FC2ブログ

「向島ゆり子/SOLO」 2020年の入手モノ

2020年に入手したレコードやCDなど

向島ゆり子/SOLO(裏窓 URA-002)(LP)(新品)
P1000654.jpg

向島ゆり子と言えば自分らの世代では
ピナコテカからアルバムを出していた「パンゴ」の時の菅波ゆり子の方が実はしっくりくる。
ご本人にしてみれが甚だご迷惑とは思うが(苦笑)。
今年3月に新宿のライブハウス裏窓からLPのみでリリースされたソロアルバムだが、
こちらとしては喜び勇んで購入した訳だけど、なんとわずか10日で完売したとのこと。
100枚限定とはいえ恐るべし向島ゆり子。

P1000656.jpg

攻撃的なバイオリン、
フリージャズなピアノ、
センチメンタルな旋律を奏でるピアノ、
時折現れるボイス(歌ではない)、
ダビング一切なしの完全生楽器ソロ。
どれもこれも手を止めスピーカーに対峙して聞き入ってしまう。
音数は少ないがそれ以上の豊かさを感じてしまう。
奏でられる全ての音が美しい。

100枚限定なのは惜しい。もっと多くの人の耳に届くべき、
って思ってたらデジタル配信を始めたとのこと。
https://uramado.bandcamp.com/album/mukoujima-yuriko-solo

P1000655 (1)

テーマ : 本日のCD・レコード
ジャンル : 音楽

「ザ・スターリン/trash*」 2020年の入手モノ

2020年に入手したレコードやCDなど。

ザ・スターリン/trash*(POLITICAL MIG2506L)(LP)(新品)
P1000639.jpg
P1000640.jpg

今年リリースされた再発モノの中で、間違いなく「事件」級の1枚。
「都市通信」の時も同じことを書いたけど、紛れもない事実。
日本パンクの金字塔でありながら、約40年の間1度も再発されなかった(海賊盤は勿論除く)。
今回の再発は限定LPとCDの2種だったがどちらも入手。
実はLPは一度入手し損なったのだが、
幸運も手伝って某サイトに再入荷の報を見つけて購入できた。
ああ、良かったw

自分は1981年に、店名は失念したが確か新宿のレコード店で、
オリジナル盤の新品をリアルタイムで購入した。
当初は1000枚限定だったのが追加プレスされ2000枚になった。
そのため、速攻完売とはならず暫くは店頭で見かけたが、やはりほどなく売り切れ。
その後のこのアルバムの評価などについては言うまでのない。

メジャー盤の「ストップ・ジャップ」より、自分はこの「trash」を愛聴してきた。
スタジオ録音のA面の生々しい音質やLIVEのB面の混沌としていく様も。
何百回聞いたか判らない。全曲一緒に歌える(笑)。

ただ、今回の再発に関してはネット上でも公表されたように、
「遠藤ミチロウ」の存在が大きく関わっている。
つまり、自分の手元にこの再発LPが有るという事は、
あの時以来故意に避け続けてきた事実を、
ミチロウさんが「居ない」という事を、嫌でも受け入れなくてはならない。
そんな複雑な思いのアルバムでもある。

ちなみにオリジナルとの差異は、ジャケ裏のバーコードとジャスラックと値段表記と型番。
ジャスラックのロゴ、個人的感想ですがデザイン的にちょっと無粋すかねー(苦笑)。
P1000642.jpg
P1000638.jpg

あと表ジャケの宮西計三さんのイラストが、恐らくは大元の版下がなくLPジャケからのコピーだったのか、
再発の方は線がボケているのが少し残....いや、マニアの戯言と聞き流してください。
それから、オリジナルと再発盤LPやCDとの音の違いは余り感じられず、
過剰なリマスターは施されていない様だ。
元の生々しい音質が好きだったので変にドンシャリになってたらどうしようと思っていたが
そこは流石いぬん堂さんの仕事の丁寧さ。

再発CDも加えて、trash3兄弟で一応記念写真。
P1000644.jpg

テーマ : 本日のCD・レコード
ジャンル : 音楽

「リザード/バビロン・ロッカー」2020年の入手モノ

2020年に入手したレコードやCDなど

リザード/バビロン・ロッカー (キング K26P-28)(LP)(中古)
P1000562.jpg

モモヨ率いるリザードのメジャー2作目。
実は以前所有していたが金欠で手放してしまっていたヤツの買い直し。
ホント、ここ数年は買い直し案件が多いなー。

1stよりポップさが増した感じかなーと。
昔はもっと「パンク」的な過激さを期待してたので、
テクノ寄りのサウンドが今一つ自分には馴染めなかったのを思い出す。
今回聞き直したら全然OKだったので、昔のオレは何してたんかなーって感じ(苦笑)。
ジャケが単調なのはちょっと残念。
P1000563.jpg

CDも欲しくなった。

テーマ : 本日のCD・レコード
ジャンル : 音楽

「クレア/パレット」 2020年の入手モノ

2020年に入手したレコードやCDなど。

クレア/パレット(ソニー・ミュージック DQJL-7110)(LP)(新品)
P1000566.jpg
P1000567.jpg

クレア(Qlair)と言えば、1990年代に存在した、
乙女塾出身の3人組女性アイドル・グループ、
って覚えてる人は今どれだけいるのだろうか。

ただその楽曲のクオリティの高さは当時話題になっていて、
コーラスを多用したヴォーカル構成も相まって、
まぁファンになった訳ですね、自分。
ファンクラブにも入ってライブも何度も見に行って。
しかし、まぁ、早い話が売れなかった訳で、
1993年に突如、ホントに予告とか殆ど無しで、解散してしまった。

そんなクレアの活動当時にリリースされた唯一のベスト・アルバムが、
どういう理由かは知らないが、突然のアナログ化。(但し、通販限定)
クレア/パレット 通販サイト
過去の彼女らの音楽作品は全てCDだったので、アナログ化は自分にとっては嬉しい限りなのだが、
はたして需要有るのか?という心配もよそに、順調な売れ行きらしい。
この2020年にもなって、こんなリリースは想像してなかった。
P1000568.jpg
(左から順に、LP、LP付属の歌詞カード、CD。大中小とジャケ3兄弟(笑))

今聞き直しても良い曲ばっかりだなーと思う。
また昔のアルバムとか映像とか引っ張りだしてきてしまった。

テーマ : 本日のCD・レコード
ジャンル : 音楽

「White Heaven/Out」2020年の入手モノ

2020年に入手したレコードやCDなど。

White Heaven/Out(BLACK EDITIONS BE-005/011)(LP)(新品)
P1000593.jpg

極東サイケデリアの雄、ホワイト・ヘヴンの1stアルバムが
USのBlack Editionsから再発されたので、オリジナルもCDも持ってるけどやっぱり購入。
Web Shop限定のゴールド盤と通常の黒盤も併せて入手。
まぁ、悲しき性っすね(苦笑)。
P1000592.jpg
※目にも鮮やかな金色

この1stは、ギタリスト「栗原ミチオ」を世界に知らしめた盤なのは異論が無いとは思う。
これ以前はライブに通うか極少数のカセットでしかクリさんのギターは体験出来なかったのだから。

で、今回はリマスターがとんでもない事になっている。
オリジナルは高音がカットされかなり籠ってくぐもった音質であり、
まぁそれが1960年代当時のサイケデリック・ロックの雰囲気を表しているとも言えるが、
やっぱり物足りなく聞いていたのは事実。
で、今回の中村宗一郎氏によるリマスターなのだが、
ゲインを持ち上げるとともにギターが超前面に出る仕上がり。
ハードな曲ではうるさいほど暴れまわっていて、
スローな曲ではその繊細さがより伝わってくる。
オリジナル盤とは異なる感想を持った、つか、もうオレ好み(笑)。
P1000597.jpg
※オリジナルには無かったインナーが今回封入。

あと余談ではあるが、以前リリースされていたCD版の「My Cold Dimention」は、
オリジナル&BE盤とはミックスが異なる(ギターの定位などが違う)ので、CDも手放せなくなった。

昔、クリさんに聞いたことがあるが、彼がお手本としたギタリストはCANのミカエル・カローリとのこと。
いわれると納得できる部分がいっぱいあった。

で、石原さんのボーカルにはここまで触れていなかったのだが、
正直なことをいうと、このアルバムでの歌い方は好きではないのだ(苦笑)。
今はもちろん違うけど(フォローになってるか?)。

P1000594.jpg
※オリジナル発売時のチラシ


テーマ : 本日のCD・レコード
ジャンル : 音楽

Recommend
プロフィール

music freak out

Author:music freak out
新潟県の燕三条FM「ラジオは~と」にて、
通常のFMではまず流れないであろう音楽の数々を
独自の選曲で15年間オンエアーされていた異色音楽番組「music freak out」の
ナビゲーターだった「ナゴヤ」のエッセイなど。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
最近のお勧め
amazon
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード