11/1 on air list 「ジーザス&メリー・チェイン」

1984年、沈滞していた英ロック・シーンに衝撃を与えた、
フィード・バック・ギター・ノイズにまみれた曲「upside down」のシングル盤で
デヴュー。後のシューゲイザーや多くのギターバンドに
多大な影響を与えたと思っている、the jesus and mary chain。
彼らの残したオリジナルアルバム6枚が、CD2枚+DVDの装丁で再発された。
その発売を記念して組んだ特集の2回目。今回は後半の3作から。
前回同様、オリジナルアルバム収録曲を殆ど流さない
構成になってしまったのは再度お詫びする(笑)。


the jesus and mary chain/blues from a gun(live 1992.3.28)
the jesus and mary chain/guitarman
the jesus and mary chain/reverberation (Doubt)
album-honey's dead-deluxe edition(2011)

全作の「automatic」路線を踏襲した、ギターバンド然とした作品が多い4作目。
「blues from a gun」は3作目に収録されてた曲のライヴ・ヴァージョン。よりラウド。
「guitarman」はプレスリーもカバーしたjerry reedの作。
「reverberation (Doubt)」はテキサス・サイケの13th floor elevatersのカバー。


the jesus and mary chain/everybody i know(bbc sesions)
the jesus and mary chain/till i found you
the jesus and mary chain/little red rooster
album-stoned & dethroned-deluxe edition(2011)

いきなりレイドバックしたような、アコースティックで穏やかな表情をみせる曲が
詰められた5作目。しかし歌詞は相変わらず陰鬱。
「everybody i know」「till i found you」はその路線だが、
「little red rooster」はウィリー・ディキスンのカバーでノイジーで重い
アレンジになっている。


the jesus and mary chain/reverence(bbc sessions)
the jesus and mary chain/Happy When It Rains(live 1998.4.27)
the jesus and mary chain/Stardust Remedy(live 1998.4.27)
the jesus and mary chain/I Hate Rock'n'Roll
album-Munki-deluxe edition(2011)

最終作。ここでは過去のものの焼き直しで、新たなものを創造するという気概が
あまり感じられない。そんな閉塞感が漂うが、。
ロックに対する愛憎が、オリジナルアルバム冒頭の「I love Rock'n'Roll」と
最後の「I Hate Rock'n'Roll」の曲の並べ方に感じ取られる。
「reverence(bbc sessions)」は、ヘビー&ダウナーなアレンジ。
「Happy When It Rains」は自分の大好きな曲。
「I Hate Rock'n'Roll」デビューシングルでの雑音を彷彿させる暴れっぷり。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Recommend
プロフィール

music freak out

Author:music freak out
新潟県の燕三条FM「ラジオは~と」にて、通常のFMではまず流れないであろう音楽の数々を独自の選曲で15年間オンエアーされていた異色音楽番組「music freak out」のナビゲーターだった「ナゴヤ」のエッセイなど。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
最近のお勧め
amazon
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード