music freak out

music freak out(通称「MFO」)

1998年10月
新潟県県央地区の燕三条FM「ラヂオは~と」にて、
前身番組「ロック名曲座」オンエアー開始。
1999年4月より番組名を「music freak out」と改める。

表舞台には出て来難いが、素晴らしい個性を持った
音楽の数々は確かに全世界に存在する。
そんな曲の数々を、ロックを中心に独自の選曲で
お届けする、1時間の音楽プログラム。
ヒットチャートは完全無視でオンエアー。

2013年9月27日、15年間に渡る放送を終了。
http://www.heart768.com/

以前のブログは下記のページです。アーカイブとして御覧下さい。
http://star.ap.teacup.com/758mfo/
スポンサーサイト

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

4/26 on air list 「captain beefheart pt.6」

zappa,beefheart,mothers/debra kadabra
zappa,beefheart,mothers/200 years old
album-bongo fury



captain beefheart & the magic band/the floppy boot stomp
captain beefheart & the magic band/tropical hot dog night
captain beefheart & the magic band/you know you're a man
captain beefheart & the magic band/when i see mummy i fel like a mummy
captain beefheart & the magic band/candle mambo
album-Shiny Beast(1978)

11/30 on air list 「velvet underground 特集 pt.10」

john cale & terry riley/church of anthrax
album-church of anthrax(1970)



angus muclise/chumlum
album-the cloud doctrine(2002 rec.1963)


lou reed/paranoia key of E
album-ecstacy(2000)



maureen tucker/hey mersh!
album-life in exile after abdication(1989)



doug yule/beginning to get it
album-live in seattle(2002)


Willie Alexander and the Boom Boom Band/radio heart
album-Willie Alexander and the Boom Boom Band(1978)


nico/no one is there
album-the marble index(1968)



9/7 on air list 「velvet underground 特集 pt.1」

長い間の懸念事項であった「ヴェルヴェット・アンダーグラウンド」特集を
今回からスタート。
その音楽性とかは、もはや語り尽くされた感も有るので、
自分がこのバンドに惹かれていった経緯や個人の感想を主に語りながら
その音楽を紹介していこうと思う。

velvet underground & nico/all tomorrow's parties(single version)
velvet underground & nico/femme fatale(mono)
velvet underground & nico/i'm waiting for the man(mono)
velvet underground & nico/sunday morning(mono)
velvet underground & nico/heroin(mono)
velvet underground & nico/i'll be your mirror(mono)


今でこそロックの定番となっているこの1stだが、自分が聴き始めた頃は
まだまだ好事家の音楽の様相が強かった様に思う。
このバナナ・アルバムとの出会いは最悪だった(笑)。
元々はJAPANの3rdアルバム「quiet life」が好きで、
その中にヴェルヴェッツの「オール・トゥモローズ・パーティーズ」の
カヴァーが収録されていた。元の曲はどんななのだろうと心に留めて
そして1stが再発(勿論、当時はLP)された1982年頃、早速購入してみた。
音質が悪い、って言うよりもう音が割れているし、演奏下手だし、
ルーはメロディー歌えてないし、バナナ剥がしちゃったし、
で、速攻売り払う(笑)。
ホント、何も理解すら出来なかった訳です。まだ10代のオレ。
このアルバムに再び出会うまでは、あと5年の月日が必要になるんだが。

このアルバムは年月を経て色んな情報が分かるにつれ、
どんどんフェイヴァリットになっていく。
サンデー・モーニングは、当初収録予定じゃなかったとか、
セプター・スタジオで録音された別テイクが有るとか、
モノ・ミックスとステレオ・ミックスの聞こえの違いとか、
最近ではSACDの聴感の違いとか。

でも実はヴェルヴェッツのアルバムの中で、好きな順位は
3番目だったりする(笑)

最初、バナナ・シールの下はてっきり「チンポ」て思ったw

8/3 on air list 「夏の曲・他」

前半は、8/11長岡での矢野顕子、8/18十日町での友部正人&ふちがみとふなと、
と興味深いLIVEが有るのでそれに関連した曲を。


矢野顕子/電話線
album-ひとつだけ-the very best of 矢野顕子(1996)

ライブでも定番の名曲。過去の恋愛の名曲は何かしらストーカーな意味合いを
含んだモノが多いが、これも近いかも。究極の愛が相手との同一化で
あることを思えばそれも解る気がする。


友部正人/一本道(live 1972)
album-v.a./history of japanese folk II(1989)
これも代表曲であり、昔の東京の1風景を絵画の様に切り取って見せる名曲。
昔は友部さんのちょっと舌足らずな歌い方が実は苦手だったがいつしか
フェイヴァリットなアーティストの一人。
三条市でのライブはよく見に行っていた。歩いて行ける距離の場所で
好きなアーティストの演奏を聞ける幸せが昔あった。


ふちがみとふなと/お店やさん
album-ハッピー・セット
無理に作って笑わせようとは決してしてはいないのだが、
自然に笑がこぼれてしまう。
嫌味のないコミカルさと歌の深さが同居する。


後半は、この猛暑に合わせて、夏に関する曲を幾つか。

pink floyd/summer '68
album-atom heart mother(1970)

大作「原子心母」の影に隠れてはいるが、これとか「if」とか、フォークサイケ的なナンバーも
結構好きだったりする。


ザ・ルースターズ/c.m.c
12'-c.m.c(1984)

海辺のリゾート地が突然爆撃機に襲われ、爆弾が降り注ぎ阿鼻叫喚となる様「だけ」を
スピード感のあるロックン・ロールに乗せて歌われる異様な曲。
ホント、その爆撃風景だけが歌われ、感情などの描写は一切破棄されている。


t-rex/summertime blues
7'-ride a white swan side B
オリジナルのエディ・コクランのヴァージョンに近い。
ティラノザウルス時代のアコースティック・コンビの名残もある。


ヒカシュー/炎天下(1978 demo)
album-1978(1996)

レコードデビュー前のデモ曲。ヒカシューのもつ畸形な感覚は、デビュー前の方が強烈に濃い。
1980年代に渋谷屋根裏でライヴを見た時、レコードよりもその感覚が強く感じた。

7/20 on air list 「can/the lost tapes」

ジャーマン・ロックの雄、カン。

発掘ライブ音源以外は、今まで殆ど未発表レコーディングの類が
出てこなかった彼らだが(unlimited editionとdelay 1968くらいなものか?)、
昨年末に未発表音源のBOXセットのインフォが遂にMUTEから出た。
倉庫から発見された30時間分のテープ。それを編集したものが、
今回の「lost tapes」。
正直、諸手を挙げて歓迎する類のモノでは無いと思う。
オリジナル・アルバムに収録される曲のプロト・タイプや、
曲としては未完なもの、曲の完成度が今ひとつなもの、などなど。
所詮は没テイク。しかし、本編に至るまでのプレパレイションな部分や
試行錯誤している部分、ライブ・テイクのスタジオ・テイクとの違い。
熱心なファンには、そこに至る過程を想像出来る意味に於いても
貴重な作品とも言える。
しかし、これからCANを聞こうとする人には絶対お薦めしない1作。

でもなー、これっぽっちじゃ足りないってば、イルミン、ホルガー、ヤキってば。
あと27時間分も宜しく(笑)


can/millionensiel
can/waiting for the streetcar
can/the agreement
can/dead pigeon suite
can/midnight sky
can/e.f.s. 108

album-the lost tapes(2012 rec.1968-1977)

5/25 on air list 「日食/レコード・ストア・デイ、他」

5/21は日本で金環触が観測できた日。
非常に稀な天体現象で、次回日本国内で見れるのは遥か先のこととか。
ホントは夜の月食の方が好きなんですけどね、実は(笑)
今週はそれにちなんだ曲と、先月のレコード・ストア・デイ関連のアイテムが
そろそろ届き始めたのでそれの紹介を。


klaus nomi/total eclipse
album-klaus nomi(1981)

ニュー・ウェイブ・シーンで異彩を放った、時代の寵児クラウス・ノミ。
エイズで最初に無くなったミュージシャンとしても知られる。
典型的なニュー・ウェイブ・サウンドにノミのオペラ・ヴォイスが絡むと
途端に曲は畸形化して人の心に巣食う。

pink floid/eclipse
album-dark side of the moon(1973)

まぁ、お約束として。
何十年経っても色褪せない名盤の一つだが、自分のフロイド・ランキングでは
結構下位の作品。ええ、捻くれ者ですから。


以降は先月のレコード・ストア・デイ関連アイテムより。

public image limited/one drop
12'-one drop(2012)
PIL
数年前の再結成後、初のスタジオ録音アルバムからカットされた12'。
ポスト・パンク時代のあのサウンドでは勿論無いが、反復を多用し
レゲエをベースにしたサウンドは、以前のライブ・アルバムにガッカリして
期待してなかった分、意外に良かった。前向きな音になっていたのは
アルバムも期待できそうかも。


mark stewart/gang war(the revenge)
12'-experiments(2012)
mark
新作「politics of envy」のボーナス・ディスク分を
アナログ化したとの事(事実未確認)。
キース・レヴィン、プライマル・スクリーム、リチャード・ヘルなど
豪華ゲストが参加し、ダブを強調したいつものマーク節が聞ける。
ポップ・グループの再結成が「アレ」だったもので、
こちらもPIL同様に危惧していたが良かった(笑)


the knack/let me out
the knack/art war
10'-live in los angeles,1978(2012 rec.1978)
knack
マイ・シャローナのザ・ナックのレコード・デビュー前のライブ盤から。
同時期のデモ音源も収録。音質悪いながらも爆発寸前の熱気が伝わって来る。
永遠のパワー・ポップ・アンセム。


tangerine dream/ultima thule pt.1
7'
ultima
最初期の即興演奏とも後のシンセ・ミュージックとも異なった、
サイケデリック・ハード・プログレと言える、意外なバンド・サウンド。
当時シングル盤のみの発表。しかし、このモア期のピンク・フロイドに
通じるようなこのサウンドで行ってたらどうなったんだろう。


M.B./cold tape
album-The A.C.V.I. Tapes(2012 rec.1980)
MB
伊のノイズ・アーティストMBの初期テープ作品4作のCD化。
音質が悪くチープで音圧もない、ミニマル的にも思えるこの音は
それが逆にアンビエントとして聞こえる。大好物です。

4/13 on air list 「いみくずし 他」

恒例企画「床(ゆか)から一掴み」。
最近買った、聞いたものの中から面白かったものをチョイスする
某番組からのインスピレーション
※注・この日の放送はラジオ局の機器の故障により放送されず、
後日再放送として放送し直されました。

Keiji Haino, Jim O’Rourke and Oren Ambarchi/ still unable to throw off that teaching a heart left abandoned unable to get inside that empty space nerves freezing that unconcealed sadness..
album-imikuzushi(2012)

灰野&オルーク&アンバーチ・ユニットの2作目。全作はアンビエントな展開のアルバムだったが、今回は即興ハード・サイケ・ロックな迫力のある音塊。灰野G & Vo、オルークB、アンバーチDrの編成。
不失者よりもこっちの方が好きかも(笑)。


masaki batoh/eye tracking test
Brain Pulse Music(2012)

ゴーストの馬頭のソロ。和楽器を使用した曲や、脳波を処理した電子音楽も含む。
ジャケはその脳波を読み取る機械らしいが、非常に怪しい雰囲気がプンプンと。


doors/ L.A. Woman (Alternate Version)
L.a. Woman: the Workshop Sessions

ドアーズの名作アルバム、て言うかどれも名作だが、「L.A. Woman」のデラックス・エディションが発売。
しかしこの手のデラックス・エディションって、オリジナル・アルバムの音源はもう持ってたり聞いてたりするんで要らないし、その分安くしてくれたらなぁと思っていた。
これはそんな願いを聞いてくれたのか、未発表やボーナス音源だけで、しかもアナログで発売。
これが実に正しい形だと思う。内容は、まぁ所詮アウト・テイクですから、こんなもんでしょう(笑)


cut hands/rain washes over chaff
Afro Noise 1 Vol.1(2012)

UKノイズの雄、ホワイトハウスのウィリアム・ベネットの別ユニット。
ノイズ+エスノな展開の曲。ちょっと個人的には不完全燃焼。自作に期待。

7/12 on air list 「雨の歌」

毎年この時期には「雨」に関する曲の特集をするのだが
予想外の早い梅雨明けに、完全に時期を逸した企画(笑)
しかし、準備はもうしていたので、強行突破にでました。

アクシデンツ/雨のメイン・ストリート
album-human zoo(1985)
アクシデンツ
九州出身のロック・バンド。
スマイリー原島こと原島宏和の少ししゃがれた歌声は、切ない歌詞にはまる。
メジャー・デビュー前の12’の方が実はお気に入り。


amon duulⅡ/sandoz in the rain(improvisation)
album-yeti(1970)

アルバムの邦題「地獄!」は、ジャケの鎌をもった立ち姿がイメージさせるのは明白。
アルバムの原題は「雪男」の意味。
殆ど雨を連想させない曲。まだ「Ⅰ」の影を引きずりつつも、
中近東などをイメージさせるワールド・ミュージック志向を取り入れつつ
独特のサウンドに移行しつつある。


マーブル・シープ/レイン
album-for demolition of a spiritual framework(2003)

降り注ぐ雨は、祈る兵士を全て洗い流そうとする、敵側からの砲弾なのか。
ロッカ・バラードのリズムを取り入れた、へヴィーな曲調。


ジンタ/ジャングル・ラブと甲斐性無し
album-青天の霹靂(2000)
ジンタ
日本のザ・バンドとも呼ばれた、元マーブル・シープの竹内圭が結成したグループ。
アメリカ南部のルーツ・ミュージックやそれにまつわるロック、パブ・ロックなどに
日本の歌謡曲(昔の良き時代の)のテイストを奇跡的に組み合わせた、
素晴らしかったバンドの、これは解散記念LIVE盤。


the velvet underground/hey mr. rain(version Ⅰ)
album-another view(1986)

ヴェルヴェットの、当時は驚愕だった未発表曲集の第二弾より。
ケイルのヴィオラが印象的な、ややドローン掛かった1曲。


merrell fankhauser/garden in the rain
album-maui(1977)

タイトル通り、ハワイで製作された、まさに常夏のパラダイスをイメージさせてくれる
極上のサイケデリック・ソフト・ロックの名盤。

7/5 on air list 「七夕」

毎年では無いが、大体この時期にやる企画の一つ。
七夕にちなんで、星などに関する曲の特集。
しかし、この梅雨時にやるんではなく、旧暦の8月にやった方が
雲や雨になる事も少なく良いんではないのか?

pink floyd/interstellar overdrive
album-o.s.t/tonite let's all make love in london...plus(1993)

流してから発覚。昨年もオン・エアーしてた(笑)。でも、無問題。
アーノルド・レイン録音時に同時に録られていた曲で、1stアルバム収録とは別アレンジ。
個人的には全編リズムが有り、ドライブ感が感じられるこちらのテイクが好き。
全編、即興演奏。ライト・ショウと絡めば、そら、トリップ必然だわな。
残された映像の一部でもそれは判るし。


king crimson/starless
album-red(1974)

敢えて、星無き聖なる夜、を持ってきた。
「無」が神聖な感を連想させるのも何となく判る。
ちなみに、クリムゾンを聞き始めの頃、暗黒の世界のstarless and bible blackと
この曲がゴッチャになってたが、自分だけでは無いはず。


white heaven/fallin' stars end
album-out(1991)

バラード調の、静かに深く心を抉り取る、栗原道夫のギターが印象的。
当初はアナログ盤500枚限定でリリースされたが、1曲テイクを差し替えCD化された。


grateful dead/dark star(single ver.)

アルバム「LIVE/DEAD」での、サイケデリックの名演が有名な曲だが、
今回はシングル・ヴァージョンで。
ガルシアの空間を煌きながら漂うギターの音の美しさに気付くまで、
当時は結構な時間を要してしまったが、それも回り道ではなかったと思う。
Recommend
プロフィール

music freak out

Author:music freak out
新潟県の燕三条FM「ラジオは~と」にて、通常のFMではまず流れないであろう音楽の数々を独自の選曲で15年間オンエアーされていた異色音楽番組「music freak out」のナビゲーターだった「ナゴヤ」のエッセイなど。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
最近のお勧め
amazon
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード