海賊盤紛いのもので、一応は内容は概ね知ってはいたが、
果たしてマスター・テープからのものなのか?
不安はCD到着後
に一聴して払拭&感涙。ああ、これを生きてるうちに聴ける日が来るとは。
曲自体は、1978年以降のヴァージン3部作に分けて再録されてたので、
新鮮味は正直少なかったが、そのオリジナル・ヴァージョンをまともな音質で聞けたのは
凄く嬉しかった。


captain beefheart and the magic band/dropout boogie(live 1978)
captain beefheart and the magic band/moonlight on vermont(live 1978)
album-i'm going to do what i wanna do(2000)
過去、海賊盤で何度もリリースされてた音源が、ライノ・ハンドメイドから通販限定ながら、
正規リリース。ラジオ放送音源が元らしいが、シーン復帰後の充実したキャプテンの咆哮と
マジック・バンドの演奏が素晴らしい。低迷期にパンク、ニューウェイブのシーンが有り、
その中で再評価され復帰後は歓迎され、それに引っ張られる形で演奏も絶好調。


captain beefheart/hard workin' man
album-o.s.t./blue collar(1978)
オリジナル・アルバム未収録。ジャック・ニッチェ主導のサントラ盤に
典型的なブルース・ナンバーで参加した1曲。


captain beefheart/happy earthday
album-v.a./where we live(2003)

隊長、最後の正式録音曲。電話越しでの即興の唄。
地球の環境を守るためのキャンペーン・アルバムのための作品だが、
かつてアルバムの中の曲でエコロジーな事を歌っていたとき、奥さんから
「環境の事歌う前に、まず貴方、そのタバコ止めたら?」って
たしなめられた事を思うと隔世の感が(苦笑)。
30秒余りの隊長からのラスト・メッセージ。これが最後になるとは、
その時は夢にも思わなかった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Recommend
プロフィール

music freak out

Author:music freak out
新潟県の燕三条FM「ラジオは~と」にて、通常のFMではまず流れないであろう音楽の数々を独自の選曲で15年間オンエアーされていた異色音楽番組「music freak out」のナビゲーターだった「ナゴヤ」のエッセイなど。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
最近のお勧め
amazon
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード