6/29 on air list 「本の曲」

ビデオ1で偶然手に取ったDVD「森崎書店の日々」。
何故か惹かれるものがありレンタルしたのだが、これが個人的に大当たり。
現在まで何度も視聴している。

神田神保町を舞台にした、人生に少しつまづいたOLが
本に囲まれた町と人との暮らしの中で、少し前を向いていくといった、
激的な何かが起こるわけでなく、人にとっては緩ーい映画だと思う。
しかし、若い頃この街に入り浸り、またここで暮らしていた事もある。
そして何より本が大好きで毎日貪る様に読んでいた日々を思い出した。

そんな訳で、今回は様々な「本」に関する曲を集めてみた。


rockpile/when i write the book
album-seconds of pleasure(1980)

近年の渋味の溢れる曲よりも、この頃の弾けるようなパワー・ポップな
曲がやっぱり懐かしいし好きだ。
僕の愛についての本を書く時、って歌われるこの曲。
ロック・パイルを初めてまともに聞こうと思った切っ掛けの曲。
まだニック初心者の自分は、これがニックのどのアルバムにも入ってなくて
探した覚えがある。


king crimson/book of saturday
album-lark's tongues in aspic(1973)

静動で言うと静の曲。1stで言うとムーンチャイルドあたり。
インプロ応酬の激しいのも良いが、こういった陰りのある曲を聴くと
やっぱり「英国」のバンドなんだなーって思う。


alexander "skip" spence/books of moses
album-oar(1969)

ジェファーソン・エアプレーン、クイックシルバー、モビー・グレイプ、といった
USサイケの名バンドのメンバーだったスキップ・スペンスが、精神病院から退院してた時期に
録音された、唯一のソロ・アルバムにしてアシッド・フォークの超名盤。
現世とは別の世界で奏でられてるとしか思えない異空間ぶりに、
初めてモダーン・ミュージックで聞かせてもらった時は衝撃だった。


the book of am/taliesin bardic lore
album-the book of am pt.1 & pt.2(2006 reissue)
the book of am
ヒッピー・サイケの名盤。
数年前、wah wahがオリジナルには無かった未発音源と、
分厚いLPサイズのブックレット付きで再発した。
薄い霧が終始かかったようなドリーミーな世界を感じる。


lou reed/talking book(live)
album-perfect night(1998)

当時はこのアルバムで発表された新曲。
アンプラグ的なライブ・セットでのライブ。この後はロックンロールかは徐々に外れ
発表するアルバムが、アンビエントとか即興とかが多くなり、まぁそれはそれで楽しめたが
昨年末にようやくメタリカとのコラボ「lulu」でロックに復帰。
メタル・ファンには評判悪かったらしいが、まぁソレは当然として、
この路線に戻ったルーの次に期待。


durutti column/at first sight
durutti column/a silence
album-short stories for pauline(2012 rec.1983)

なんと、1983年の録音されお蔵入りしてたドゥルッティの未発表アルバムが
突如アナログ盤で発売のニュース。大半の曲はコンピ盤などに収録されていたので
聞いてはいたが、キチンとオリジナル・アルバムとしての発売は嬉しい限り。
ヴィニの、実は過激さを底に秘めた静かで繊細な漂うギターサウンドに聞き入る。


ジライヤ/criminal rock
album-電光石火(2004)

本編の主題とは異なるがエンディングでこの曲を。
ルースターズのカバー、と言うか柴山さんもこの曲の作者なんでセルフカバーって言うのか(笑)
ドスの聞いた菊のボーカルでのこの曲も迫力が有ってカッコ良い。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Recommend
プロフィール

music freak out

Author:music freak out
新潟県の燕三条FM「ラジオは~と」にて、通常のFMではまず流れないであろう音楽の数々を独自の選曲で15年間オンエアーされていた異色音楽番組「music freak out」のナビゲーターだった「ナゴヤ」のエッセイなど。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
最近のお勧め
amazon
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード