5/31 on air list 「高柳昌行・他」

今週も「床(ゆか)から一掴み」
最近買った、聞いたものの中から面白かったものをチョイスする
恒例企画(某番組のリスペクト)


高柳昌行/loneley woman
album-ソロ(2011)

フリー・ジャズ・ギタリストやアヴァンギャルド・ミュージックのイメージがある
高柳さんの、これは比較的オーソドックスなモダン・ジャズ・スタイルの演奏が聴ける。
コード弾きを極力排除した、単音弾きでの演奏。なのにこの厚み。


the lost/maybe more than you
the lost/everybody knows
album-lost tapes 1965-1966(1999)

末期ヴェルヴェット・アンダーグラウンドにも参加していた、ウィリー・アレキサンダーが
それ以前に参加していたガレージ・サイケ・バンド。


white lightning/(under the screaming double)eagle
album-strikes twice 1968-1969(1997)

元・リッターのZIPPYが、リッター脱退後に結成した、大音量ハード・サイケバンド。
ステージ写真には立ち並ぶギター・アンプの壁w
ブルー・チアーもそうだけど、実際にその音圧を体験したかった。

mountain bus/rosalie
album-sundance(1971)

グレイトフル・デッド・タイプのシスコ・サイケを彷彿させるバンド。


grateful dead/ripple
album-American Beauty (1970)

で、そのデッド本体。この時期のルーズな亜米利加ルーツ音楽然とした音の
気持ちよさが判るまで、結構時間がかかった。太陽の賛歌とかのいかにも「サイケ」みたいな
派手な音処理とかのやつはやっぱり直ぐ溶け込んだけど。


circus 2000/hey men
album-an escape from a box(1972)

イタリアのサイケ・バンド。
ジェファーソン・エアプレインを思わせる曲調。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Recommend
プロフィール

music freak out

Author:music freak out
新潟県の燕三条FM「ラジオは~と」にて、通常のFMではまず流れないであろう音楽の数々を独自の選曲で15年間オンエアーされていた異色音楽番組「music freak out」のナビゲーターだった「ナゴヤ」のエッセイなど。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
最近のお勧め
amazon
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード