FC2ブログ

林直人

7月25日は自分の誕生日で、色々な方からお祝いの言葉を頂いて恐縮するばかり。
しかし今日という日は、自分にとっては自身の誕生日なんて問題では無く、
もっと重要な日。

2003年7月25日、林直人、逝去。
大阪のロック・シーンの重鎮、アンバランス、アルケミーといった名レーベルを
興した人物、そして自分が大好きだったロック・バンド「アウシュヴィッツ」の
リーダーだった。

林さんの訃報は、松谷健氏からのメールで知った。
以前から林さんの容態は聞いていたので、訃報は唐突な事ではなかったが、
来ては欲しくなかったけど遂にこの日が来てしまったのか、との思いと同時に
脱力感に襲われた。
林さんの音楽は、大きな評価を得た訳では無かったが、出会った自分にとっては
計り知れない大きなものを与えてもらった。
彼の音楽を同時代に体験できた事は自身の財産とも言って良い。
しかし、林さんの事を語ろうとしても多分きちんと伝える事の出来ない
自分の素養の無さが恨めしい。
でも、あの全てを包みこむかの様な大きな器を持った林さんの音楽は、
未だに自分の中で輝きを放っている。

昨年リリースされた「AUSCHWITS COMPLETE BOX」は、
コンプリートと銘打つのには実は不足しているパーツが多すぎるのだが、
今はアウシュヴィッツの音源は入手困難で、だからそれを差し引いたとしても、
この作品がリリースされた意義は大きい。

とくに晩年の林さんの録音物は重要。
まともに声も出ない状況でも、病魔に侵された中でも、それでもしっかりと
前を見据えて進んでいる。
悲壮感は有るのだが凛々しい姿に、「やっぱり凄ぇや..」と言葉を無くした。

林直人さんの命日7/25は、自分の誕生日と同じ。
林直人さんの誕生日3/3は、大事な親友の誕生日と同じ。

どちらの日も、一生忘れる事は無い。
スポンサーサイト



恒松正敏グループ/欲望のオブジェ

恒松正敏グループ/欲望のオブジェ
2007年にリリースされてたものを、今年ようやく入手。
リリースを知らなかった訳ではなく、単にタイミングが合わなかっただけ、
と一応言い訳しておく(苦笑)

恒松正敏、てか、やっぱ「ツネマツマサトシ」のカタカナ表記の方がしっくりくる。
最初に彼の音楽に出会ったのは、1981年にPASSからリリースされた12'盤。
(実はフリクションでの彼の演奏を知るのはもっと後になってから)
この12'での、無機質な近未来的マシーン・ビートに強く惹かれた。

しかし、その直後に出会った「EDPS」の、硬派な骨太のロック・サウンドには
もっと心惹かれ、直ぐにフェイヴァリットなミュージシャンになったのは言うまでも無い。
EDPSの出すレコードは全部買い、ライブにも通った。
しかし1984年5月の日比谷野音でのライブで実質的に解散。
そのライブ最後で、恒松正敏さんが空中高くギターを放り投げ、
コンクリートの地面に叩きつけられた時の残響音は未だに耳に残っている。
勿論、その瞬間は今も鮮明に映像として心に残っている。
その時は、これで解散とは知らされていなかった訳だったのだが、
物凄くカッコ良いと思ったのと同時に、何かが終わったのか、と思ったのは当たっていた。

新潟に戻ってからも、機会があれば新潟で開催された数少ないライブには
出来る限り足を運んだ。
町田康&GLORY、恒松正敏グループなどでのLIVE。
観客は決して多いとは言えない(むしろ少なすぎる、憤慨)が、
その演奏はやはり自分にとっては何時も心躍るものだった。

欲望のオブジェは、基本、EDSP時代の延長線上の作品と言えるかもしれないが
その頃のサウンドが大好物な自分にとっては、この作品も安心して触れられる
作品なのである。一応、「予定調和」とは違う、と言ってはおくが。

フリクション時代にはソリッドでタイトなギターを聞かせてくれたが、
ブルース色の強い音も、ホント素敵だと思う。


Recommend
プロフィール

music freak out

Author:music freak out
新潟県の燕三条FM「ラジオは~と」にて、
通常のFMではまず流れないであろう音楽の数々を
独自の選曲で15年間オンエアーされていた異色音楽番組「music freak out」の
ナビゲーターだった「ナゴヤ」のエッセイなど。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
最近のお勧め
amazon
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード