fc2ブログ

「12/25 on air list part.2」

2007年の収穫
曲は、それぞれの作品から一部抜粋でオンエアー。

イヌ/メシ喰うな(LP)¥1029
いまや、作家として著名の町田町蔵率いてた
パンク・バンドの唯一のアルバム。
20年ほど前に手放したのだが、
新津ハードオフにて奇跡の再会。
激安の為、速攻レジに持参(笑)
クリックすると元のサイズで表示します


アモン・デュールⅡ/地獄!(日本盤LP)
帯無しながら、メガ安で入手
オリジナルは2枚組LPだが、日本盤は1枚に編集されて
リリースされていた。
クリックすると元のサイズで表示します
ジャケ表
クリックすると元のサイズで表示します
付属のポスター
クリックすると元のサイズで表示します
ライナー


ブルー・チアー(日本盤LP)
帯無しながら、テラ安で入手。
クリックすると元のサイズで表示します
ジャケ表
クリックすると元のサイズで表示します
ジャケ裏に印刷されたライナー


VA/LIVE STIFF(CD)
ヤフオクにて、壮絶なる10円単位の
オーバービット合戦(笑)の末、入手。

オリジナルと日本盤LPは持っているのだが、CDだけは
今まで未入手だったもの。
権利関係の問題で、再発超困難状況なブツ。
多分、コステロとリヴィエラがその元凶と思われる(^^;)
スポンサーサイト



「12/25 on air list part.1」

1曲目は、クリスマスにちなんで、
ホワイト・ホスピタル/we wish you are merry x'mas
7'(1984)
但し、ノイズです。念の為(笑)。

で、以下は、
2007年 music freak out的ベスト・アルバム
それぞれの盤から、一部抜粋で曲を流しました。
曲目は省略させていただきました。

再発部門(2006年末分も含む)

the CLASH/SINGLES '77-'85(7'×19)
オリジナル・アナログ・シングル19枚を忠実に再現。
27年ぶりにリニューアル再発。
クリックすると元のサイズで表示します

The 13th Floor Elevators
/The Complete Elevators IA Singles Collection(7'×8)
テキサス・サイケ・バンドのアナログ・シングル8枚組。

john lennon-yoko ono/wedding album(箱ジャケ)
箱や多数のオマケ等を忠実に再現。よくぞここまで(笑)。
1枚モノなのに値段が高いのはそのせい。

MB/Evidences Volume 1 Final Industrial Music(5LP)
イタリアのノイズ・アーティストMBの、
過去のカセットテープ作品のLP再発。5枚組。
クリックすると元のサイズで表示します

VA/BROKEN FLAG Retrospective 1982-1985(5LP BOX)
ハーシュ・ノイズ、パワーエレクトロニクスの
名門レーベルに残された作品を編集LP化。5枚組
クリックすると元のサイズで表示します

peter ivers' band/knight of the blue communion
遂にボーナス・トラック入りで、正式CD再発。
アシッド・ブルース・サイケの名盤。
クリックすると元のサイズで表示します

zweistein/trip-flip out-meditation
ジャーマン・ロック史上、最もカルトで謎とされた、
ツヴァイシュタンの紙ジャケCD化。変形ジャケも忠実に再現。

マーブルシープ&ザ・ランダウン・サンズ・チルドレン
/Ancient wind(7')
マーブル・シープの最初期スタジオ録音作品の再発。
クリックすると元のサイズで表示します

trees/on the shore
英フォーク・ロックの名盤。
ボーナス・ディスク付の2枚組紙ジャケ。

ann briggs/the time has come(邦題・森の妖精)
女性・英トラッド・フォーク・シンガーの紙ジャケ再発。
この作品だけはトラッド色が薄く、フォークファンには人気盤。
クリックすると元のサイズで表示します

tudor lodge/tudor lodge(LP)
ユニバーサルからの一連のLP再発モノの1枚。
変形折畳みジャケをエンボス加工も含め、忠実再現。
紙ジャケCDも持ってるが、やっぱりLPサイズが良い。

nick drake/five leaves left(LP)
これも、ユニバーサルからの一連のLP再発モノの1枚。
3枚でたうちから代表して、これを1枚。

dino valente/dino valente
アシッド・フォークの名盤。クイック・シルバーの主謀者。
祝・ボーナス・トラック入り紙ジャケ再発。

cluster/curiosm
10数枚リリースされた一連のクラスター関係の紙ジャケ再発。
1枚代表して、ミニマル・テクノでジャケットも秀逸なこれを。


blue cheer/oh! pleasant hope
キチンとオリジナル・アルバム単位でのCD再発は、
以外にも今回が初。初期6作が紙ジャケ再発だが、
惜しむらくは1stのジャケがエンボス加工で無いこと。
ブルー・チアーのパブリック・イメージから
一番遠いこれが、実は一番面白かった。
クリックすると元のサイズで表示します

VA/GREASY TRUCKERS PARTY
マン、ブリンズリー、ホークウインドのライブが
収録されていたが、今回のCD再発の際に大量の
オリジナル未収録曲が投入された。
よくやった、リバティー。
クリックすると元のサイズで表示します

3/3(さんぶんのさん)
プレ・フリクションとも言える、貴重な作品。
まさか正式再発されるとは。シャドックスが海賊盤を
出した事がきっかけか?(笑)

奇形児/1982-1994
放送では規制に引っ掛かるので発表しなかったが、
今回、コンプリートでの全曲集再発。
日本パンクの大名盤。
クリックすると元のサイズで表示します

紙ジャケ、LP再発が多いのが今年の特徴。
肝心の音楽もそうなんだけど、プラケースCDだけじゃ、
もう満足出来ない(笑)

続きを読む

12/18 on air list

今年も恒例の、
music freak out的 2007年ベストアルバム発表。
あくまでも、自分が今年入手したモノが対象です。

それぞれの盤から、一部抜粋で曲を流しました。
曲目は省略させていただきました。


新譜部門

パンタ/CA CA
何らかの理由でアルバムには収録されなかった、
ライブ等では著名な曲を再レコーディングしたアルバム。
特にこの中の「melting pot」は、昔パンタ&ハルの演奏で
スタジオ録音され、NHK-FMでオンエアーされたにも
関わらずお蔵入り。
当時ソレを聞いて、次回作を楽しみにしていたのに
ガッカリした覚えがある。
クリックすると元のサイズで表示します


manuel gottsching/LIVE AT MT. FUJI
反復を中心とした、アンビエント・テクノ。
野外イベントでのライブを収録したアルバム。
富士裾野の野外でこの音はハマルかも。
現場で体験したかった。
クリックすると元のサイズで表示します


マーブル・シープ/リュウグウノツカイとルビーのバラ
前作よりも、曲自体の構成よりうねり感を重視した、
ヘビーでパワーアップされたサウンドが痛快。
クリックすると元のサイズで表示します


ミッキー・ギター・プロジェクト/フラワーズ
そのマーブル・シープのリーダー、松谷のソロ・プロジェクト。
とゆらゆら帝国のアルバム・エンジニアとしても知られる
中村宗一郎も参加。
マーブルのハードなサウンドと対比的な、アンビエントな
サウンド。空間に音が漂い、静かに溶け込んでいく。
クリックすると元のサイズで表示します


VIKKI JACKMAN/OF BEAUTY REMINISCING
andrew chalkの作品にも参加しているピアニストの
ソロ・アルバム。
ピアノとエレクトロニクスの静かに変化していく音の様が
心地よい。
アンビエントともいえるが、環境音楽と言うよりは
どうしても聞きこんでしまうほど、内容は濃密。
クリックすると元のサイズで表示します


WATA&朝生愛/SHE’S SO HEAVY(7')
WATAは北村昌士の「天使」を、朝生はking crimsonの
「islands」をそれぞれカバーした、カップリング7’。
クリックすると元のサイズで表示します


kevin ayers/the unfairground
実に15年ぶりのニュー・アルバム。
飄々としたサウンドの中にも、ケヴィンの深い歌心が聞ける。
クリックすると元のサイズで表示します


発掘音源部門

THE VELVET UNDERGROUND & NICO/UNRIPENED
海賊盤ではとっくに聞いてはいたが、公式にリリース。
セプター・スタジオで録音された、1stアルバムとは別テイク、
別ミックスの音源が収められている。
以前このアセテート盤がebayに出品され、
1000万円で落札された事件が有ったが、
恐らくその落札者が製作か?
クリックすると元のサイズで表示します


高柳昌行/涙(紙)
オムニバス・アルバム「幻野祭」では6分程に
編集されていた曲のこれは全長版。
観客の冷笑やヤジを強引にねじ伏せるる、
気迫のこもった渾身のフリー・ジャズが炸裂。
ただ、高柳氏のギターが引っ込み気味なミックスが残念。
クリックすると元のサイズで表示します


judee sill/live in london
昨今再評価も著しいジュディの、これはBBCに残された
ラジオ用の録音物。
まさか、ジュディのライブがこんなまとまって聞けるとは。
凛とした歌声が現代に蘇る。


vashti bunyan/some things just stick in your mind
35年の沈黙を破り、シーンに復帰したイギリスの歌姫の
これも驚愕の、1960年代の未発表曲を中心とした編集盤。
繊細で淡い色彩の歌声に聞き入る。
音質の悪さも補って余りある。


ザ・スターリン/STOP JAP NAKED
メジャー・デヴュー・アルバムは、発売直前にレコ倫から
歌詞にクレームが付き、多数の部分を修正した事は有名。
その修正前の歌詞のまま、再ミックスされリリースされた。
元の修正後を聞きなれているせいか、何か替え歌の様な
感じがする(笑)
クリックすると元のサイズで表示します


the pop group/idealists in distress from bristol
イギリスのポスト・パンクを代表するバンドの、
未発表ライブを中心としたアルバム。
その後のロックに多大な影響を及ぼしたグループの
貴重なドキュメント。
Recommend
プロフィール

music freak out

Author:music freak out
新潟県の燕三条FM「ラジオは~と」にて、
通常のFMではまず流れないであろう音楽の数々を
独自の選曲で15年間オンエアーされていた異色音楽番組「music freak out」の
ナビゲーターだった「ナゴヤ」のエッセイなど。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
最近のお勧め
amazon
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード