FC2ブログ

「デヴィッド・ギルモア/オン・アン・アイランド」 2021年の入手モノ

デヴィッド・ギルモア/オン・アン・アイランド(ソニーミュージック SICP 31247)(CD)(新品)
P1000772.jpg

元ピンク・フロイド(と言う書き方も今更どうかと思うが)のギルモアの3rdアルバム。
前作から実に22年振りとなったアルバムで、憂いのあるブリティッシュ・ロックであり
名盤とされているし、内容についてはここでは詳しく述べない。

2020年9月にギルモアの全ソロ作が「初紙ジャケCD」での再発だったのだが、
これがどうやら市場では超ダブついているらしく、あちこちのサイトで安売りが始まっている。

自分が購入したのはアマゾンだったが、これが定価の半額以下だった。
思えば今回の紙ジャケ、何度も何度も何度も発売延期になったもの。
推察するに、度重なる発売延期の間にファンの購入意欲が著しく低下したのではないか?
実をいうと自分がそのクチである。

で、すっかり興味を無くしていて、或る時アマゾンのサイトを除いたら定価の半額以下。
この金額ならとこの3rdと1st(こちらも半額以下だった)を買った。
いや、リリースするタイミングって大事なんだなーと実感した次第。

ちなみにこの「オン・アン・アイランド」、オリジナルLPのEU盤も持っているのだけど、
通常のLPジャケサイズより一回り大きい。
P1000773.jpg
CDとの比較

P1000774.jpg
他のLPとの比較。これだけはみ出る。

通常のLP用外袋には全く入らない。
何でこんな仕様にしたのだろうか理解できない。意味無いだろ、これ。


スポンサーサイト



テーマ : 本日のCD・レコード
ジャンル : 音楽

「Nurse With Wound/To The Quiet Men From A Tiny Girl」 2021年の入手モノ

Nurse With Wound/To The Quiet Men From A Tiny Girl(United Dairies UD03CD)(CD)(新品)
P1000775.jpg
P1000776.jpg

Nurse With Woundの2ndがCD再発。
本編はもとより、ボーナス・トラックが秀逸らしいとの事で購入を決意。

NWWといえばノイズ好きにとっては絶対避けては通れないモノ。
このおどろおどろしいジャケデザインにも昔は興味をそそられたものだった。
当時はもっと「ノイズ」のイメージを持っていたのだが、
この2ndを超久々に聞き返して「全然違うなー」と感じた。

「ノイズ」よりは現代音楽やフリージャズ寄りだったり、
コラージュやコンクレートなんかが散りばめられていて、
勿論、これはこれで大変面白く聞いた訳だけど、
昔の自分ははきちんと聞いて無かったんだなーと反省しきり。

で、肝心のボーナス・トラックだけど、やっぱり凄かった。
金属板か何かを殴打した反響音を加工したり重ねたりしてもう大迫力。
23分という演奏時間はあっと言う間に過ぎる。

テーマ : 本日のCD・レコード
ジャンル : 音楽

「Beverly Glenn-Copeland/Keyboard Fantasies」 2021年の入手モノ

Beverly Glenn-Copeland/Keyboard Fantasies(Transgressive TRANS460CD)(CD)(新品)
P1000779.jpg
P1000780.jpg

カナダのシンガー、ビバリー・グレン・コープランドは、
新潟市のレコード・ショップ「She Ye Ye」の店主である増子さんの尽力によって
世界中で再評価されたといっても過言ではない。

増子さんが1986年にリリースされたコープランドのカセット・アルバム「Keyboard Fantasies」に魅せられ、
コープランド氏本人を探しコンタクトを取り、
氏が所有していたオリジナル・カセットのデッドストックを全部引き取り、
店に訪れる客に勧めて完売させてしまった。
そこから新潟発世界行きの流れでコープランドの再評価が高まり、
アルバムの再発ばかりか、アーティスト本人のシーン復帰に繋がった。
そして、2019年3月15日に新潟市内の喫茶店「器」にて
シークレット・フリー・ライブが行われる事になり海外のTV局も取材に訪れたのだった。

その「Keyboard Fantasies」だが以前再発のLPを入手していたので今回はCDを入手した。
タイトルからも想像できるようにシンセを使用した、
のどかな雰囲気をもつニューエイジ、メロウ、エレクトロポップなサウンドに
コープランドの優しい歌がのる。
穏やかな木漏れ日の下、何時までも聞いていたい感覚に包まれる。

実はShe Ye Yeさんでこのオリジナル・カセットを入手し損ねたという失態を犯している。
有る時に買っておく、は鉄則だというのに、今でも後悔の念に駆られる。


テーマ : 本日のCD・レコード
ジャンル : 音楽

「ULTRAVOX/VIENNA [Deluxe Edition] 」 2021年の入手モノ

ULTRAVOX/VIENA [Deluxe Edition] (Chrysalis CHRB 1296)(5CD+DVD)(新品)
P1000746.jpg
P1000747.jpg

ニューウェイブから派生したニューロマンティックの代表的バンドだが、
自分にとっては長い間「ジョン・フォックス」の遺産を利用したバンドの認識だった。
記憶を辿ってみると、最初はポスト・パンクの流れでジョン・フォックスを聞いたのがきっかけ。
その頃、ミッジ加入後のUVが成功してて、そのおこぼれとばかりに、
ジョン在籍時のUVのLPが再発されたのでそれは熱心に聞いていた。
で当時は「売れていた」ミッジUVには殆ど興味が向かなかった。
それでもこのアルバムだけは、友&愛で借りてちょっと聞いていた。

今回約40年ぶりに聞き直した訳だが、これが殊の外「カッコ良い」。
ジョンのアクの強い「ドヤ」声が、ミッジの甘い声に代わった訳だが、
サウンドは以前のUVのままなのに、こんなに印象が変わってしまうものなのか。
そして思ってた以上に「テクノ」寄りな音なのを再発見。

あと冒頭のインストナンバー「Astradyne」は、もはや壮大なプログレ。
長尺の歌無しなので、昔はそんな良い印象は持ってなかった。
今は一番のお気に入り。
P1000748.jpg

ただ、JAPANのボックスでも書いた事だが、
リミックス、5.1chは良いのだが、
映像関係はどうした?もっとスタジオ未発表曲は無いのか?
ワーク・イン・プログレスとか無いのか?
とか不満が出てくるわけですよ、これが。

テーマ : 本日のCD・レコード
ジャンル : 音楽

「JAPAN/QUIET LIFE(Deluxe Edition)」 2021年の入手モノ

JAPAN/QUIET LIFE(Deluxe Edition)(BMG BMGCAT403CDX)(3CD+LP)(新品)
P1000750.jpg
P1000751.jpg

早すぎたビジュアル系、遅すぎたグラムロック。
デビッド・シルヴィアンやミック・カーンを配した
JAPANの3rdアルバムの3CD+LPのデラックス・エディション。
当時リアルタイムで聞いてて、新潟公演も見に行った。
まだファンは殆どが女性ばかりの時。
P1000753.jpg

ヨーロッパ・デカダン趣向を前面に押し出してきた頃の作品で、
実はヴェルヴェッツはこのアルバム収録の「All Tomorrow's Parties.」で、
その存在を初めてしったという意味では重要な1枚。
ただ今聞き直すと、シルヴィアンのナルシスト的ねっとりボーカルスタイルが、
昔より耳についてしまうのは否めない。
今のよりナチュラルな歌い方の方が好み。

本編のリマスターは良いにしても、
今回のDXエディションには不満がいっぱいある。
映像関連はどうした?リミックスばかりで未発表スタジオ作は無いのか?
特にCD2は全部過去にCD既発済じゃねえのか?
武道館ライブ音悪すぎ。もっと良好な音源探せただろ?
(下記画像の収録曲を参照)
関係者には猛省を促す。
P1000755.jpg



テーマ : 本日のCD・レコード
ジャンル : 音楽

Recommend
プロフィール

music freak out

Author:music freak out
新潟県の燕三条FM「ラジオは~と」にて、
通常のFMではまず流れないであろう音楽の数々を
独自の選曲で15年間オンエアーされていた異色音楽番組「music freak out」の
ナビゲーターだった「ナゴヤ」のエッセイなど。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
最近のお勧め
amazon
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード