fc2ブログ

3/25 on air list

ジョイ・ディヴィジョン特集の2週目。
前回で流せなかった「still」からの曲を中心に。

ゴシック的な要素も持っていたが、ジャーマン・ロックの
影響も今聞きなおすと感じ取れる。
デジタル・ビートはNEU!からとか。


the sound of music(live 20 february 1980)
the sound of music(studio)
ice age(live 20 february 1980)
ice age(studio)
album-still collector's edition(2008)
クリックすると元のサイズで表示します
オリジナルLPは布張りハードカバーに包まれていた。
あああ、その昔に売ってしまった....。


atmosphere
single(1980)
クリックすると元のサイズで表示します
暗い曲が多いジョイ・ディヴィジョンの曲の中、
厳粛な雰囲気も携える最も美しい曲。
ジャケ含め併せワザ一本。


sister ray(live 3 april 1980)
album-still collector's edition(2008)
クリックすると元のサイズで表示します


warsaw/at the later date
joy division/warsaw
album-warsaw(1999 rec.1977.1978)
クリックすると元のサイズで表示します
ジョイ・ディヴィジョンに改名前のワルシャワ時代の音源。
ポルトガルの[movie play gold]って、怪しいレーベルからの
オフィシャル・リリース盤(かなりグレーゾーン)。
パンク色強し&出来が未完成。
スポンサーサイト



3/18 on air list

ジョイ・ディヴィジョン。
イギリス・マンチェスター出身。
ポスト・パンク時代を支えた代表的バンド。
一部で高い評価を受けつつ、その期待は高まる一方、
そんな最中、中心人物のイアン・カーティスの自殺という
ショッキングな出来事により、その活動は停止。
その後、残されたメンバーにより結成された
「ニュー・オーダー」が世界的なブレイクを果たし、
ジョイ・ディヴィジョンの再評価がされるという皮肉的な事も。

ジョイ・ディヴィジョンのオリジナルアルバム3作が
初めてデジタル・リマスターされ、ボーナスディスク付きの
コレクターズ・エディションで日本盤がリリースされた事を
記念して、特集を組んだ。
て言うか、過去何週も特集もやった事もある訳だがw

自分は1983年に「ニュー・オーダー」の『ブルー・マンデー』が
きっかけで「ジョイ・ディヴィジョン」の存在を知り、
急激にアルバム、シングルを買い揃え、ハマッたのだが、
今聞いても、そのサウンドは印象的で有る。

ライブはパンク色が強く、荒々しい感じがでているが、
スタジオテイクは、エンジニアのマーティン・ハネットの
デジタルビートを強調した仕事ぶりが印象的。
もちろん、どっちの出来も捨てがたい。


shadowplay(live 13 july 1979)
shadowplay(studio)
transmission(live 13 july 1979)
album-unknown pleasures collector's edition(2008)
クリックすると元のサイズで表示します


twenty four hours(live 8 february 1980)
twenty four hours(studio)
dead souls(live 8 february 1980)
love will tear us apart(live 8 february 1980)
album-closer collector's edition(2008)
クリックすると元のサイズで表示します


love will tear us apart(pennine studio session)
single b-side(1980)
クリックすると元のサイズで表示します


warsaw/at a later date
album-warsaw(1999 rec.1977)

「hmv.co.jp大混乱」 


在庫品以外、全て完売や取扱不可状態(笑)

いやいや笑い事では無いが、
商品の大量誤配送がきっかけとなってる模様。
http://img-org.hmv.co.jp/ir/080317.pdf
Recommend
プロフィール

music freak out

Author:music freak out
新潟県の燕三条FM「ラジオは~と」にて、
通常のFMではまず流れないであろう音楽の数々を
独自の選曲で15年間オンエアーされていた異色音楽番組「music freak out」の
ナビゲーターだった「ナゴヤ」のエッセイなど。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
最近のお勧め
amazon
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード