3/8 on air list 「grouper・他」

恒例企画「床(ゆか)から一掴み」
最近買った&聴いたものの中から面白かったものをチョイス。
告知してたビーフハート特集は来週位からかなー(苦笑)


grouper/cloud in places
grouper/behind her shadow
album-Man Who Died in His Boat(2013)

2010年に、sun circleと共に新潟市正福寺でのLIVEがあり、それを見てからのファン。
必要以上にリバーブがかかってくぐもった輪郭のボケボケのダーク・ゴス・フォーク。
何歌ってるのか殆ど聞き取れないが、冷え切った美しさを感じる。
2008年に出た「dragging a dead deer up a hill」録音時の未発表だった作品。


リップ・クリーム/kill ugly pop
エクスキュート/angel bitch
ガーゼ/pressing on
album-va/a farewell to arms(1986)
a farewell to arms
確か未CD化。ハードコア・パンクの作品を多くリリースしてたレーベル、
セルフィッシュの名オムニバスアルバム。久々に聞いたがやっぱパンク魂が騒ぐ(笑)
収録の各バンドとも、全曲未発表曲及び別テイク。
確かこの時期はパンクとメタルの垣根が非常に低く、て言うか融合して部分が多かった。
パンク寄りのメタルとか、メタル寄りのパンクとか、まぁ結構違和感無く聞いてた覚えが有る。
エクスキュートはゴスに移る前の、まだパンク然としてた頃。ちなみにボーカルはもうバキではない。


steeple chase bluesband/chicken maladie
album-Ash Ra Tempel/the private tapes vol.1(1996 rec.1970)
マニュエル・ゲッチングがアシュラ・テンペル結成前に組んでたバンドの貴重な録音物。
文字通りブルースを基調としたロック。正直、途中で演奏ダレてて名演とは言えないとは思うが。
当時、ゲッチング関連の未発表曲を集めてCD6枚シリーズとして、マネキン・レコードから
リリースされたもの。内容濃すぎなんで、祈願再発。このままコレクターズ・アイテムになるには
もったいない。


斉藤哲夫/グッド・タイム・ミュージック
album-グッド・タイム・ミュージック(1974)

斉藤哲夫と言うミュージシャンを知るきっかけになった曲。
スケールの大きい歌詞。豪華バックによる後期ビートルズ的展開&アレンジがすんばらしい演奏。
初期の哲学フォークとか、80年代の例のCF絡みはあんまし興味が無かった。
これと「バイバイグッドバイサラバイ」は今だにフェイヴァリット。
10年以上前に、三条でライブがあり見に行ったが、客がとんでもなく少なかった(て言うかオレ一人)。
もっと皆んな見に来いよって本気でその時は憤慨した。良い歌ばっかりなのに。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Recommend
プロフィール

music freak out

Author:music freak out
新潟県の燕三条FM「ラジオは~と」にて、通常のFMではまず流れないであろう音楽の数々を独自の選曲で15年間オンエアーされていた異色音楽番組「music freak out」のナビゲーターだった「ナゴヤ」のエッセイなど。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
最近のお勧め
amazon
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード