10/25 on air list 「浜田真理子・TNB・他」

冒頭2曲は、いよいよ新潟での初ライブが近づいた、浜田真理子の曲を。
自分の中でテンションが少しずつ上がって来てます(笑)

浜田真理子/september
album-mariko(1998)

ジャズの雰囲気を持った、冷たい感覚の強いナンバー。

浜田真理子/アンダンテ
album-うたかた(2009)

現在の最新作より。
全てを包み込んでくれるような、より穏やかな表情をみせてくれる曲。


以下は、「床(ゆか)から一掴み」。
最近買った、聞いたものの中から面白かったものをチョイスする
恒例企画(某番組のパクリ)

The New Blockaders/Viva Negativa!
album-History Of Nothing(2001)
TNB
ホントは12月に初来日だったのになー。残念な事にライブ予定は消滅。
イギリスの超有名ノイズ・グループの、これは元々はdedicationと言うオムニバスLPに
収録されていたナンバー。彼ら特有の金属擦音を全面に出した曲。


菊花賞(柴山俊之+花田裕之)/なごり雪
album-volume six(2009)

サンハウス柴山とルースターズ花田によるアコースティック・ユニット。
「菊」と「花」なので菊花賞(笑)
そのライブ盤が全部で25タイトル発売されていたが、つい先日ヤフオクにて
その全作+α計100枚の新品未開封品を格安で入手。
互いのバンドのレパートリーの他に、古い歌謡曲とか意外な選曲のものが
面白かった、これは勿論あのイルカのなごり雪。
何か曲の持つ「切ない感」が違う意味に感じられる。


Essendon Airport/How Low Can You Go... (?)
Essendon Airport/Wallpaper Music
ep-Sonic Investigations Of The Trivial(1979)
essendon
オーストラリアのポスト・パンクの編集盤。
アルバムではニューウェイブ的な曲調だったが、この初期の音源は違っていて
ポップなアンビエントで時間が溶け出すかのようなゆるゆるの音響作品。
ぬる過ぎて気持ち良い音が漂っている。


マーブル・シープ/rip off
album-パープル(2009)

菊花賞と一緒に入手した、東京のサイケデリック・バンド。結成25年目。
同時発売の「グリーン」は長尺即興ナンバーが多かったが、こちらは
ワイルドな暴走ロックンロール曲が多い。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Recommend
プロフィール

music freak out

Author:music freak out
新潟県の燕三条FM「ラジオは~と」にて、通常のFMではまず流れないであろう音楽の数々を独自の選曲で15年間オンエアーされていた異色音楽番組「music freak out」のナビゲーターだった「ナゴヤ」のエッセイなど。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
最近のお勧め
amazon
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード