fc2ブログ

A Mouse Orchestra/A Lump In Your Throat 今日のシングル盤

「今日のシングル盤」

手持ちのアナログ・シングルを少しづつ公開。

A Mouse Orchestra/A Lump In Your Throat(Robot RR-04)(1994)
mouse1.jpgmouse2.jpg
mouse3.jpgmouse4.jpg

David JackmanとChristoph Heemannによる、恐らくは1度きりのコラボ作品。
この二人がこれ以前にはタッグを組んでいなかったってのも意外ではあるが。
レギュラー・エディションは410枚限定ホワイト・ビニールだったが、
これは82枚限定グレー・ビニールのアーティスト・エディションで、
内袋には両氏のサインと手書きナンバリング入り。
で、これもノイズ系レコードでは有りがちの、回転数の記載が無し(恐らく45rpm)。
まぁ33回転でも45回転でもそれほど違和感は無い。
エキスペリメンタル・アンビエント・フォーク・ノイズと形容したら良いのか、
幻想的な白昼夢を思わせるような穏やかなサウンド。
うーーーーん、何度も何度も書くけど、
こういった音楽はシングル盤サイズの時間では全く物足りない。

テーマ : 本日のCD・レコード
ジャンル : 音楽

The Hafler Trio/infidelity to reason 今日のシングル盤

「今日のシングル盤」

手持ちのアナログ・シングルを少しづつ公開。

The Hafler Trio/infidelity to reason 今日のシングル盤(Syntactic Bless 11)(1996)
h3o1.jpgh3o2.jpgh3o3.jpg

Edward moolenbeek、Andrew Mckenzie、Chris Watson(元・キャバレー・ヴォルテール)による
音響ノイズ集団ハフラー・トリオのSyntacticからの1996年作。
(但し、ここでの録音メンバーはクレジットが無いので不明)
メタリックなドローン・ノイズだが、スピリチュアルな雰囲気も持つ。

111枚限定で、100枚がレギュラー・エディション。11枚はフロッピー付エディション。

テーマ : 本日のCD・レコード
ジャンル : 音楽

Recommend
プロフィール

music freak out

Author:music freak out
新潟県の燕三条FM「ラジオは~と」にて、
通常のFMではまず流れないであろう音楽の数々を
独自の選曲で15年間オンエアーされていた異色音楽番組「music freak out」の
ナビゲーターだった「ナゴヤ」のエッセイなど。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
最近のお勧め
amazon
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード