fc2ブログ

8/28 on air list

今週は、ノンテーマで。


富樫雅彦+佐藤允彦/カイロス-1(edit)
album-カイロス(2003 rec.1973)
富樫雅彦 8月22日心不全のため逝去。
正直な話、熱心なファンでは無かったが、
フリー・ジャズの名盤の数々で彼の名は
常に目にしていた。合掌。

少年少女合唱団みずうみ/アイヌの宝物
album-海や山の神様たち-ここでも今でもない話-(1975)
坂本龍一が作曲
山下達郎がコーラス・アレンジ
コンセプトが及川恒平(ex.六文銭)
子供向けと侮るなかれ。
ちなみに、スタジオで合唱団みずうみの子供達に
坂本は「ピアノの上手いお兄さん」
山下は「歌の上手いお兄さん」と呼ばれていた。
いや、確かに間違いでは無いが(笑)

anne briggs/wishing well
anne briggs/the time has come
album-the time has come(1971)
英トラッド・フォークの名盤の紙ジャケ再発。
最近は、ブリティッシュ・フォークと
言うだけで触手が動いてしまい、仕方が有りません(笑)。
そんな中、手にした一枚。心が潤います。

trees/murdoch(remix)
album-on the shore(2CD edition)(2007 rec.1970)
上記同じく、英フォーク・ロックの名盤。
ヒプノシスのジャケも印象的なアルバム。
今回は紙ジャケ+ボーナスディスク付きの
2枚組での再発。
旧規格CDを売払って買いなおしました。

the doors/get up and dance
album-full circle(1972)
ジム・モリソン亡き後、リリースされたアルバムから。
全盛期のドアーズを全く彷彿させない(笑)
ファンキーなナンバー。
ロシアでのみCD化。
最近、ドアーズのアルバムが紙ジャケ再発されたが、
やはり「other voices」とこの「full circle」は見送り。
悪くないんだけどなぁ。


david rosenboom/piano etude 1(alpha)
album-brainwave music 2006(2006 rec.1971)
人間の脳波を増幅&加工して作品に仕上げた怪作。
ピアノの旋律に反応して、アルファ波が旋律にシンクロ
していく曲(?)は、有る意味感動モノ(笑)

クリックすると元のサイズで表示します
anne briggs/the time has come
ブリティッシュ・フォークの珠玉。
祝・紙ジャケ再発。
ジャケットが良いんですよ、これが。
スポンサーサイト



8/21 on air list

毒をもって毒を制す。
暑い時は、暑苦しい音楽を(笑)
暑い日には、あつーーい番茶でしょう(^^;)


fela kuti/up side down
album-funkiest grooves vol.2(1993 rec.1976)
アフロ・ビート全開。ナイジェリアのファンク大王。
JBから影響を受け自ら昇華し、その後逆にJBがフェラから
影響を受けてしまった(本当)。

santana/soul sacrifice
album-santana legacy edition(2004 rec.1969)
ラテン・ロックとか、スーパー・ナチュラルでの
サンタナとは別物。
ジャム・バンドかワールド・ミュージックの先駆け。

miles davis/on the corner
album-on the corner(1972)
祝・BOX発売。
エレクトリック・ファンク・マイルス、ここに極まれり。

talking heads/born under punches(the heat goes on)
album-remain in light(1980)
エスニックをロックに取り入れた名盤。
B・イーノのプロデュース作。

public image limited/under the house
album-flowers of romance(1981)
ベースのウォブルが抜け、低音部が無くなった事を逆手に取り、
パーカッションやリズムを強調しながらも、
全く踊れないエスニック・サウンドを確立。
メタル・ボックスと又別の地平の音楽。



クリックすると元のサイズで表示します
fela kuti/album-funkiest grooves vol.2
フェラ・クティのダンサンブルなナンバーを集めたベスト盤。
て言っても、曲が長いので5曲しか入ってませんが(笑)

「お知らせ」


ラジオ局のお盆進行につき、
8月14日(火)のmusic freak outは
放送休止になります。

次回放送は8月21日です。
Recommend
プロフィール

music freak out

Author:music freak out
新潟県の燕三条FM「ラジオは~と」にて、
通常のFMではまず流れないであろう音楽の数々を
独自の選曲で15年間オンエアーされていた異色音楽番組「music freak out」の
ナビゲーターだった「ナゴヤ」のエッセイなど。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
最近のお勧め
amazon
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード