ザ・ロッカーズ 全シングル+α 今日のシングル盤

「今日のシングル盤」

手持ちのアナログ・シングルを少しづつ公開。

ザ・ロッカーズ 全シングル+α

黒い眼をしてU.S.A./ショック・ゲーム(キャニオン 7A0027)(1980)
プライベートタイム/シャープシューズでケリ上げろ!(キャニオン 7A0052)(1981)
涙のモーターウェイ/TVエンジェル(キャニオン 7A0097)(1981)
冷たくしないで/クレイジーラブ(キャニオン PR-35)(1981) ※プロモ盤
陣内孝則/視界ゼロの女、バトルロッカーズ/セルナンバー8(キャニオン 7A0158)(1982)
陣内孝則 自動車ショー歌/D.D. Rock'n'Roll(キャニオン 7A0260)(1982)
陣内孝則 バージン狩り/ジルバエブリディ(キャニオン 7A0227)(1983)
P1000155.jpg

陣内孝則がボーカルを勤めた「ザ・ロッカーズ」。
ただ、ファンは「エロッカーズ」とも呼んでいた。(バンドロゴを参照)
スピード感溢れる演奏は大好きだったが、
まぁ楽曲は「リスペクト」なものばかりで、
元ネタがすぐに判る物ばかりなのは微笑ましいが(笑)。
バンド自体は短命に終わり、陣内はソロ活動を経て現在は役者としての知名度が高い。

「冷たくしないで」はアルバム「ハンキー・パンキー」のプロモ盤で市販はされていないが、
見開きジャケットに記載されたバイオ、収録曲資料、評論家コメントなどが意外と充実。

で、このシングルの中で一番を上げると、
映画「爆裂都市」のテーマ曲「視界ゼロの女(マチ)」かなー。
すっげー聴いたもんな。

「黒い眼をしてU.S.A.」と「シャープシューズでケリ上げろ!」はオリジナル・アルバム未収録。
「涙のモーターウェイ」はシングル・バージョン。
陣内のソロ「D.D. Rock'n'Roll」はオリジナル・アルバム未収録。
「自動車ショー歌」は小林旭のカバー。
スポンサーサイト

テーマ : 本日のCD・レコード
ジャンル : 音楽

ザ・ルースターズ 全7'シングル+α 今日のシングル盤

「今日のシングル盤」

手持ちのアナログ・シングルを少しづつ公開。

ザ・ルースターズ 全7'シングル+α

ロージー/恋をしようよ(コロムビア AK-747-AX)(1980)
どうしようもない恋の唄/ヘイ・ガール(コロムビア AH-11-AX)(1981)
ワン・モア・キッス/ディスサティスファクション(コロムビア AH-55-AX)(1981)
ガール・フレンド/ワイプ・アウト~テルスター(コロムビア AH-80-AX)(1981)
レッツ・ロック/ゲット・エヴリシング(コロムビア AH-104-AX)(1982)
THE AIR/DESIRE(コロムビア AH302)(1983)
SAD SONG/HEART'S EDGE(コロムビア AH-401)(1984)
BURNING BLUE/STRANGE LIFE(コロムビア AH-862)(1987)
再現できないジグソウ・パズル/LADY COOL(コロムビア TD-1180)(1988)※プロモ盤
P1000153.jpg

デビューから解散まで、様々な音楽性に変化を遂げたルースターズ。
初期のビート・パンク、中期のネオ・サイケ、後期のギター・バンドと、
どの時期のサウンドも自分にとっては興味を惹きつけてくれた。
その彼等の全7'シングルとプロモ盤1枚。
残念なのが「レッツ・ロック」は初回の回収されたバージョンではない事。
確かプロモ盤を除くほぼ全部は、レコード店で「取り寄せ」購入したもの。
その中でもあの石丸電気でも店頭在庫が無かったのが、
当時のルースターズの一般的知名度を物語っている(苦笑)。

最近、これらのルースターズの7'シングルが再発されたが、
先日上京の際に現物を見たのだが、
ジャケ写がオリジナルからコピーしたような感じで残念な出来。
まぁ、オリジナルのフィルムとか無いんだろうなー。

「ロージー」はアルバム・テイクのイントロをエディットしたショート・バージョン。
「どうしようもない恋の唄/ヘイ・ガール」は共にオリジナル・アルバム未収録。
「ワン・モア・キッス」はエディット・バージョン。
「ガール・フレンド」はシングル・バージョン、「ワイプ・アウト~テルスター」のメドレーは
オリジナル・アルバム未収録。
「レッツ・ロック/ゲット・エヴリシング」はアルバム「インセイン」収録曲の日本語バージョン。
なお「レッツ・ロック」は1stバージョンは「ノータリ●」と「キ●ガイ」の歌詞が問題になって、
歌詞を修正した2ndバージョンに差し替えられた。
「SAD SONG/HEART'S EDGE」は共にアルバム・バージョンとは別MIX。

テーマ : 本日のCD・レコード
ジャンル : 音楽

リアル/KIDS 今日のシングル盤

「今日のシングル盤」

手持ちのアナログ・シングルを少しづつ公開。

リアル/KIDS (ADK ADK-20E)(1984)
P1000137.jpgP1000138.jpg

政治的なメッセージが強い曲を歌い続けた、
吉田シゲオ率いるリアルのADKからリリースされた彼等の4作目。
これ以前のリアルの作品と異なり、ストレートに「パンク」なサウンド。
ただ、TAMのミックスがちょっとなー。
ささくれ立ってシャリシャリしたギターは良いんだけど、
ボーカルがオフ気味なのが残念。
ただ、リアルの作品の中では一番熱心に聴いた一枚かも。

テーマ : 本日のCD・レコード
ジャンル : 音楽

R.U.G./DEATHLY FIGHTER 今日のシングル盤

「今日のシングル盤」

手持ちのアナログ・シングルを少しづつ公開。

R.U.G./DEATHLY FIGHTER(DOGMA DOG-3)(1984)
P1000139.jpgP1000140.jpg

ギズムのギタリスト、ランディ内田のソロ・プロジェクト
「RUG(RANDY UCHIDA GROUP)」の唯一の作品であり、
まぁ、ギズム関連では黒歴史と言って良い内容(苦笑)。
シティー・ロッカーの別レーベルであるドグマからのリリース
曲もジャケ写も、まんまへヴィー・メタルなのはいいとしても、
高音部になると苦しそうに歌う&歌えていないボーカルは、
当時聴いて色んな意味でビックリした。
このテイクでよくOK出したナーとか。
確かこれ、リリースが遅れに遅れまくってたヤツで、
「もう、これで出しちゃえ」ってなったのかなー、とか勘ぐったりもした。
あと、当初の予定通り奇形児のヤスさんがボーカルを務めていたら、
どんなものに仕上がったのだろうと思うと、それは残念でならない。

テーマ : 本日のCD・レコード
ジャンル : 音楽

YORAN/montparnasse 今日のシングル盤

「今日のシングル盤」

手持ちのアナログ・シングルを少しづつ公開。

YORAN/montparnasse(アンバランス UN-02)(1981)
P1000146.jpgP1000147.jpg

初期ラフィン・ノーズでベーシストとして参加し、
現在は「YOJI BIOMEHANIKA」でDJ活動しているYORANの、
アンバランスからリリースされた作品。
同じラフィンのチャーミーもアンバランスから出していたし、
この辺は何らかの繋がりが有ったのかもしれない。
内容はヨーロッパ映画のサントラのような、現実感の乏しい幻想的なサウンド。
当時は正直ピンと来なかったが、今だったらもっと長い尺で聴いてみたい。

で、チャーミーもヨーランも何故、このアンバランスからの作品から
ハードコア・パンクに向かったのか、よく判らない(笑)。

テーマ : 本日のCD・レコード
ジャンル : 音楽

YOU/OUT 今日のシングル盤

「今日のシングル盤」

手持ちのアナログ・シングルを少しづつ公開。

YOU/OUT(アンバランス GOS-8101)(1980)
P1000148.jpgP1000149.jpg
P1000150.jpgP1000151.jpg

関西アンダーグラウンド・シーンの重鎮、故・林直人氏が興した
アンバランス・レコードからの第一弾のリリースで、現・ラフィン・ノーズのチャーミーの作品。
内容はというと、まぁフリーキーで神経質なフリー・アヴァンギャルドなサウンドだが、
でも何かとっちらかった印象で余り面白くは無い、と断言しておく(苦笑)。
まぁ、このシングル盤は存在自体が重要かつ貴重であると。
後にアルケミーに繋がる、インディーズ超黎明期の重要なレーベルの、って事で。
50枚限定でナンバー入り。自分のは25番。
これはモダーンミュージックで中古で入手。

テーマ : 本日のCD・レコード
ジャンル : 音楽

ゆらゆら帝国/発光体 今日のシングル盤

「今日のシングル盤」

手持ちのアナログ・シングルを少しづつ公開。

ゆらゆら帝国/発光体(ミディ CXLP-1014)(1998)

P1000144.jpgP1000145.jpg

ゆら帝のメジャー・デビュー・シングル。
前作であるキャプテントリップからのアルバム「アー・ユーラ?」は
音の隙間の多いガレージ・パンク、又はテキサス・サイケなサウンドで、
結構お気に入りだったのが、これはグランジ、オルタナ色が強まって
轟音で攻めてきたので、驚いた記憶がある。
まぁ、そっちの路線の方が「判り易い」のは確かだとは思うが、
あの「スッカスカ」感が懐かしく思う今日この頃。

収録CD

テーマ : 本日のCD・レコード
ジャンル : 音楽

休みの国/追放の歌 今日のシングル盤

「今日のシングル盤」

手持ちのアナログ・シングルを少しづつ公開。

休みの国/追放の歌(URC URS-0018)(1969)
P1000142.jpgP1000143.jpg

日本ロック史の中でも特異な位置に屹立し、
そのユニークな音楽性は今なお色褪せない。
その休みの国の唯一のシングル盤。
(注・「クオーター」は高橋照幸名義)

シニカルかつコミカルなカイゾクの詩世界は、
絵画を見てるようでもあり、鋭い風刺も含む。
「追放の歌」での世界観が引っくり返った後の虚脱感の描写を
寓話のように語る様は他に類を見ない。
B面は「楽しいさすらい人」だが、長い間此方の方をA面と思っていた。
まぁ、事実そう記してある記事も見たので自分だけの責任ではない(苦笑)

その「休みの国」そのものである「カイゾク」こと高橋照幸氏は、
2016年2月に逝去。

収録CD

テーマ : 本日のCD・レコード
ジャンル : 音楽

メスカリン・ドライブ/OH! BOY 今日のシングル盤

「今日のシングル盤」

手持ちのアナログ・シングルを少しづつ公開。

メスカリン・ドライブ/OH! BOY(MESCALINE DRIVE SP-01)(1987)
P1000076-(2).jpgP1000077-(2).jpgP1000078-(2).jpg

後にニューエスト・モデルと合流してソウルフラワー・ユニオンになる、
メスカリン・ドライブの1stソノシート。
ガレージ・パンク一直線の頃の作品だが、帰国子女である内海洋子の
ネイティブでドスの聴いた英語ボーカルには圧倒された。
ただ1988年に見たライブだと、バックの音がやや貧弱だったのを思い出す。
メスカリン後期には日本語詩の歌が殆どになったけど、
初期のパンク時代の作品にはやっぱり愛着がある。

収録CD

テーマ : 本日のCD・レコード
ジャンル : 音楽

ムーンライダーズ/彼女について知っている二・三の事柄 今日のシングル盤

「今日のシングル盤」

手持ちのアナログ・シングルを少しづつ公開。

ムーンライダーズ/彼女について知っている二・三の事柄(クラウン OPL-102)(1980)
P1000079-(2).jpgP1000080-(2).jpg

アルバム「カメラ=万年筆」からのシングル・カット。
ニューウェイブ色がメチャクチャ濃い時代の作品。
ムーンライダーズはそんな多く聴いている訳では無いけど、
このポップでアバンギャルドな感覚は、ムーンライダーズに限らず、
大好物だったなー。
1980年初頭にこれがOKで、「マニアマニエラ」がNGだった理由はよく判らない。
B面の「地下水道」はA面のダブ・ヴァージョンで、オリジナル・アルバム未収録。
B面にダブってとこでもニューウェイブ感満載。

A面収録CD

テーマ : 本日のCD・レコード
ジャンル : 音楽

Recommend
プロフィール

music freak out

Author:music freak out
新潟県の燕三条FM「ラジオは~と」にて、通常のFMではまず流れないであろう音楽の数々を独自の選曲で15年間オンエアーされていた異色音楽番組「music freak out」のナビゲーターだった「ナゴヤ」のエッセイなど。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
最近のお勧め
amazon
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード