8/31 on air list 「日本フリー・ジャズ」

10年間に買ったまままで近年まで読んでなく、
ここ一ヶ月で一気に読み終えた本「日本フリージャズ史・副島輝人」に触発されて、
今週も日本のフリージャズを。

アヴァンギャルド・ミュージックの流れから、日本のフリージャズを知ったが、
断片的に聞いてきたため、時代的にどのような流れで発生し、その歴史を刻んできたのかは
全く分からないままだった。この本でその時間軸とおりに流れを初めて追えた。
そして今また、日本フリー・ジャズ熱、再び。


山下洋輔トリオ/クレイ
album-インスピレーション&パワー(1973)

最初は、赤塚不二夫やタモリの絡みでこの人を知った。
ミュージシャンとは知らず知識人(死語)か何かだと思っていた。すみません。
このトリオの演奏は、いわば肉体派、またはプロレス的。
トコトンまでに力の限り音を叩きつける様が爽快。三条公民館で聴いた演奏もそれを感じた。


井上敬三/火
album-イン・メールス'81(1981)

広島で音楽大学の講師を続け、周りに同じ志を持つ者が居ない中で孤独な修練を続け
1970年代中盤にシーンに出てきた時は52歳だったという超遅咲き。
他の多くのフリージャズ奏者に見られる切迫感が無く、温かみを感じさせる音を奏でる。
坂田明が学校の生徒だった事は有名。というか、その坂田に触発されてフリージャズに足を踏み入れた。


derek bailey/コレクティヴ・インプロヴィゼイション1
album-duo & trio(1978)

新潟出身の評論家、間章が画策し組まれたセッション・アルバム。
吉沢、阿部、高木元輝、近藤等則、土取利行、といったメンバーが、
デレク・ベイリーのあのポキペキといった即興演奏と対決。


早坂紗知&stir up/lonely woman
album-straight to the core(1989)
straight to the core
1980年中盤に頭角を現した、男勝りの力強い音を出す女性サックス奏者。
アルト、ソプラノの2本のサックスを操る。


中山千夏+高橋悠治/ひとり/ぼくはしなない
album-高橋悠治ソングブック「ぼくは12歳」(1977)

高橋悠治は現代音楽畑のピアニストで、
12歳で命を絶った岡真史の詩に曲を付け、中山千夏が歌ったもの。
バックを務めたミュージシャンがフリージャズの人らだったので
最後にこれをもって来た。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Recommend
プロフィール

music freak out

Author:music freak out
新潟県の燕三条FM「ラジオは~と」にて、通常のFMではまず流れないであろう音楽の数々を独自の選曲で15年間オンエアーされていた異色音楽番組「music freak out」のナビゲーターだった「ナゴヤ」のエッセイなど。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
最近のお勧め
amazon
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード