7/26 on air list 「consequential quartet 1・他」

「床(ゆか)から一掴み」
最近買った、聞いたものの中から面白かったものをチョイスする
恒例企画(某番組のパクリ)

soundings(庚勝栄、美川俊治、石川高、山本達久)/consequential quartet 1(4 parts mix)
album-consequential quartet 1(2011)
soundings
4名のアーティストが別々に録音した音を、任意のタイミングやバランスで
同時に鳴らす事によって、自身で音を作り出せる。
昔、致死量ドーリスの、LP2枚同時にかける事によって違う音像を作り出そうとした
ものとは意味が異なる。
様々なシチュエーションによって無限の音の鳴り方を体験できる。


諸井誠/ヴァリエテ
album-塩谷宏の仕事
塩谷
英国で言う所のBBCラジオフォニック・ワークショップに当たるであろう、
NHKでの番組用などでの電子音楽や効果音、音響などを担当した技師らの作品集。
以前、発売されたのは知っていたが、すっかり失念していた。
ツイッター上でこのシリーズの話題が出てきて、慌ててネットで探して購入。
そのうち、全種揃えるつもり。


the new blockaders/first live performance(pt.1)
album-first live performance
TNB
以前、vinyl on demandから発売されてたTNBの1stのLP BOXに、ボーナス・ディスクとして
入っていたもののCD化。文字通りTNBの最初のライブを収録した物。
1stをすこし乱雑にした感触。


daphne oram/rockets in ursa major(excerpt 1)
album-oramics

BBCラジオフォニック・ワークショップの女性初期メンバーの作品集。
時にはコミカルな部分もある電子音楽がふんだんに詰め込まれた2枚組CD。
以前4枚組アナログで入手したが、手軽に聞けるCDでも持っておきたくて、
英アマゾンより取り寄せる。
※リンクはアナログ盤

richard hell & the voidoids/another world
album-blank generation(1977)

CDは3回目の買いなおし。永遠のパンク・ヒーロー。
しかし、このアルバムの曲は、世間一般的に思われる典型的なパンク・サウンド
ではないので注意。
しかし1990年ころの初来日公演は、すっかり劣化してて悲しかった...。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Recommend
プロフィール

music freak out

Author:music freak out
新潟県の燕三条FM「ラジオは~と」にて、通常のFMではまず流れないであろう音楽の数々を独自の選曲で15年間オンエアーされていた異色音楽番組「music freak out」のナビゲーターだった「ナゴヤ」のエッセイなど。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
最近のお勧め
amazon
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード