浜田真理子 真夏の唄会十日町 千年の森ホール

8月6日十日町千年の森ホールで、浜田真理子さんのLIVEを鑑賞。

当日は仕事でギリギリまで行けるか判らなかったけど、
何とか仕事を終わらせ駆けつけ、開演5分前で到着できてセーフ。
img012_201708071835511d0.jpg
真理子さんのLIVEは十日町では今回で4回目の開催で、
自分は何だかんだ言って皆勤だったりする。

NEWアルバムにも参加した檜山学さんがアコーディオンで参加。
演奏に彩りを加える。

この日演奏した曲は画像のセットリストを参照してもらうとして、
おそよ半分がカバー。
ただ、真理子さんのカバー曲の自己消化能力は頭抜けて尋常では無いので、
オリジナルとの混じり具合には、全く違和感は無い。
ただこれ、だからといって全部カバーでとなると、それはまた違う話。
共に曲が引き立て合うから面白いのであって。
DGmA1MjUQAA7ELH_20170807183550342.jpg

あと特筆すべきは、8月6日という日にちなんで演奏された
美空ひばりのカバー「一本の鉛筆」で、
多くを語る歌詞では無いが、それ故、静かに深く染みた。
同じ日、広島での平和記念式典で
核兵器禁止条約に一切触れなかった安倍首相と実に対比がくっきりとしたと思う。

アンコールでは、前日「絵本と木の実の美術館」の為に十日町を訪れていた
おおたか静流さんが「東北」で競演。
「夕凪の砂浜で 声を枯らして歌ったね
会いたくて 会いたくて 名前を呼びつづける」
の歌詞で不覚にも胸が詰まる。

遠路向かった甲斐のあるLIVEであった事は言うまでもないが、
やはり天邪鬼な自分としてはもっと尖って破綻した(良い意味で)
ものも見てみたいなーとか思ったりする。

追記
興味深いリリース予定をご本人から聞いた。出たら絶対買う。
まだ詳しくは内緒だそうです。

物販会場でポータブル・プレーヤーがNEWアルバムを鳴らしているの図
P1000005_2017080718355197f.jpg
スポンサーサイト

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

「ANTI MUSIC LIVE IN JUNE」ライブ・レポート

「ANTI MUSIC LIVE IN JUNE」

6/20夜、新潟市NEXT21アトリウムでは2回目となる
「ANTI MUSIC」主催のライブを観に行った。

19399061_1886052804995617_5.jpg

出演は鎌田悠くんと能勢山陽生さん。
それぞれ交互に2セットづつ演奏。
このスペースでの演奏は、
吹き抜けの空間が独特の音を響かせてくれる。

P1000680.jpg

悠くんの1stセットの演奏は、
塚本幼稚園園児の例の選手宣誓音声(安保法制国会通過よかったです)を
コラージュしたもの。
カセットテープ音源を変調したり速度を変化させたり、
徐々にノイズまみれに加工していく様は、彼なりの政治的メッセージの濃い表現。
比較的単純な機材セッティングなんだけど、低周波から高周波まで巧みに操る様は、
やっぱり悠くんの才能のなせる業かなーと。

P1000684.jpg


能勢山さんのこの日の演奏は、
2月のアトリウム、4月の砂丘館の何れとも異なったアプローチ。
1stセットではアンビエント色が強く、ギターサウンドとは思えない
エレクトロニクスでの演奏かと思わせる音加工で、
非常に穏やかな印象を持った。
対して2ndセットではボーイングでの演奏で、
(自分は初めて聞いたが以前に使用した事が有るとの事)、
初期ディーゼルを思わせるハーシュ・ノイズな演奏。
10分程で終わったけど、個人的にはもっと聴きたかった。
今はドローンを超えた、色々な可能性を試している段階かも。

P1000685.jpg

うーん、こんな濃密な内容なんだからもっとお客さん集まると
良いんだけどなー。

次回は8月か9月の予定らしい。





テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

「ANTI MUSIC WINTER LIVE」

2/21夜、新潟市NEXT21の1階アトリウムにて「ANTI MUSIC WINTER LIVE」を見にいった。
福島諭さんと能勢山陽生さんがそれぞれ交互に2セットづつ演奏。
吹き抜けの空間の響きが、まず非常に心地良かった。
が、途中で暖房が切られたため、かなり寒い状態での鑑賞は、ややきつかった(苦笑)。

福島さんの演奏は、電子音に加工した生楽器の音を取り入れたりと、
以前は無機質な電子音が多かったが、最近は現代音楽的なクラシカルな雰囲気が強く出ている。
昨年リリースされたソロ・アルバムはそれが顕著に現れている。

能勢山さんは、1stセットは奏でる音のアプローチを様々に変え、ドローンから離れた音。
2ndセットは本来得意とされるドローン演奏に加え、時折激しいノイジーな音塊をぶつけていた。

両者とも、以前の演奏イメージから違ったアプローチを試しているのが興味深かった。
能勢山さんは4月に新譜(LP)と、過去のカセット作品がCD化され、
art into lifeよりリリースされるという。
早速、ご本人に予約した(笑)。

P1000428.jpgP1000431.jpg
P1000429.jpgP1000432.jpg


三条八幡宮 秋季祭礼

三条八幡宮 秋季祭礼

今日の三条新聞の記事写真に小さく写りこんでた(笑)。
9/14、9/15と八幡宮で秋の実りを祝う祭礼に行ってきた。
P1000335-(3).jpg

今年春の「太々神楽奉奏」でも書いたが、もっと人が集まっていいんだけどなぁ...。
P1000341-(2).jpg
P1000345-(2).jpg

神々の功績を称え、平穏な自然と作物の豊穣を祝い、悪を払い幸福を祈願する、
そんな舞いを見ながら、また福島を思った。

改めて書くが、明らかな人為的な過ちによって
その「作物の豊穣を祝う」ことも出来なくさせられた原発事故。
「電源消失など有り得ない」として、結果事故を誘引した自民党と
東電にこの舞いを見せたい。
あんたらが「福島」の「祝い」を無くしたんだ。

三条祭 太々神楽奉奏

今年の三条祭は、好天と週末に重なった事と好天に恵まれた事もあって、
大名行列、舞い込み、屋台などに凄まじい(笑)人が繰り出した。

で、今日は「太々神楽奉奏」が有り、仕事も休勤だった事もあり見にいったのだが、
こちらは例年通りの約30~40人程の見物人。
うーん、何で?(悲)
自分はこちらの方が面白く、いつも目当てなのに。
もっと広報次第では多くの人を見込めると思うのになー。
P1000267.jpg


「五穀撒」ではお菓子類を撒くのだが、少ない子供たちを見ると残念な気持ちになる。
P1000264.jpg

神々の功績を称え、平穏な自然と作物の豊穣を祈り、悪を払い幸福を祈願する、
そんな舞いを見物しながら、福島を思った。
自然の猛威によってその豊潤も叶わない事もあるが、
明らかな人為的な過ちによってその「作物の豊穣を祈る」ことも出来なくさせられた、原発事故。
「電源消失など有り得ない」として、結果事故を誘引した(暴論だが敢えて言っとく)某首相にこそ、
この祈りを見せたい。
貴方が、「福島」の「祈り」すら出来なくしたんだよ。
P1000260.jpg

4/5 能勢山陽生、宮本尚晃 ライヴ・レビュー

4/5新潟市内「砂丘館 蔵」にて、能勢山陽生(ex.ディーゼル・ギター)、宮本尚晃のライブを見た。
能勢山陽生の演奏を聴くのはおよそ3年振り。
e0ee465e063746c0c1c720574bb.jpg
彼のLIVEは平日開催が多く、三条市内に住んでいるので退勤後に直行したとしても、
会場に到着する頃は終演だったりと(退勤時間が読めないので尚更)、ここ数年は足が遠のいていた。
昨年末より労働環境が変わり、平日の遠方のLIVEにも仕事が終わってから
余裕をもって行ける様になったので今回参加することができたのだが、
目当ての能勢山氏の音は以前とは大きく異なっていた。

当日は、能勢山、宮本、両氏が交互に2セットづつ演奏。

2人とも演奏スタイル自体は似通っていて、
ガラス瓶やボトルネックなどを使い、ギター弦に触れる微細な感覚を操りフィードバックを紡ぎ出すが、
奏でる音は2人とも勿論異なっていた。

宮本の演奏は、ボトルネックを当てる位置はネック12フレットに固定し、擦り具合や押さえつけの微細によって
出てくる音は時折管楽器やピアノのそれに似た響きのようにも聞こえた。
不協和音では無かったので恐らくオープン・チューニングをしてあったと思われるのだが、
やや控えめな音量ではあるが繊細な音の粒子が会場を漂っていた。

そして能勢山の演奏。
いつもの様にガラス瓶を用いて弦に当てる具合で音を、こちらは大音量で会場内に蔓延させる。
いつもと違っていたのは、以前の芳醇に細かく砕かれた音ではなく、
一音一音を聞かせるような粒のハッキリした音を響かせていた。
一音が判りやすいため、人によっては不協和音に聞こえてしまうのだろうが、
その何かに溶け込む事を拒むような音は、新鮮にも聞こえた。

終演後に能勢山氏に尋ねたところ、やはりその点を意識して演奏を変化させているとの事。
まだ少し未消化な部分も感じられたのだが、今後の展開に大いに期待したい。


能勢山陽生/風の器

999.jpg
宮本尚晃/眼の戯れ

27年振りの京都探訪とヴァシュティ・バニヤンのライヴ

27年振りの京都探訪とヴァシュティ・バニヤンのライヴ

P1000008---コピー
9月22日に京都教育文化センターでヴァシュティ・バニヤンのライブが行われる、
という事で実に27年振りに京都まで赴いた。
京都に訪れるのは、1988年夏にマーブル・シープのローディーで来たとき以来。

前日の夜行バスで22日早朝に京都到着。朝食は知人から教えていただいた
著名なラーメン店で取る。しかし朝5時から開店してるラーメン店って。
しかもこんな早朝に30人ほど行列が出来てたし(苦笑)。
P1000003---コピー

空腹を満たしたあと、駅前のネットカフェで仮眠を取り体調を整え、
夕方の公演までは事前にチェックした京都市内のしたレコード店廻りを敢行。
meditations、パララックス、タワー・レコード、ジェット・セット、100000tアローントコ、
happy jack、ポコ・ア・ポコなどに立ち寄る。

途中、昼食はMr薀蓄氏から紹介してもらった京極の鰻屋「かねよ」でうな丼。
P1000004---コピー

しかし、今回レコード店を廻るも、購入は1枚も無し。
あくまで個人的な思いなのだが、どのお店もジャンルが多すぎて(あくまで個人の感想です
)焦点がボケて見えてしまって、なんかこう「ガーッ」とエサ箱に向かう気合が乗らなかったというか、
もっと特化先鋭された品揃えの店しかもう反応できなのかも、俺、とか思ってしまった。
そして購買意欲も明らかに低下している気もする。
ただ、あくまで自分自身の気持ちの問題なのでお店側には何ら問題も無いので、一応念の為。

以前に京都に来た時は、マーブル・シープに付き添って京都CGCBでのライブと
河原町河川敷でのストリートライブ。
宿はレニングラード・ブルース・マシーンの田畑氏の自宅だったりしたので、
今回のように京都の街中を探索するという事はのは、たぶん高校の修学旅行以降無かったかも。
おまけに京都の交通事情に慣れていないため、バスや地下鉄や電車などの利用方法が把握出来ず、
またレコ屋の位置確認も不慣れなため、結構な距離を徒歩で移動してしまい、
帰宅後は足の筋肉痛に悩まされた。
あと、長年に渡り自分の脳内でイメージされていた京都駅の風景が、
実は駅前の京都タワーとすり替えられてた事が今回判明。ずーと京都タワーの
ぼんやりと記憶された概観を京都駅と勘違いしていた。
人の記憶ってやっぱり曖昧なんだなーと実感。
P1000002---コピー
この京都駅を
P1000007---コピー
これだと思っていた(苦笑)。


さて、今回の京都訪問の本来の理由。
ヴァシュティ・バニヤン公演。
説明は不要だとは思うが、彼女は英国フォーク界の伝説の歌姫。
1970年にリリースされた1stアルバム以降音楽シーンから遠ざかっていたが、

2005年にアルバム「ルックアフタリング」で復帰。
その変わらぬ歌声はフォーク・ファンは元より、
サイケ・ファン、プログレ・ファンからも歓迎された。(多分)

来日は2度目になるのだが、前回は公演が平日と言う事もあって
見に行く事ができず涙を飲んだのだが、今回の公演のうち京都がシルバー・ウィークの中日。
これを見逃すときっと死ぬまで後悔すると思いチケットを購入すると、自分の思いが伝わったのか、
まさかの最前列やや左寄り(と言うかステージ並びでいうとヴァシュティ寄り)を入手。
もうそれからずっとバシュティに思いを馳せていた訳だが。

少し道に迷ったあと会場に付き、座席に着こうとしたらトラブル発生。
自分の席に誰かの私物が置かれていた。
隣の席の人が「ちょっと」置いた様な状態では無いのは明らかだった。
まさか席の2重発行?とスタッフの人に確認を取ってもらう。開演10分前になってようやく、
私物を置いてた外国人が席を間違えてたことがわかる。
しかし、その間違えてた席ってのがずーっと後ろの席。
どうしたら最前列と間違うのか?という、とんでもないレベルの勘違いにしばし唖然。


そしてまもなく演奏が始まったのだが、ステージ上は非常にささやかな照明と簡易なセット。
セピア色の電球型の照明がステージ上で仄かに点滅する。
サポート・メンバーは、「Heartleap」にも参加しているギャレス・ディクソン。
共にアコースティック・ギターを演奏し、よくありがちの「ストローク」演奏はほぼ無し。
2人が爪弾くアルペジオや単音のギター響きとヴァシュティのあの消え入りそうな、
それでいて優しく穏やかで存在感のある、1970年の昔と2015年の今と
殆ど変わる事のないヴァシュティの歌声。
セピアの照明とそんな音に浸っていられるだけで幸せに思えてくる。
ほぼ一曲ごとに次やる曲のエピソードを交える。
「これは当時のボーイフレンドとのトラブルを歌った曲」とのコメントで会場から笑いが起こる。
今でも充分若い世代をも魅了してるであろう彼女の歌声は、
最初からその古びない普遍性を持っていたのだと思う。
その声質とメロディは、やはり自分を魅了して止まないと再認識
約1時間強の、やや短めのライブだったが2回目のアンコールを終えてお辞儀をする
彼女の笑顔のその素敵な事といったらなかった。

終演後はこのCDにサインと握手をさせてもらった。

P1000010---コピー
強行軍での旅になったが、やはり無理してでも見にいけてよかった。
ただ、新潟帰ったあと、案の定体調を崩した。寄る年波も再確認。




Negicco三条LIVE

Negicco、三条に参上。
いや、MCで彼女らが実際に言ったセリフなんですが(笑)

もはや知らない人が少ないであろう、新潟のご当地アイドル。
彼女らのLIVEが自分の地元三条中央公民館で12/20に行われたので、見にいってきた。
で、アイドルのLIVEに足を運ぶのは久しぶりだなーと、過去のライブ行った記録とか
ひっくり返してたら、実に17年振りだった事が判明(数曲だけ歌うイベントとかを除く)。

自分のラジオ番組を放送してたラジオ局には、彼女らのCDがサンプルでよく送られて来てた。
ああ、また泡沫アイドルのCDか、と思ったりしたものだった。
古町どんどんでのイベントで、「観客0人」の前で踊り歌ってた姿も知っている。
そんな彼女らが、12年掛けてホント一歩一歩階段を登ってきて今この姿がある。

先日発売されたシングルが、初めてオリコン・チャートの10位内にランキングされ
新潟日報の新聞記事になった(笑)事は記憶に新しい。
まぁ、近年のランキングの状況や、CDの売り方(同じ曲を限定盤とか特典違いとかで
1ファンに複数枚買わせる商法)に問題が無い訳ではないが、一応保留しておこう。

で、その12/20のLIVE。客席の入りは会場のキャパ8割といったところ。
それでもこんな多幸感のあるLIVEは、1996年のラモーンズ松本公演以来かも。
実は熱心なファンではないので知らない楽曲が殆どだったが、メロディーラインの良さや、
拙いながらもコーラス・ワークもきちんとやってる点が目に付いた。
何よりもその歌い踊る姿が、数年前にみたイベントやTVでの、
ちょっとオドオドした感が全く無く、自信に溢れて弾けんばかりのパフォーマンスに目を奪われた。

アンコールではステージを降りて会場内を駆け回り、2階最後列のところまで行ったり、
いたる所で観客とハイタッチやハグ(小さい女の子限定w)しまくったりと、
プロレスの場外乱闘を思わせる大暴れ。かくいう自分もちゃっかりと3人とハイタッチ(笑)。
大昔のFMW後楽園ホールで観客席最上段まで行って乱闘した大仁田VS栗栖戦を思い出した(笑)。

ただ特筆すべきは、そんな事やったら普通は客が押し寄せてパニックになるんじゃないかと思うのだが
熱狂はあるが平穏。混乱を起こすのではなく喜びを共有しあう事を優先する観客のマナーの良さに驚愕。
でもまぁ正直、ヲタ系のあのノリは相容れない部分が有るのは否定しないが、
この雰囲気を醸し出せるのが彼女らの魅力なんだろうなーと思ったりした。

あと、ライブ企画の方がボランティア中心なので、入場の仕切りとか、終演後のトラブルとか問題点は
いっぱい有ったけど、素直に楽しめた1時間半だったなー。


negiccoチケット

サンハウス 1998年2月22日 新宿ロフト

今から16年前の今日、1998年2月22日深夜(厳密に言うと23日)。
まだ新宿西口に有った頃の新宿ロフト。
22年振りにサンハウスのオリジナル・レコーディング・メンバーが集まり、
シークレット・ライヴを敢行。
菊、鮎川、篠山、奈良、鬼平、5人の勇姿を見るべく、
翌日って言うかそのライヴ終わったその日に仕事が有るってのに(苦笑)、
東京まで出かけてそのライブに参加した。

シークレットなのに何故知ったのかは、或るインディーズレーベル社長を介して(名を秘す)。
で、東京のやはりサンハウス・ファンの友人に相談してチケットを取ってもらった。
なにせ、ロフト会場売りだけだったので。

リアルタイムでは勿論、サンハウスのライブは体験して居ないし、
1983年の再結成時の時は見に行けなかった。
そう、この時が初サンハウスだった訳で。

さてその日、続々と深夜のロフトに、サンハウス目当てらしき客が続々と集まってくる。
そして開場時間になったが、一向に客入れの気配が無い。
実はその日の夜の別のライブが押していたのだ。
仕方ないので、友人と近くのサ店で時間を潰した後、漸く入場。
満員の店内。シークレットなのに満員(笑)。
みんな、色んなツテを辿って集まったんだなーと。オレもそうだし。

で、その日の映像が2010年にDVDでリリースされている。
急な展開で撮影の準備が不十分の為、音質やカメラワークなど良好では無いが、
それすら問題にしない「熱」が、これから感じ取れる。

至福の時を過ごし、朝一番の新幹線で新潟へ帰る。
途中の車内では爆睡。危うく燕三条駅を乗り過ごすところ。
その足で会社へ直行。
当日、仕事は寝不足でボロボロ。
しかし、それだけのリスクを負っても、行った価値のあるライブであった。
このDVDを見るたび、その日の事を思い返す。

サンハウス/Moonshine Boogieh
moonshine

Live Electronics in Niigata vol.6

Live Electronics in Niigata vol.6
電子音楽・ノイズ・ドローン・ダークアンビエントの祭典が久しぶりの開催。
今回は、mirror、in cameraなどの活動で知られるクリストフ・ヒーマンが
ジム・オルーク、セラーと共に来新。
時間が取れるなら、そして迷ってるなら見に行け、なイベント。
そういう自分は仕事の都合で行けるかどうか不明( ;∀;)

heemann

◆出演
Christoph Heemann クリストフ・ヒーマン
Jim O'Rourke ジム・オルーク
Celer セラー
福島諭 Satoshi Fukushima
能勢山陽生 Youki Noseyama

◆期日
2013年8月27日 (火曜)
開場 午後5時 / 開演 5時半

◆会場
新潟市民芸術文化会館 りゅーとぴあ 4階 スタジオB
(新潟県新潟市中央区一番堀通町3-2)

◆料金
前売3500円 / 当日4000円 / 学生2000円

◆主催
ANTI MUSIC
http://d.hatena.ne.jp/antimusic/
antimusic8@yahoo.co.jp

◆協力
experimental rooms / FREE FORM / She Ye,Ye

◆チケット販売
She Ye,Ye / KING KONG 新潟店 / りゅーとぴあインフォメーション / 正福寺 / FREE FORM
Recommend
プロフィール

music freak out

Author:music freak out
新潟県の燕三条FM「ラジオは~と」にて、通常のFMではまず流れないであろう音楽の数々を独自の選曲で15年間オンエアーされていた異色音楽番組「music freak out」のナビゲーターだった「ナゴヤ」のエッセイなど。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
最近のお勧め
amazon
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード