1/31 on air list 「布谷文夫・他」

前半は、先日亡くなられた布谷文夫さんを追悼して、
彼に関する曲を幾つかオンエアー。
後半は、metal box in dub 公演に備えて、関連曲を。


dew/tabacco road
album-lost blues days vol.1(2001)
布谷文夫&DEW

dew/二人のブルース
album-dew live(1989)
DEW

空のベッドのブルース
7'(1972)

DEW時代の限界を超えてもなお血を吐く程の「咆哮」を、最初に「幻野祭」で
聞いた時は衝撃を受けた。
ブルース・クリエイション時代はまだ押さえ気味。ソロ以降は大瀧のカラーなどが強く
米南部色が強かったり、色物的な見方もされた。
自分にとってはやはりDEW時代の「咆哮」が忘れられない。
ご冥福をお祈り申し上げます。


以下は、来日を控えたキース・レヴィン関連の曲を。

public image limited/Albatross
album-metal box(1979)

来日公演間近、metal box in dub。
PILの初期曲を演奏するとの事なので予習的に。
地を這うような重低音のジャーのベースに神経質的でフリーキーなキースのギター。
この音の響きは今まで自分が聞いてきた「ロック」には無く、
当時はよく判らないながらも夢中で聞いていた。


public image limited/blue water
album-commercial zone(1984)
COMMERCIAL ZONE
これ、キチンと完成してたらなー。今出回っているのはあくまで未完成品だと感じる。
ただ、初期の頃の様な革新的な部分は薄い。
多分、キースが執拗に細部にこだわった事が、ジョンとの確執を深めたのかと思う。
キースがジョンと決別後、自主製作でリリースした。未CD化だが、ブートで入手は容易。

フリクション/deepers
album-deepers(2009)

2/4公演のオープニングに出演が決まったフリクション。
現在は元・スターリンの中村達也とのデュオ。
音を変形しまくったベースが、リズムと一緒にメロディーも鳴らす。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Recommend
プロフィール

music freak out

Author:music freak out
新潟県の燕三条FM「ラジオは~と」にて、通常のFMではまず流れないであろう音楽の数々を独自の選曲で15年間オンエアーされていた異色音楽番組「music freak out」のナビゲーターだった「ナゴヤ」のエッセイなど。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
最近のお勧め
amazon
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード