10/18 on air list 「rockpile・他」

冒頭は、先日逝去された柳譲治氏に追悼の意で。
日本ロック黎明期をささた一人でもある。
カップス、パワーハウス、ジプシー・アイズ、など。

パワーハウス/you're better man that i
album-ブルースの新星(1969)

この頃はベース・プレイヤーとして活動。
これはヤードバーズのカバー曲。このアルバム自体が全編カバーだが、よりブルース色を
強めたアレンジをしているが、これは原曲のイメージに近い。


以下は、「床(ゆか)から一掴み」。
最近買った、聞いたものの中から面白かったものをチョイスする
恒例企画(某番組のパクリオマージュ)

the doors/strange days-40th anniversary mixes
(album-strange days(1967))
the doors/waiting for the sun-40th anniversary mixes
(album-morrison hotel(1970))
album-a collection(2011)

ドアーズの1stとラスト2枚以外は、実は今までアルバム単位で聞いた事が無かった。
廉価BOXが発売されたのでこの機会に購入して聞いてみた。
でも厳密にはこのBOXの音源は、40周年リミックスバージョンなのでオリジナルでは
ないのだが、まぁ良しとしよう(笑)
結果、何かの編集版とかベストで聞いた事が有る曲ばかりなのはしょうがないが。
「strange days」は2ndアルバムのタイトルだが、邦題では「まぼろしの世界」。
しかし曲邦題タイトル「まぼろしの世界」は、「people are strage」なのは何故?
同様に「waiting for the sun」は、同名タイトルのアルバムには収録されてない。何故?


kippington lodge/land of sea(take rm 2)
kippington lodge/shy boy(bbc session)
album-shy boy:the complete recordings 1967-1969(2011)

ブリンズリー・シュウォールツの前身バンドの新しい編集盤。
初めてお目見えする音源5曲が目当てで購入。
ビートルズ亜流のサウンドなのは時代のなせる業。その後のブリンズリーの
サウンドの発芽はまだ見られない。


rockpile/queen of hearts
rockpile/teacher teacher
album-live at montreux 1980(2011)

ニック・ロウ繋がりで、ロックパイル。
とてつもなく活きの良いビート・ロックを聞かせてくれる。
疾走感やポップ感満載。1stアルバムが亡き中村とうようさんに0点を付けられた
雑誌で彼らを知った(笑)。何年か後、ニック・ロウのファンになった際に更に
彼らに夢中になった。その彼らの未発表ライブの発掘盤。全編弾けまくり。


john hiatt/memphis in the meantime
album-bring the family(1987)

これもニック・ロウ繋がり。
このアルバムが切っ掛けとなり、スーパー・バンド「リトルヴィレッジ」は誕生。
ジョン・ハイアット、ニック・ロウ、ライ・クーダー、ジム・ケルトナー。
実に地味なスーパー・バンド(笑い)
米ルーツ・ミュージックを基にした渋めの作品。
パンク小僧だった10代の頃の自分だったら批判の対象にした事だろう(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

2010-02-02 の on air list を見て驚きました。
僕も三条市の出身で今は地元を離れていますが、三条市のFMでHard core punk をオンエアーされていることに驚きです。
ナシは当然購入しましたが、南外ホークウィンドウの山塚アイの髪の毛つき7インチを見つけるのには本当に苦労しました(笑)

Re: No title

コメントありがとうございます。
ネットが不調でご返事が遅れてすみません。

1980年代は東京で過ごしていて、ハードコアパンクはリアルタイムで体験しているので、
今でも時折その熱にうなされて、思い出しては流しています(笑)
南海ホークウインドの7'は、確かフジヤマで買いました。
アレが愛ちゃんの髪なのは結構あとで知りましたが。
ZOUOの再発のを買い逃したのが残念です。
Recommend
プロフィール

music freak out

Author:music freak out
新潟県の燕三条FM「ラジオは~と」にて、通常のFMではまず流れないであろう音楽の数々を独自の選曲で15年間オンエアーされていた異色音楽番組「music freak out」のナビゲーターだった「ナゴヤ」のエッセイなど。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
最近のお勧め
amazon
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード