林直人さんとハードスタッフと私

今日7月25日は、私事ながら自分の誕生日で、Facebook上で多くの方からお祝いのコメントを頂いた。
中には若い時から自分の中では憧れだったミュジシャンからもコメントを頂いてこちらは恐縮するばかり。
ただ、今日が重要なのはもちろんそんな事じゃない。

2003年の今日7月25日は、関西ロックシーンの重鎮でロック・バンドアウシュヴィッツのリーダーだった、
林直人さんが亡くなられた日。
自分の誕生日と同じ日なので殊更忘れる事ができない。
今日は難波ベアーズで林さんの13回忌記念ライブが行われてるので、自分も新潟からせめて思いを馳せてみる。

この雑誌「ハードスタッフ 第12号」は、徳島の小西昌幸さんが2008年に発行された「先端的硬派雑誌」。
この号は林直人さんの特集号になっている。実は自分もこの号に関わっていて名前を載せていただいている。
hardstuff

林さんが亡くなられた事が、日本のロック界に於いてどれだけ大きな損失だったかは
この本を読むことで判ってもらえるだろうと思う。
もう今では林さんの音楽は、残された編集版CD位でしか聞くことは出来ないのだが、
自分にとってはアルケミーからリリースされた12'「RULE OF SPIRIT」を聞いて感銘を受けた時よりも、
その後挑んだアウシュヴィッツのライブで林さんの「体」から発せられる声と、
絶望すら大きく優しく包み込む様なその歌に生で触れた筆舌に尽くしがたい体験の方が忘れられない。
もう28年前の事だけど今でもハッキリと覚えている。

「ハードスタッフ」についての裏話をひとつ。
協力依頼は当初はキャプテントリップの松谷さんにあったのだが、結局はこちらに振られた形になった。
「林直人 年譜」に関する部分なのだが、特に東京でのライブ・データなど、
そりゃ松谷さんを知る人達からすれば、彼がそんな資料を保存している訳無いじゃないですか(笑)。
だって松谷さん自身のマーブル・シープの音源や資料だって、現に俺が(笑 以下略)。


アウシュヴィッツのベスト盤
スポンサーサイト

林直人

7月25日は自分の誕生日で、色々な方からお祝いの言葉を頂いて恐縮するばかり。
しかし今日という日は、自分にとっては自身の誕生日なんて問題では無く、
もっと重要な日。

2003年7月25日、林直人、逝去。
大阪のロック・シーンの重鎮、アンバランス、アルケミーといった名レーベルを
興した人物、そして自分が大好きだったロック・バンド「アウシュヴィッツ」の
リーダーだった。

林さんの訃報は、松谷健氏からのメールで知った。
以前から林さんの容態は聞いていたので、訃報は唐突な事ではなかったが、
来ては欲しくなかったけど遂にこの日が来てしまったのか、との思いと同時に
脱力感に襲われた。
林さんの音楽は、大きな評価を得た訳では無かったが、出会った自分にとっては
計り知れない大きなものを与えてもらった。
彼の音楽を同時代に体験できた事は自身の財産とも言って良い。
しかし、林さんの事を語ろうとしても多分きちんと伝える事の出来ない
自分の素養の無さが恨めしい。
でも、あの全てを包みこむかの様な大きな器を持った林さんの音楽は、
未だに自分の中で輝きを放っている。

昨年リリースされた「AUSCHWITS COMPLETE BOX」は、
コンプリートと銘打つのには実は不足しているパーツが多すぎるのだが、
今はアウシュヴィッツの音源は入手困難で、だからそれを差し引いたとしても、
この作品がリリースされた意義は大きい。

とくに晩年の林さんの録音物は重要。
まともに声も出ない状況でも、病魔に侵された中でも、それでもしっかりと
前を見据えて進んでいる。
悲壮感は有るのだが凛々しい姿に、「やっぱり凄ぇや..」と言葉を無くした。

林直人さんの命日7/25は、自分の誕生日と同じ。
林直人さんの誕生日3/3は、大事な親友の誕生日と同じ。

どちらの日も、一生忘れる事は無い。

Lou Reed その2

ヴェルヴェッツに頓き、数年後にTVで見たルー・リードのライブに惹かれ、
ヴェルヴェッツに戻り、時代を追う流れでルーを聴き始めた。
そんな紆余曲折を経て、今ではフェイヴァリットなアーティストになった。

そんなロックンロール・アニマルもここ近年はオリジナルの
ソロ・ロック・アルバムを殆ど出していない。
即興だったり、アンビエントだったり、はたまたメタルマシーン再発だったり、
メタルとの競合だったりと。
しかし、そんな近年の作品が、自分にとっては愛おしい。


これは、後年ルーが関わっていた武術、タイチ(Tai chi)のためのBGMらしい。
まぁ、ドローン系なインスト・アルバムなのだが、すこぶる評判が悪い(笑)。
単調とか同じフレーズ繰り返すだけとか、いや、そこが良いんだけど。
まぁ、昔の自分だったらやっぱり同じ感想を持つだろうが、
ノイズやドローンなどを経てくると、この単調さが心地良い。



「メタル・マシーン・ミュージック」の当時の不評には
よっぽど腹に据え兼ねるものが有ったのだろう。
当時の無理解に対する復讐とばかりMMMの再発を自ら敢行。
しかもブルーレイ、DVD、LPと3種に加え、4chミックス収録。
って、どんだけ不満があったんだよ、的な暴発ぶり。
そんな「メタル・マシーン」の冠をつけたこの作品は、
フリー・ジャズの要素を多分に含んだ、即興演奏を収録。
これもあんまり評判は良くないってか、殆ど評判も聞かない。
でも、実は近年はルーの作品では流しながら聴ける(良い意味で)。



これはルーの作品では無いが、現代音楽集団「Zeitkratzer」が
MMMをクラシカルな楽器編成でカバーしたもの。
実に忠実にMMMを再現していて驚愕した。
付属のDVDにはライブ映像が収録されていて、演奏ラスト付近で、
隠れていたルーが現れ、ギターで参戦。
ドヤ顔的にギター・ノイズをぶちまけるルー(笑)。



stone.jpg
ローリー・アンダーソンとジョン・ゾーンとルーの三人による
即興フリー・ミュージック。
勿論、歌もメロディーも無い。
緊張感がある訳でもなく、むしろグダグダな感も。
しかし、そこが自分の琴線に触れるのだ(笑)。
記憶違いで無ければ、通販オンリーで売られてた筈。
あまり知られてない作品。


上記の様な作品を自分は近年は好んで聞いていた。
過去のR&Rな作品を否定してる訳ではないのだが、
ルー自身もこういった内容の作品を連発してリリースしていた事実を、
もっと重要視してみたほうが良い気がするのだが。

何が言いたかったというと、ルーの作り出す作品はどれも好きだったと言う事。
特にMMMを、ノイズを経てから聴き好きになったという幸運が、
これらの作品も愛おしく思える要因にはなってると思う。
そう言った意味では、「ノイズ」を聴くきっかけになった
「非常階段」には感謝しきれない。

そんな訳で、ルーの残した音楽は、多分一生自分の中から消える事は無いと思う。
ありがとう、さよなら、ルー。

Lou Reed その1

10月27日、ルー・リード逝去から2ヶ月。
今だに彼がこの世から去った実感が無い。
それほどルーの音楽は、自分にとって当たり前に存在するものだった。
多分、これからもずっと、彼の音楽が自分の中から消える事は無いだろう。
自分がルー、とういうか、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドを知った当時は、
彼らの音楽はまだまだ好き者が聴くモノだった。
でも「ヴェルヴェットを聴いてる」って事が、ある種の通行手形みたいなもので、
じゃあOKだよ、って仲間に入れてもらえた。
そんな繋がりが無ければ、今の自分の人生は酷く味気ないものになってただろう。
「ロックンロール」の中で、ルーは「ロックンロールが人生を救ってくれた」と
歌ったが、それは自分にとっても同じ事が言える。
ただ、彼の音楽との最初の出会いは、実に最悪なものだった。

ヴェルヴェッツを知ることになった切っ掛けは、
JAPANの3rdアルバムの「quiet life」に入っていた「All Tomorrow's Parties」。

これがヴェルヴェツのカバーと知り原曲が聴きたくなった。
1980年初頭に、バナナが日本で再発され早速買って聴いてみた。
「音が悪い」「音が歪んでる」「ルーがメロディーを歌えてない」「単調」「暗い」
「パンクの元祖とか言うけど何か違う」「バナナ剥がしてしまった」などなどが、
当時の感想。今の俺が其処に居たら正座させて説教もの(苦笑)。

買ったばかりのLPは、すぐユニオンに売却。
で、再び手にするまで5年の歳月が流れる。

ある日、TVでルーのライブを偶然見た。「ロックンロール」を歌っていた。
相変わらず、メロディーが無く喋るような歌い方。でも今度は何故か
こちらに確かに届いて来た。5年の間に色んな音楽を聴いてきて、
自分が少し変わったせいだろうか。ともかく、その曲が入っているアルバムを聴きたい。
そんな衝動に駆られて、宇田川町に有った頃のタワーレコードでLP「Loaded」を手に入れる。

そのポップさと、何か裏側どす黒くね?みたいな、そんな感覚のそのアルバムが
あっという間にフェイヴァリットになった。そうなると芋ヅル式に、じゃあ他のアルバムは?
と言う事で次に聞いたのが「white light/white heat」。

このアルバムでの音の歪み方は、クリムゾンの「アースバウンド」と同じで
「パンク」的なものとして捉えてしまった(笑)。
ラウドだし、ノイジーだし、またその頃には非常階段などの「ノイズ」の洗礼も受けた後だったので
このアルバムは、「loaded」以上に惹かれた。
ちょうどCD化の時期と重なったので、音源入手は容易だったのも幸いした。

さて、そうなると気になるのは「バナナ」。あの時聴いた印象は最悪。
でももう一度聴き直してみよう。そうして聴き直した感想は、
その5年前の自分が抱いた感想が、全部肯定的な「褒め言葉」に転換されてしまった(苦笑)。

そうなるともう、やめられない止まらない状態で、ルーのソロ作品も結局は全部聞いたし、
モーリンやケイル、果てはダグ関連まで、最後は悪名高き「squeeze」まで
オリジナル盤を探し出す始末。


続く。


AUBE/中嶋昭文

AUBE/中嶋昭文という、稀有な才能がこの世を去られてた事を今日知った。
中嶋さんの作られる作品はどれも好きで、ノイズの範疇で語られる事が多いが、
自分にとっては心安らぐ音に感じられた。
特に7’には愛着があり何作か所有してるが、どれも極少数の部数のリリースで、
しかしこれらが埋もれてしまうのは、どうしても忍びない。

画像下の黒い板状のマテリアルはその中でも特にお気に入りの一作。
分厚い重量の有るガラス板2枚にMDが挟まれているというもの。
内容もオブジェとしても凄く愛着が有る一枚。
しかしこれも限定12枚。
もっと多くの人に聞かれるべき音で有る事は間違い無いのに。
残念に思う。

素晴らしい作品をありがとうございました。
ご冥福をお祈りします。
aube-.jpg
aube.jpg

布谷文夫

布谷文夫
1/15、脳溢血で急逝。

ブルース・クリエイション、DEWと言った、ロック黎明期の重要バンドのボーカル。
血も吹き出さんばかりの、まるで声にファズが掛かったかの様な、
... そして何故そこまで限度を超えてもなお吼えなければならないのか。
そんなボーカル・スタイルは正にワン・アンド・オンリー。

ロックを好きになるのが遅かった。そして傍流や暗部から手を出した。
布谷文夫さんの事を知り彼の音楽を聴きたいと思ったが、
当時は音源は全て廃盤で入手は困難な状況だった。
その後「幻野 evidence」「DEW LIVE」などが再発され貪るように聴きまくった。
その咆哮は一瞬で自分の心を捉えた。
布谷さんのキャリアを遡って聞くとしたら「大瀧詠一」「ナイアガラ音頭」が
最初の取っ掛りになる方が当然かと思うが、自分は「DEW」だった。

特に第3回フォークジャンボリーの音源を収録した「DEW LIVE」は、
何度CDプレーヤーで再生したか分からない。
ブルースを基調にしながら、ここまで過剰なまでの表現は衝撃だった。
日本人がやる、所謂一般的にイメージされる「ブルース」は苦手なのだが、
布谷文夫のそれは全く異なったものだった。

心からご冥福をお祈りします。

DEW

ミック・カーン

昨年自ら肺ガンを公表していた元・ジャパンのミック・カーンが、
1月4日にロンドンの自宅で亡くなった。享年52歳。

ジャパンを熱心に聴いてた時は、まだ圧倒的に女性ファンが多かった時期。
1980年に新潟県民会館で見たジャパンは、初めて見た海外アーティストだった。
ペンギンみたいにトコトコ歩きながらフレットレスベースを操り、
変態的なフレーズを奏でるミックの姿は異様で衝撃だった。
今は無き新潟HMV開店イベントで新潟の地を再び踏んでくれた。
出会いから今まで常に気になるベーシストだった。

今も何度も聞き返す12'はこれ。
リードボーカルも披露し、やけにベースの音量が大きいミックス。
ミックカーン

病魔との辛く苦しい戦いだったのだろう。
お疲れさま。さようなら。ありがとう。

クラウス・シュルツェ

今年春の初来日公演の印象もまだ強い、ジャーマン・エレクトロニクスの巨人、
クラウス・シュルツェのその来日公演のCDが発売される。
http://captaintrip.co.jp/index.php?main_page=product_info&products_id=646

値段は高額だが購入に迷いは無し。但し一番安く入手できるところは探したw

ks001a.jpg



南浩二:どうしようもない恋の歌

ルースターズの前身バンドとして知られる「人間クラブ」のボーカルで、
近年は自身のバンド「ザ・コンストリクターズ」で活動していた、南浩二氏が急逝された。
9/11、博多での鬼平(サンハウス)さんを祝うイベントに出演予定だった。
そのリハーサル中にクモ膜下出血で倒れ病院に搬送されたが意識が戻ることなく
集中治療室で深夜息を引き取られた。

ルースターズ・ファンにとっては「どうしようもない恋の歌」や「サタデー・ナイト」の
作者でも知られ、サンハウス菊張りのしゃがれたドスの聞いた歌声は忘れる事が出来ない。
ただ、残された作品は非常に少ない。下記は1990年にリリースされた唯一のソロ作。
まだ若すぎる死に合掌。

minami.jpg
南浩二/Glitter
Recommend
プロフィール

music freak out

Author:music freak out
新潟県の燕三条FM「ラジオは~と」にて、通常のFMではまず流れないであろう音楽の数々を独自の選曲で15年間オンエアーされていた異色音楽番組「music freak out」のナビゲーターだった「ナゴヤ」のエッセイなど。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
最近のお勧め
amazon
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード