もめん。/ずずズ。

今から15年前、ストロオズと言うグループがいた。
加藤りま、本間紫織の女性2人組のアコースティック・デュオ。
余談だが、加藤さんのお父さんは元・村八分の加藤義明氏である。
もっとも、それが切っ掛けで自分はストロオズを知ったのだが。
本間さんの少し拙いながらも透き通った声と、加藤さんのややささくれだってはいるが凛とした声。
2人のそれぞれボーカルの曲は、どちらも好きだった。


しかし、程なくして活動停止。
個別でも活動をするといった事は聞こえて来ず、
彼女らの音楽を聞けなくなって、いつしか自分も忘れかけていた。

それが数年前、加藤さんが音楽活動を再開されている事を、ASUNAさんから聞かされた。
「加藤りま」としての新作はすぐ購入して、フェイヴァリットになった。
昨年の新潟でのLIVEは馳せ参じたのは言うまでも無い。
終演後は、加藤さんにこの15年の思いをたけを告白して、サインも貰った。
って書くといかにも愛の告白みたいだが、或る意味同じだ(笑)。


その後、加藤さんとツイッター上での交流の中で、本間さんの消息を知る。
現在は沖縄に在住され、音楽活動もされているとの事。

そんな事を知れば、その現在の彼女の曲を聞きたくなるのは必定。
ご本人にコンタクトを取って、彼女の現在のユニット「もめん。」のアルバムを入手。
ハンドメイドパッケージのCD-Rアルバム。
もめん
もめん。は、しょしょー、わんわん、2人によるユニット。
(ちなみに、「しょしょー」が本間さん)
ギターやトイピアノ、アコースティック楽器などを使った演奏に、
昔と変わらない紫織さんの歌声。
もう、空間が溶けてゲル状になったかのような、緩く淡い歌と演奏に暫し聞き惚れる。
全ての時間感覚がゆるく伸びきって心地よい眠気に誘われる。
それでいて、音の存在感は強い。
緊張感のある倦怠感。そんな矛盾を素直に受け入れられる。

特に「おかえり」と言う曲は、歌詞が「おかえり、おやすみ、おはよう」だけ、
たった此れだけの歌詞なのに、柔らかさと優しさが溢れて感じられる。

自分的には15年のブランクがあったのだが、
紫織さんの歌は今また新鮮に自分を刺激してくれる。

今回、このアルバムを購入した時に、オマケで今年春のリハーサル音源を頂いた。
これも本編に劣らず、興味深く聞けた。

ライブ見てみたいなー。
スポンサーサイト

ロング・ボックス・CD

先日、物置でこんなモノを発見した。

long-box.jpg

ロング・ボックス・CDって、確か言われてたと思うのだが、
昔、こんな縦長の箱に入れられてCDが売られてた時期があった。
1980年代後半から1990年代初めころ。
で、その箱だけが出てきた。
肝心のCDは売ったりして一枚も手元に残っていなかった(笑)。

1980年代後半はCDがLPを凌駕し、店舗での占拠率が大きく変化した時期。
まだ当時のレコード店には専用のCD陳列棚を配備しているところは少なく、
またCD陳列棚自体もそんなに普及していなかった。
で、LPラックを活用してCDを陳列していたお店が多かった。
このロングボックスに入っているCDだと、LP棚に2列に並べて陳列できるといった具合。
しかし、程なく、CDラックの急速な普及に伴い、今度は逆にロング・ボックスは
陳列に邪魔になると言う理由で急速にその姿を消してしまった。
CDが猛烈にアナログLPを駆逐していく、そんな時代の副産物というか徒花。
今箱だけ有っても、確かに邪魔でしょうがないので、ロング・ボックスの衰退は
有る意味正しかったんだろうが、でもそんな不憫な子ほど可愛いもので、
だから捨てずに残していたんだろうな。昔の俺(苦笑)。

小堺文雄/Earth Calling

Fumio Kosakai/Earth Calling

日本ノイズ界の重鎮(2重の意味で)、小堺文雄さんの1987年リリースの1stカセットのLP化。
当時は殆ど流通してないらしい、ていうか、このアイテムの存在は知らなかった。
限定250部との事で早速入手。

現在の小堺さんの作られる音と比べ、比較的おとなしめな感じ。
正直、SIDE Bでは退屈した部分もあったが、それでも貴重な音源の再発は嬉しい。

Fumio Kosakai

英進堂

英進堂
新潟市秋葉区に所在する書店「英進堂」さん。
先日、この書店内に中古レコード・コーナーが出来てることを知り、足を運んでみた。
このお店には過去2回、ふらっと寄った記憶が有るのだが、
じっくり店内を見たことがなかった。
まずは目当ての中古レコード・コーナーへ。
やや古め(1970年代)の歌謡曲やロック、JAZZ、映画音楽、
昔のポップスやSP盤などが雑多に置かれている。
シングル盤は細かく見なかったのだが、あまり期待してなかった分、
面白そうなものも多そうだった。
継続的なコーナーらしいのでまた寄ってみようと思う。

しかし、今回驚いたのはその店内に陳列されている新刊本の数々。
特に、音楽や映画などのコーナー。
高柳昌行、近藤譲、高橋悠治、デレク・ベイリーなどの本が
当然の様に置かれていた。
あと映画のコーナーには「ウォーキング・デッド」の原作マンガが全巻。
本の品揃えもそうなのだが、痛みやすいであろう紙質の表紙の本には、
丁寧にグラシン紙(パラフィン紙)が掛けられてある、その心配りにも驚いた。

同じような本は、実は三条市荒町の知遊堂さんにも幾つは並んでいるのだが、
何と言うか、その並べ方や佇まいは一線を画していて、確固たる意志を読み取れる。

新潟市内の北書店さんと同じような匂いを感じる、こんなお店を見逃してた事に深く反省。

http://eishindo.blog88.fc2.com/
Recommend
プロフィール

music freak out

Author:music freak out
新潟県の燕三条FM「ラジオは~と」にて、通常のFMではまず流れないであろう音楽の数々を独自の選曲で15年間オンエアーされていた異色音楽番組「music freak out」のナビゲーターだった「ナゴヤ」のエッセイなど。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
最近のお勧め
amazon
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード