サイモン・フィン at UFOクラブ

アシッド・フォークの名盤「pass the distance」を産み出した、サイモン・フィン。


伝説の中で語られてきたフィンが活動を再開したのは5年程前。
そのアーティストが目の前で見れる。
そして対バンも工藤冬里と割礼ときたら、こらサイケ者としては
上京しなきゃ、と言うことで行ってきました。東高円寺UFOクラブ。

トップは工藤冬里バンド。
ギターの伴奏に合わせて、予め用意してある詩を
即興でアレンジして朗読&時折メロディーを付け、時折ジャンプ(笑)。
予定調和完全無視の、ある意味グダグダな演奏。
しかしこれが意外に面白い。

続いては割礼。
実は22年振りに見た割礼のライブ。
その頃の限りなく遅く重いサウンドに戻り、また同時に明るさをも
感じさせてくれるサイケデリックな曲に酔いしれる。

そして待ちかねた、サイモン・フィンの登場。
一人ギター抱えステージに登場。
ただでさえ低いステージで椅子に座って歌うものだから、
殆ど姿が見えない(笑)。しかし変わらない声とギターは
紛れも無くフィン。
ただ、「pass the distance」での狂気迫る歌ではなく、
復帰以降の作品の様に、穏やかな表情を覗かせる「フォーク・ソング」が
淡々と、しかし深く大きく染み込んでくる。
ハイライトはやはり名曲「エルサレム」での絶叫だったが、
狂気やアシッドの括りでは収まりきれない、懐の大きな歌を聞かせてくれた。

終演後にファンにサインや写真をねだられるフィンは、
穏やかな表情の英国紳士そのものだった。
今のフィンの立ち位置を実感させてくれると同時に、
今のフィンの作品に愛着をもつ事と思う。

自分も当然サインは貰ったし、一緒に写メも撮った。
ミーハーですが、何か?w
saimonfinn



スポンサーサイト

1/25 on air list 「simon finn 他」

前半は祝・初来日と言う訳で、
アシッド・フォーク界のリヴィング・レジェンド
サイモン・フィンの特集。
2005年のシーン復帰後、順調な活動を続けていたとはいえ
来日公演など夢にも思っていなかった。

simon finn/polar veil
7'-VA/the forum(2010)
フォーラム
CURRENT93の25周年記念ライブ用に製作されたシングル。
近年の作品でのパートナー、jollie woodをバックに
1stでの狂気を感じるそれでは無く、深みのあるフォークを
聞かせてくれる。


simon finn/jerusalem
simon finn/big white car
album-pass the distance(1970)

永遠のアシッド・フォークの名盤。
当初はドノヴァンのようなポップなフォークを目指していた言うが、
どうしたらこのような空間が捻じ曲がる様な歌になってしまうのだろうか。


simon finn/woman by the sea
simon finn/golden golden
album-magic moments(2005)

1st製作後、カナダに移住。音楽とは無縁な生活のあと
1st再発を切っ掛けにシーンに戻ってきた復帰作。
以前と変わらない歌声で、穏やかな面を除かせつつも
より深みを増した歌を聞かせてくれた。


後半は、サイモン・フィンと並び称される
アシッド・フォークのアーティストの曲を。

tim buckley/come here woman
tim buckley/starsailor
album-starsailor(1970)
スターセイラー
タワー・レコード限定発売ながら、初日本CD化。
アバンギャルドを極めた狂気のヴォーカルが爆裂。
初期のフォーク・シンガーの姿はここには無い。


alexander spence/books of moses
album-oar(1969)

ジェファーソン・エアプレイン、モビー・グレイプといった
サイケデリックの名バンドに在籍したスキップ・スペンス。
ドラッグ渦による精神疾患での退院の合間をぬって製作された
唯一のソロ・アルバムより。
まるで現実と別の世界で歌われてるかの様な、
肉体感覚がまるで感じられない歌と演奏。

1/18 on air list 「追悼 ミック・カーン」

先日、52歳の若さで亡くなった、元・ジャパンのベース奏者、
ミック・カーンを追悼して。
そういえば、今は無きHMV新潟店のオープニング・イベントにも
来てくれたんだった。
2度目のジャパン来日公演で新潟県民会館に来た時に見に行った。
回りは殆ど女性ばっかりだったのを思い出す。


mick karn/sensitive
12'(1982)
ミックカーン
ソロ・デビュー・シングルの12'盤はリミックス・ヴァージョンらしいが
よく違いが判らない。ベース音がやたら大きいミックス。


midge ure & mick karn/after a fasion
12'(1983)
ウルトラヴォックスのミッジとの共演。
良くも悪くも当時のニュー・ウェイブ色強し。


rain tree crow/red earth
album-rain tree crow(1991)

実質的再結成ジャパンの、結果一作で終わったプロジェクトより。
より穏やかに陰鬱になったジャパンの印象。
シルヴィアンのその後の作風を思わせるところも。
仲違いが無ければこれも続いたのかなあと。残念。


the d.e.p/mr. no problem
album-地球的病気-We are the d.e.p-(2001)

佐久間正英、屋敷豪太、土屋昌巳、ミック・カーン、ビビアン・スーによる
スーパーユニット。
意外と躍動感溢れるバンド・サウンドで攻めてくれる。


japan/visions of china
album-tin drum(1981)

アジアを強く意識したオリエンタルなサウンド・アプローチで、
よりリズムを重視したこのアルバムは当時衝撃だった。
ミックの変態的ベース・フレーズ大爆発。


japan/...rhodesia
album-obscure alternatives(1978)

初期の頃はシルヴィアンの歌い方もざらついた感じが有って、
ブラック・ミュージックの影響も強かった。
これはレゲエのリズムを取り入れたもの。


jah wobble/invaders of the heart
12'(1983)

個人的にはミックと並び評しているベーシストの一人。
スタイルは違えど、音でその人と判る個性的なプレイヤー。


ジャパンの初期を除けば、ミックのベースは、聞くとそれと判る
個性的なものだった。フレットレス・ベースを操り、
奇妙なフレーズを繰り出す様は未だ印象深い。

1/11 on air list 「床から一掴み・シド・バレット他」

最近買ったもの、聞いたものの中から、気に入ったものを
チョイスして流す恒例企画「床(ゆか)から一掴み」

加藤りま/i know your lies
k7-rima kato(2010)
rima kato
10/24の正福寺イベントで購入。50本限定。
女性2人のフォーク・ユニット、ストロウズ解散後ブランクを経て
ソロ活動開始。そしてその血筋は、元・村八分の加藤義明の娘。
ストロウズをもっと儚くロウ・ファイにした淡いアシッド・フォーク。


ferial confine/the frying fish
album-first,second and third drop(2008)
ferial
アンドリュー・チョークの過去のユニットで、現在のアンビエント色は無く、
ざらついたノイズ作品。久しぶりにフェリアルを聞いたのだが、
昔より面白く感じた。このギザギザ感は逆に新鮮に聞こえる。


syd barrett/rhamadan
album-an introduction to syd barrett bonus download mp3(2010 rec.1968)

2010年にリミックスしなおされたものを含むベスト盤だが、
購入者特典でダウンロードできるこの曲が重要。
公式には発表されてなかった20分のインスト・ナンバー。
徐々に外堀は埋まってきたぞ。トゥインクよ、さぁスターズ音源を差し出すのだw


the monkees/circle sky(mono mix)
album-head deluxe edition(2010 rec.1969)

サイケ・ファンにも評判の高い映画のサントラ盤の拡大盤。
未発表曲をふんだんに盛り込んだCD3枚&7'
ワーナーミュージックダイレクトからは日本語解説付。


高橋照幸/第五氷河期(live 1970)
album-VA/1970フォーク・ジャンボリー(1998)
第二回全日本フォーク・ジャンボリーの記録映画が
昨年ようやくDVD化。それを見てたらこのURCアーカイブ集を
思い出した。休みの国の映像は残ってないのかなぁ?
あと第一回のジャックスの音源とかも。


zeitkratzer/scapegoat
album-whitehouse electronics(2010)

英ノイズ、ホワイトハウスの曲を生楽器で再現。
ルー・リードのメタル・マシンもやった事のある演奏集団だが、結構の再現(w)。

ミック・カーン

昨年自ら肺ガンを公表していた元・ジャパンのミック・カーンが、
1月4日にロンドンの自宅で亡くなった。享年52歳。

ジャパンを熱心に聴いてた時は、まだ圧倒的に女性ファンが多かった時期。
1980年に新潟県民会館で見たジャパンは、初めて見た海外アーティストだった。
ペンギンみたいにトコトコ歩きながらフレットレスベースを操り、
変態的なフレーズを奏でるミックの姿は異様で衝撃だった。
今は無き新潟HMV開店イベントで新潟の地を再び踏んでくれた。
出会いから今まで常に気になるベーシストだった。

今も何度も聞き返す12'はこれ。
リードボーカルも披露し、やけにベースの音量が大きいミックス。
ミックカーン

病魔との辛く苦しい戦いだったのだろう。
お疲れさま。さようなら。ありがとう。

1/4 on air list 「MFO的2010年のベストアルバム 再発&発掘」

毎年恒例、MFO的今年のベストアルバムの発表。
今週は再発と発掘音源モノ。

再発部門(順不同)

キング・クリムゾン/クリムゾン・キングの宮殿40周年記念限定ボックス・エディション

度重なる延期の末、2009年12月ギリギリに国内盤がリリースされたもの。「宮殿」に関する新ミックスやらオリジナルやらモノやらライブやら別テイクやら、これでもかーとばかり詰め込み、オマケに各国バージョン違いのジャケットを再現したミニチュア・ジャケットまでとお腹一杯盤。しかし何度も聞き返してしまう困った作品。


lou reed/metal machine music(DVD-AUDIO、blu-ray、LP)

幻の4chミックスを復活させた永遠の迷作リイシュー。DVD-AUDIO、blu-ray、LPの3パターンでリリース。ホーム・シアター・システムで4chが聞けるらしいが我が家には無いのに全種購入。当初はもっとやかましいイメージだったが、なれるとアンビエントにも感じられてしまう。ちなみに4曲全て16分1秒というタイムは嘘。


ザ・スリッツ/カット デラックス・エディション

アリ・アップの訃報もあり、複雑な感の一作。未発表テイク別テイクやらを詰め込んだ2枚組。ポスト・パンクの代表的ガール・バンド。


バグルス/ラジオ・スターの悲劇+9

これは昔は「プラスチックの中の未来」って邦題だったもの。文字通りの「テクノ・ポップ」。タイトル曲は音楽シーンを変貌を予見。


the stooges/the stooges collector's edition

プロデューサーのジョン・ケイルがMIXしたテイクはボツになったが、その後小出しでチョイチョイ出されてきた。ようやくこれで全部まとめて聞けるようになった。
ライノ・ハンドメイドからのリリース。


neu!/vinyl BOX

NEU!者としては手を出さなくてはいけないアイテムw 「NEU/86」はキャプテン・トリップからの「NEU/4」のリイシューかと思ったら、未収録のものあり、編集、曲順入れ替え、タイトル変更など、別物として生まれ変わった感。「LIVE」はキャプテン・トリップからリリースされたものと音源は同じものからだが、ハイライト部分を抜粋して短く編集。音源のダウンロードやTシャツ(申し込みで後日送付)など、盛りだくさん。映像付けて欲しかったなぁー。


pig bag/volume one

ポップ・グループから枝分かれした、ニュー・ウェイブ・シーンを代表するバンドの、12'バージョンやらライブやら集めた2枚組×2タイトル。エスノ・サウンドを取り入れた躍動感のある曲が日本でもヒットした。2ndで早くも失速。


発掘音源部門(順不同)

NASHI/NASHI
関西の幻のハード・コア・パンク。このバンドの名は勿論知ってはいたが、まさか今になって音源がリリースされるとは夢にも思わなかった。


頭脳警察/結成40周年記念BOX

1975年大晦日の渋谷屋根裏での解散ライブの音源を含む、基本的には2000年代のZKのライブ音源や映像をまとめた箱モノ。メジャーからのリリースの為、一部音処理やオミットされた曲があるのは残念、っていうかダメでしょ、それしちゃ。


10kW/h/konrad & wolfgang 1972-1977
もう何の未発曲が出てきても驚く事は無いコンラッド・シュニッツラーの、これはCD10枚+USBメモリーの箱もの。まぁ、全編予想通りの音(笑)。どのディスクから聞いてもOK。

マスターベーション/目撃者
震えた!マスベは結局ライブ行けず仕舞いだったので、この映像+ライブ音源はすんごく有り難い。血が騒ぎます。青春の一部をまた補完できました。


番組内では各アルバムより抜粋して曲をオンエアー。
フルで流したのは下記3曲。

ザ・スリッツ/ティピカル・ガール
neu!/crazy
頭脳警察/夜明けまで離さない


放送では発表無しだったが、映像部門はこの3つ

サンハウス/ムーンシャイン・ブギー
新宿ロフトで深夜に行われたシークレット・ライブの映像。自分、この場に居ますw
見に言って早朝新幹線でとんぼ返り。徹夜でそのまま仕事。今はもう体力的に無理w


だからここに来た!全日本フォーク・ジャンボリーの記録

やっと正式リリース。


ザ・ローリング・ストーンズ/レディース & ジェントルマン

ようやく正式リリース。海賊版では見た。
Recommend
プロフィール

music freak out

Author:music freak out
新潟県の燕三条FM「ラジオは~と」にて、通常のFMではまず流れないであろう音楽の数々を独自の選曲で15年間オンエアーされていた異色音楽番組「music freak out」のナビゲーターだった「ナゴヤ」のエッセイなど。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
最近のお勧め
amazon
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード