9/27放送の時間変更について

9/27放送のMFOは、23時からの放送になります。
スポンサーサイト

9/27 on air list 「最終回」

長い間のご愛聴ありがとうございました。
music freak outは、今週の放送で15年の幕を閉じます。

今週は、自分に何らかの影響やきっかけをくれた曲や、
諸事情で過去オンエアーしてこなかった曲を流しました。
最後の曲は、本当は一番流したかった曲なのです。実は。

sex pistols/anarchy in the uk
album-never mind the bollocks here's the sex pistols(1977)

高校最後の年にラジオから偶然聴いた曲。当時はなんて「粗暴」なんだろうと思ったもの。
ピストルズはその頃は既に解散していたが、「パンク」を初めて実感した。
ピストルズを真剣に聴き始めるのは、これから1年を要するのだが、先にパンク繋がりで
クラッシュの方を好きになった。ロンドン・コーリングだったな最初は、確か。


ARB/魂こがして
7'(1979)
石橋凌、田中一郎、キースの3人で録音されたシングル。
最もハングリーだった時代の曲。ともかく演奏は荒いのに熱気や気合が
迸っている(と、当時は感じた)。
彼らに遭って、ライブハウス行くとか日本のパンクを知るとかの切っ掛けになった。
昔、新潟県民会館でJAPANの来日コンサートのオープニングアクトで見たのが
最初だったが、ともかく全くウケて無いのに最後までパワフルだったのが
すごく印象に残ってて、で、東京で暮らしてた時に再会して、
結局、解散までライブに通った。
実は、1998年再結成後のARBは、認めてない(苦笑)。


the velvet underground/rock & roll
album-loaded(1970)

ヴェルヴェッツの1stとの出会いは最悪で(笑)、全く面白く思えなかった。
ルー・リードが来日した時のライブをTVでやってて、その時に流れてたのが
「ロックンン・ロール」。で、それが入っているアルバムを探して、
渋谷宇田川町に有った頃のタワーレコードでloadedのLPを買った。
この中に詰め込まれた、判り易い(しかし奥底では..)ロックンロールに魅せられ
で、他のアルバムなどを聴き直していって、で、1stは今ではフェイヴァリット。
まぁ、どの口が言うか、って事ですが(苦笑)。


奇形児/奴隷志願
e.p.-hello-good bye(1985)

バンド名を伏せたりや仮名で、実は何度か彼らの曲は流してきた。
今回は最後なので、実名で(笑)。
再々結成後、活発なライブ活動を続けている彼ら。
サウンドは純然たるパンクとは言えないが、
ヤスのとてつもない存在感のあるボーカルは、やはり今でも凄く好き。


ジャックス/からっぽの世界
7'(1968)(タクト・ヴァージョン)

この曲が一番流したかった曲。
これが自分の人生をひん曲げた。
昔、NHK-FMの「若いこだま」で、DJの甲斐よしひろが頻繁にジャックスの曲を流してて、
それは「からっぽの世界」では無かったけど、演奏は下手でボーカルは気持ち悪いのに
何か心に引っかかったままだった。
東京に出た直後、鎌田の中古レコ屋えとせとらで、ジャックスがタクトに残したシングルの
デッド・ストックが売られてて、それを購入。
海の底で、死んだ我が身の事を淡々と、しかし深く歌われる歌詞とサイケデリックな
(当時はサイケなどまだ知らなかったが)サウンドに、ハンマーで頭ぶん殴られた様な
衝撃を受けた。(単純に失恋の歌と知るのはもっと後になってからだけど)
まぁ、歌詞のアレが問題なんですけど、決して差別云々として使われて無いのは明白。
最後の最後にどうしても、これをもって来たかった。



15年前、手探りのまま素人が音楽番組を始めて、
それでも何とか「こんな番組あったら良いな」と自分が思っていた事が
少しでも実現出来たのは、本当に嬉しいことでした。
関わってくれた、そして聞いてくれた全ての人に感謝します。
ありがとうございました。

あ、ブログは続けます(笑)

9/20 on air list 「床から一掴み」

the deviants/you've got to hold on
album-disposable(1968)



山口冨士夫/おさらば
album-ひまつぶし(1974)



grim/love song
album-love song(2013)
grim


predawn/milky way
album-a golden wheel(2013)



josephine foster/birdo
album-little life(2001)



とんちピクルス/かっこう夜風
album-とんちピクルス(2008)



the new tweedy bros!/somebody's peepin
album-the new tweedy bros!(1968)








9/6 on air list 「マーブル・シープ part.9」

松谷健/untitled
album-va/international friendship(1983)
con


AOR(松谷健&umemaru)/out take 1
album-dedication(1992)
Dedication.jpg


marble sheep/horizon(1990 live)
k7-25 february 1990 at bears(1990)
K15.jpg

8/30 on air list 「マーブル・シープ part.8」

marble sheep/last race
album-天界の門(2005)



marble sheep/tears
album-リュウグウノツカイとルビーのバラ(2007)



marble sheep/snake girl
album-パープル(2009)



marble sheep/rabbit in the moon
album-グリーン(2009)



marble sheep/children coup d'etat(a.k.a. children of the dawn)
unreleased(rec.2004)

8/23 on air list 「マーブル・シープ part.7」

marble sheep/you keep on changing(live 1994)
album-サイケデリック・パラダイス(1995)



marble sheep/inside out
marble sheep/ultraman
album-ストーン・マービー(2001)



marble sheep/fla fla heaven
7'(2003)
flafla


marble sheep/the drop
marble sheep/old fish
album-フォー・デモリッション・オブ・ア・スピリチュァル・フレイムワーク(2003)

8/9 on air list 「summertime blues」

猛暑の「サマータイム・ブルース」特集

奇しくも今日の新潟県央地域は猛暑に見舞われた。
そんな暑い夜を更に熱くする(笑)、
ロックの名曲「サマータイム・ブルース」の様々なカバーを。
かつてヘヴィー・リスナーだった栃尾の高橋さんのリクエストにお答えして。
後半は若干尺が余ったので、別の曲を少々。


eddie cochran/summertime blues
7'(1958)

まずは、オリジナルを。
若くして事故死した、ロックンロール草創期に活躍したシンガー&ギタリスト。
1958年と言う年代もあるが、ロカビリーに近い感じ。
若者の夏の様々な憂鬱を歌ったモノ。
現在、CD2枚組のベスト盤がなんと600円代で買えてしまう(笑)。


the who/summertime blues
album-live at leeds(1970)

ハード・ロックのテイストを盛り込んで、荒々しいアレンジで
ロックの定番にしてしまった名カバー。
日本盤シングルでこれを初めて聞いたのは遥か昔。
実は下記の子供ばんどの方が最初に聞いた「サマータイム・ブルース」。


t-rex/summertime blues
7'-ride a white swan b-side(1970)

t.rexに名前を変えて最初のシングル「ライド・ア・ホワイト・スワン」のB面曲。
アコギとパーカッションでのアレンジで、結構怪しく呪術的な感じでサイケデリック。
上記、フーと同じ曲の気がしない(笑)。


RCサクセション/サマータイム・ブルース
album-カバーズ(1988)

当時、東芝EMIが「素晴らし過ぎて発売出来ない」と吐かした、カバー曲集より。
あからさまな「原発」批判の歌詞。
しかし、この清志郎の言葉は、とてつもなく重い。
今、彼が生きてたら、この東京電力のやらかした「世界規模の犯罪」を
どう語ったのだろうか。


子供ばんど/あんたはまだまだ子供だよ(子供ばんどのサマータイム・ブルース)
7'(1982)
kodomo.jpg
近年、再結成を果たした、うじきつよし率いるハード・ロックバンド。
コミカルさとシリアスさの両方のエッセンス。どちらも好きだった。
好きだった時は全然売れなかったけど(笑)。
昔、早朝の子供番組で、口パクで出てたのを見た記憶が有る。
あと、野外ライブで、ARB、子供ばんど、ビートたけしバンド、の組み合わせで。
たけし目当て(当時たけチャンマン人気)の子供たちが、「子供ばんど」ファンの
前方に殺到する様を見て怖くて号泣してたのが印象的(爆)


blue cheer/summertime blues(mono)
album-Vincebus Eruptum(1968)

まぁ、これは外せない。世界一音がデカいバンドと言われた、
ブルー・チアーの出世作。
ギクシャクしたリズムの破壊的なアレンジは絶品。
ステレオ盤では、その轟音さがあまり感じられなかったので、
数年前のモノラル盤再発は期待して聞いたのだが、
それもちょっと不満な音だったのだが(笑)
まぁ、どれだけ爆音圧を期待してるのかって話しですが。


以下は、尺がちょっと余ったので。


田中有紀美/潤恋歌
album-潤恋歌(2008)

アイドル・グループ「メロディー」の元メンバー。
年齢を重ね、甘かった歌声は艶やかさを感じさせる。
「アイドル」以降も歌をちゃんと続けてる人は、そんなに多くない。
結局、「歌」が好きか好きで無かったかの違い。
歌い続けて来た彼女の「歌」。先日18年振りに生で聞く事が出来た。


浜田真理子/はためいて
album-But Beautiful(2013)

「あまちゃん」で大ブレークを果たした(笑)、大友良英さんがバックを担当。
テーマは東日本大震災と福島原発事故。
「ふるさと」と言う言葉を重さを知ってるが故、
安易に使う事を意図的に避けて来た浜田さんが、敢えてここで使った意味。
大友さんと一緒に演奏してると言う意味。


8/2 on air list 「床から一掴み」

rip rig & panic/go,go,go!(this is it)
7'(1981)(album reissue God-Expanded Edition bonus track)
rip rig & panic/bob hope takes risks
7'(1981)(album reissue God-Expanded Edition bonus track)



rip rig & panic/storm the reality asylum
12'(1982)(album reissue i am cold-Expanded Edition bonus track)



rip rig & panic/do the tightrope (12” Version)
12'(1983)(album reissue attitude-Expanded Edition bonus track)



pigbag/cuban rice(is very nice)
album-Year of the Pigbag(2013)



浜田真理子/骨董屋
album-but beautiful(2003)

7/26 on air list 「マーブル・シープ part.6」

marble sheep/big wave
marble sheep/i'm just staring at the upside
album-big deal(1992)
big deal


marble sheep/you are the pride of us
marble sheep/every time
album-twiga(1993)



marble sheep/melted moon(big deal rough mix)

7/19 on air list 「マーブル・シープ part.5」

marble sheep/fish
k7-11 jan 1991 at la mama(mslc-18)
MSLC-18


marble sheep/melted moon
k7-2 feb 1991 at yaneura(mslc-19)
MSLC-19


marble sheep/guru in the echo
k7-3 mar 1991 at yaneura(mslc-20)
MSLC-20


marble sheep/i'm just stay in the up-side
k7-22 feb 1992 at 20000v(mslc-21)
MSLC-21


Recommend
プロフィール

music freak out

Author:music freak out
新潟県の燕三条FM「ラジオは~と」にて、通常のFMではまず流れないであろう音楽の数々を独自の選曲で15年間オンエアーされていた異色音楽番組「music freak out」のナビゲーターだった「ナゴヤ」のエッセイなど。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
最近のお勧め
amazon
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード