2/28 on air list 「jajouka、フリクション他」

恒例企画「床(ゆか)から一掴み」。
最近買った、聞いたものの中から面白かったものをチョイスする
某番組からのパクリインスピレーション

Master Musicians of Jajouka/tk.1
album-primal energy that is the music & ritual of jajouk(1974)
Jajouka
ストーンズのブライアン・ジョーンズにフィールド・レコーディングされ世に広まった、
モロッコの山村ジャジューカに伝わる儀礼音楽集団の1974年の作品の再発。
チャルメラを思わせる管楽器や打楽器、弦楽器の奏でる、呪術的な瞑想世界のサウンド。
バロウズやティモシー・リアリー、オーネット等を魅了したのも判る。
自分もそうなのだが、これを切っ掛けに民族音楽の扉をくぐった人は多いと思う。


Master Musicians Of Jajouka/beedie mix(based on Your Eyes Are Like A Like A Cup Of Tea)
album-brian jones presents the pipes of pan at Jajouka(1995 CD reissue)

当時ワールド・ミュージックやトランスなど全く知らなかった自分にも、
ブライアンが届けてくれた「「マジカル・イン・モロッコ(邦題)」」は、
「何だかよく判らないが気持ち良い」と思わせてくれた。
これは1995年にCD化された際にボーナス・トラックで収録されたリミックス。
リズムなどが加わり、まるでムスリムガーゼを思わせるような、トランス・テクノみたいに
変貌している。やっぱ陶酔音楽なのか。


フリクション/head out head start
フリクション//pistol~fire
album-2013 ライヴ・フリクション(2010)

RECKと中村達也(元・スターリン、GOD、原オナ)の2人編成になって活動しているフリクション。
ここ数年のライブ音源を編纂したライブ・アルバム。
音を変調しまくって、もうベースとは判らないまでに変化したRECKの音は
リズムを刻むと同時にメロディーも奏でる。
強靭に荒々しくドライブするR&Rに体が反応してしまう。
あー2/4のライブ、見たかった...。


グール/oi! oi!
flex(1985) (CD/1984-1989)

先日レコ棚より発掘した、故・マサミが率いていたハード・コア・パンク・バンドの
片面ソノシート音源。メタル寄りのサウンドに移行してたころ、
突如コブラみたいなoiパンクな曲をリリース。
グールの中では異色の明るい曲(笑)
今は、ベスト盤の中にも収録されてて視聴などは容易。



タモリ/ソバヤ
album-タモリ(1977)

下手なワールド・ミュージックより、このインチキ民族音楽の方が
よっぽど高揚感をかき立ててくれるのは何でだろう?(笑)

スポンサーサイト

2/21 on air list 「dapne oram、キム・ドゥス、他」

恒例企画「床(ゆか)から一掴み」。
最近買った、聞いたものの中から面白かったものをチョイスする
某番組のパクリオマージュ

daphne oram/canadian idyll
daphne oram/new atlantis
album-the oram tapes volume one(2011)
daphne
BBCラジオフォニック・ワークショップの女性初期メンバーで知られる。
以前「oramics」の4枚組LPを出したレーベルから、またしてもLP4枚組の続編が登場。
1950年代後半かた60年代中盤までの作品を収録。
「効果音、BGMなどとして電子音楽で情景や描写、雰囲気を音で表現」的な部分で
収まらない振り切れ方が楽しい。
全作はコミカルな部分もあったが、今作は比較的シリアスな音が並ぶ。
45回転盤だが、33回転盤ならLP3枚に収まったんではないだろうか(笑)


charlotte gainsbourg/irm(live)
charlotte gainsbourg/trick pony(live)
album-stage whisper(2011)

役者としても知られる、バーキンとゲーンズブールの娘と言う超血筋を持つ。
ベックが製作を手がけた「IRM」が、リズムを強調したロック寄りの音に変わっていたが、
今作のスタジオ録音ものもその延長線上。
ライブ音源はより力強さに満ちていて、ライブをやる事に臆病だったとは思えない
堂々とした歌いぶり。
日本盤はライブ映像のDVD付き、て言うかこれの方がメインだと思う。


Kim Doo Soo/旅路
Kim Doo Soo/曇り日の恋歌
album-1st(1986)

韓国のアシッド・フォーク界の巨人、キム・ドゥスの1stアルバムが25年振りのマスター発見により、
奇跡のCD再発。PSFからの「10日間の蝶」の静かな重さとは異なり、アレンジや歌い方は
少し牧歌的や民謡な部分も見せるが、その後の発芽は感じさせてくれる。


the dammned/new rose(live 1977.5.19)
album-Play It at Your Sister(2005)

で、電子音とか最近聞いてると、時折無性に聞きたくなるのが、ロンドン・パンク!
やっぱ、自分の根っこなんで(笑)
ジョークな部分や胡散臭さも魅力だったダムド。
デビュー曲はまさかのニック・ロウがプロデュース。
その曲のライブ・テイク。荒くてうるさくてカッコ良い。

2/14 on air list 「keith levene・他」

キース・レヴィン来日公演中止。
詳しくは下の記事に書いた通り。
こんな結末には呆れ果てるしかない。
しかし、あんまり悔しいので、キース・レヴィン関連のレアな曲を
しつこくオンエアーしてみた。


don letts,stratetime keith,steel leg,jah wobble/steel leg
don letts,stratetime keith,steel leg,jah wobble/stratetime and the wide man
don letts,stratetime keith,steel leg,jah wobble/haile unlikely by the electric dread
12'-steel leg v the electric dread(1978)
dread
stratetime keithはキース・レヴィンの変名。
PIL全盛期にPILみたいサウンドの作品の意味がよくわかんなかった1枚。
若干PILよりストレートにダブ・レゲエ寄り。未CD化だがブートで入手簡単。
12'と7'ヴァージョンで所有している。


keith levene/copsⅠ-cedd moses-copsⅡ-heavy 4 hire-copsⅢ-john williams
12'-2011 back too black(1987)
2011
幾つかのマテリアルを繋ぎ合わせたと思われる。マテリアルの元(?)曲の一部は
ソロ・アルバムに収録されたが、このメドレーは未CD化。
近未来を連想させる無機質なビートとサウンドが印象的。


keith levene & hillel slovak/clothesline
split 7'(1990)
clothesline
RHCPのギター、hillel slovakとのコラボ曲。2分弱のインスト・ナンバー。
2011 EP製作時のアウト・テイクらしい。
他のアーティストとのスプリット7'。
あの情報の無い時代に、何故かこれを見つけた&買った経緯が全く思い出せない。


freida abtan/solstice
album-the hands of the dancer/the temple of the dreamer(2011)
freida
NWWのライブ・メンバーとしても知られるカナダの女性作家。
悪夢の様な歪んで揺れる世界を音に移し変えた様な音が印象的。
実はオマケについてたDVD-Rの映像が正にその様相で、グラグラ揺れ動く映像に眩暈。


山口冨士夫/雪どけを待って
album-アトモスフィアⅠ(1992)

とりあえず、春が恋しいので(笑)
ティア・ドロップス解散後に作られた、同時リリースソロ2作のうちの一つ。
ルーズでまとまりがなく弛緩しきった様で、じつは細部まで計算されたかの様に
ティア・ドロップス時代以上に完成された名盤。
近年、再発されプレミアから開放された。

キース・レヴィン、入国できず「metal box in dub」

metalbox

キース・レヴィン。
ポスト・パンクやニュー・ウェイヴ・シーンを体験したものにとっては
決して忘れる事の出来ないミュージシャンの一人。
1983年のpublic image limitedの初来日直前にまさかの脱退。
あれから30年、盟友ジャー・ウォブルとのユニット「metal box in dub」で
遂に来日の報が駆け巡ったのは昨年秋。
あの頃のやるせない気持ちにケリを着けられる時が来たと思ったのに、正に晴天の霹靂。
今回は入国できずに来日公演中止。

当初は、キースがドラッグ所持とかで入国拒否になったのかと思った。
過去、そういった事は散々言われてきていたから。
しかし、事情は異なっていた。本来興行ビザを取らなければいけない所を
観光ビザで入国しようとしたこと。それは、興行主の所業によるとのこと。
そしてその理由が、キースの過去のドラッグ関連の事でビザが取れない事を
考慮してとの事だが、その理由おかしくないか?
要するにこっそりと騙して入国&公演を企画したって事になる。
もともと入国に関して不安があるキースの公演企画を立てるのなら
其の件がネックになるのだから、事前に確認を取ったりしないのか?
また、興行ビザを取るには数十万円ほど費用が掛かる。
其の費用をケチったのかとも、穿った見方もしてしまう。
今回の不手際は、キースではなく呼ぶ側に有ったと言ってもいいだろう。

こんな事で期待させてこのオチは冗談としか思えない。
1983年と2012年のこの気持ちのケリは、もう一生つかないかもしれない。
こんな結末を長年待って居た訳じゃない。
ふざけるんじゃねえよ。



呼び屋の言い訳がこれ
---------------------------------------------------------------------
このたびは【METAL BOX IN DUB】の来日公演中止により、チケット
をご購入いただいた皆様、および関係者各位に多大なるご迷惑をおかけ
いたしました事を心よりお詫びいたします。
謝罪とともに今回の公演中止に至った経緯をご説明いたします。

... KEITHが入国できなかった理由ともなっている【興行ビザを取得しな
かった】理由は以下のとおりです。
興行ビザを取得する際、彼の過去の良くない経歴が出てくるのではな
いかと心配し、VINYL JAPANとJAH をはじめマネージャー皆で話し
合った結果、今回、KEITHは興行ビザを取得せず観光で入国するという
結論に達しました。
JAHをはじめメンバー、マネージャー、スタッフの計5名は興行ビザを
取得しております。
またビザを取得すれば必ず入国できるとは限りません。入国時の審査官
の裁定によって決まります。

最後にKEITHの名誉の為にも言わせてください。
KEITH は薬物や日本国の法律に触れる不正な物を持ち込んで成田空港で
逮捕されたわけでもなく、強制送還されたわけでもありません。
ただ、入国ができなかっただけです。

英国音楽/VINYL JAPAN

2/7 on air list 「david chesworth、他」

恒例企画「床(ゆか)から一掴み」。
最近買った、聞いたものの中から面白かったものをチョイスする
某番組のパクリリスペクト

comus/all colours of darkness
album-song to comus(2005)

英国のアシッド・フォーク・ロックの、まさかの初来日。
ネット上で見た映像は、1stでのあのサウンドのままで感動(笑)
この曲はアルバムには未収録の、編集CD盤にボートラで収録された未発表曲。
さてサイモン・フィンと同様、キャプテン・トリップからライブ盤が出る事を期待。


富田勲/バミューダ・トライアングル(edit)
album-バミューダ・トライアングル(1978)

大野松雄の「宇宙の果て」と比べると、幾分クラシック曲を引用しているせいか、
若干型にはまった感が有るが、電子音の乱れ飛びはやはり爽快。
中古アナログ盤で100円で購入した。


大瀧詠一/さらばシベリア鉄道(mono mix)
promo only 7'(1981)
ootaki
プロモ・オンリーのモノ・ミックス盤。ラジオ局や有線に配られたもの。
CD化されてるのかは判らないが、こうしてモノ盤を別に作る大瀧詠一のマニアぶりは
当時は全く理解出来なかったが、今では(笑)。
そもそも大瀧詠一を知る切っ掛けは、ナイアガラでもはっぴいえんどでもなく
太田裕美のこの曲のカバーからだった。


steve jones/mercy
7'(1987)
えーと、ピストルズのスティーブなんですね。これが。
渋さ満点の全くパンクの要素が感じられない曲だが、これが結構心に染みる。
日本盤シングルは初めて見た。
50円で購入(笑)


david chesworth/the great yawn
david chesworth/have beat-will travel
david chesworth/could you repeat that
david chesworth/green lady
album-50 synthesizer greats(1979)
David Chesworth
オーストラリアのポスト・パンク・バンド「essendon airport」の中心人物の
初期ソロ2作を1980年代に再発したもの。
シンセを使った電子音小曲集の、こちらの方が楽しめた。
緩みきったシンセ・ポップ。まったくつかみ所が無く、またほのぼのとした音。
「仕事の合間にチョコチョコ作業して録音しました」のクレジットに爆笑。


captain beefheart/bat chain puller
album-shiny beast(1978)

いよいよ、出るのか?オリジナル「bat chain puller」
ザッパのサイトに突如情報がUPされて、即予約した。
様々な確執やトラブルからお蔵入りした、幻の作品。
音質の悪いブートでは散々聞いてきて、また近年権利関係超グレーなオフィシャル盤も
出たが(音ブート並み)、今度こそマスター音源なのだろうか?
情報何にも無し。届いてからのお楽しみ。
この曲は、録音し直されたもの。収録されたアルバムは名盤だが
これを上回るのかどうか?
Recommend
プロフィール

music freak out

Author:music freak out
新潟県の燕三条FM「ラジオは~と」にて、通常のFMではまず流れないであろう音楽の数々を独自の選曲で15年間オンエアーされていた異色音楽番組「music freak out」のナビゲーターだった「ナゴヤ」のエッセイなど。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
最近のお勧め
amazon
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード