FC2ブログ

music freak out

music freak out(通称「MFO」)

1998年10月
新潟県県央地区の燕三条FM「ラヂオは~と」にて、
前身番組「ロック名曲座」オンエアー開始。
1999年4月より番組名を「music freak out」と改める。

表舞台には出て来難いが、素晴らしい個性を持った
音楽の数々は確かに全世界に存在する。
そんな曲の数々を、ロックを中心に独自の選曲で
お届けする、1時間の音楽プログラム。
ヒットチャートは完全無視でオンエアー。

2013年9月27日、15年間に渡る放送を終了。
http://www.heart768.com/

以前のブログは下記のページです。アーカイブとして御覧下さい。
http://star.ap.teacup.com/758mfo/
スポンサーサイト



テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

「Klaus Nomi/In Concert」 2021年の入手モノ

Klaus Nomi/In Concert(RCA PL71145)(LP)(中古)
P1000783.jpg
P1000784.jpg

1980年代のニューウェーブシーンの寵児、徒花、異端とも評される「クラウス・ノミ」。
彼の未再発&未CD化のライブ盤LPを遂にゲット。

振り返ること35年前、今は無きオンステージ・ヤマノ池袋パルコ店で見かけ、
結局その時は買わずじまい。まさかその後入手するまでこれほどの年月が過ぎるとは
当時は夢にも思いはしなかった。
なぜ店名まで覚えているかと言うと、ずっと悔しくって仕方無かったからですよ(笑)。

ロック・サウンドに狂気を孕んだオペラ・ヴォイスが響くそのスタイルに
すっかり当時の自分はやられてしまった。
「変」であればあるほど魅かれるといった時代性もあるのだが、
収集したこのレコード類の画像を見てもらえば、
どれだけノミを好きだったか判ってもらえると思う。
でもまだまだ全然足りないんだけどね(笑)。
P1000787.jpg

で35年目にして初めて聞くノミのライブ盤。
スタジオ・テイクとアレンジが異なっていたりと発見も多い。
ああ、これが聞きたかったのだー。
しかしLP1枚の分量じゃ全然もの足らないわー。



テーマ : 本日のCD・レコード
ジャンル : 音楽

「藤圭子/ダーク・ポップ」 2021年の入手モノ

藤圭子/ダーク・ポップ(Vanilla 33)(カセット)(新品)
P1000788.jpg

藤圭子、と言っても「宇多田ヒカル」の母親のことではない。念のため。

何年前の事だったか、新潟市西堀の正福寺でのライブイベントで、
ディーゼル・ギターの能勢山さんが、いつものギター・ドローンでは無く、
アコギ片手に「寄宿舎流れて工場焼けて門番コレラで死ねばよい」と
声高らかに歌い上げた楽曲に凄まじいほどの衝撃を受けた。
製紙工場の女工小唄にメロディーをつけたその曲が、
能勢山陽生とオガワショウゴ(後にマドモアゼル・ショート・ヘアー結成)のコンビ、
ディーゼル・ギターズの別ユニット「藤圭子」のカセットに収録されていると知ったのは
それから間もなくの事。(まぁ、本人に聞いたんだけど)

Vanilla Recordsから1993年リリースのカセットで、
市場には当然もう出回ってはいなく、Vanillaのサイトでも売り切れだった。
ところが先日、何気なくサイトを除いたら販売再開しているではないか!
勿論新品!!
まさか?と思いつつオーダーしたらちゃんと手元に届いた。わーい。

「ダーク・ポップ」と名付けられたこのカセット。
ダークでは生温く思えるほどの「どす黒い怨念」が渦巻いていて、
ディーゼル・ギターやマドショーの面影が欠片ほども見受けられない(超誉め言葉)。

CDとかLP化、無いだろうなー。なったらなったで勿論買うけど。

テーマ : 本日のCD・レコード
ジャンル : 音楽

「山口冨士夫/ひまつぶし」 2021年の入手モノ

山口冨士夫/ひまつぶし(GOOD LOVIN'/HMV HRLP227)(LP)(新品)
P1000786.jpg

村八分脱退直後に製作された山口冨士夫の1stソロが、
突如オリジナルジャケットでのLP再発。
まぁ普通買うよね。

全編にリラックスしてブルースやR&Rをやっている様子が伺える名盤だが、
何より今回は、「オリジナル・ジャケットでのアナログ再発」の1点だけが
購入意義であると言って良い。
リマスターとかフジオが望んだとおりのLPカッティングとか、
音質については正直あんまり意味無いかなーと。
元々の録音がデモ・テープのつもりがそのままリリースされた経緯もあるし、
まぁそのチープ&スカスカ感がむしろ自分にとっては良い訳で。

1986年にリリースされたアナログは、河童の絵デザインに変更されてしまい、
まぁ、アレはアレで味わいあったけど、やっぱり思い入れはこちらのオリジナルジャケ。
だって昔はLP散々探しても手に入れられず、渋々再発で我慢したんだよなぁ(笑)。

1回針落としただけで後は多分聞かないだろう(笑)。

テーマ : 本日のCD・レコード
ジャンル : 音楽

「デヴィッド・ギルモア/オン・アン・アイランド」 2021年の入手モノ

デヴィッド・ギルモア/オン・アン・アイランド(ソニーミュージック SICP 31247)(CD)(新品)
P1000772.jpg

元ピンク・フロイド(と言う書き方も今更どうかと思うが)のギルモアの3rdアルバム。
前作から実に22年振りとなったアルバムで、憂いのあるブリティッシュ・ロックであり
名盤とされているし、内容についてはここでは詳しく述べない。

2020年9月にギルモアの全ソロ作が「初紙ジャケCD」での再発だったのだが、
これがどうやら市場では超ダブついているらしく、あちこちのサイトで安売りが始まっている。

自分が購入したのはアマゾンだったが、これが定価の半額以下だった。
思えば今回の紙ジャケ、何度も何度も何度も発売延期になったもの。
推察するに、度重なる発売延期の間にファンの購入意欲が著しく低下したのではないか?
実をいうと自分がそのクチである。

で、すっかり興味を無くしていて、或る時アマゾンのサイトを除いたら定価の半額以下。
この金額ならとこの3rdと1st(こちらも半額以下だった)を買った。
いや、リリースするタイミングって大事なんだなーと実感した次第。

ちなみにこの「オン・アン・アイランド」、オリジナルLPのEU盤も持っているのだけど、
通常のLPジャケサイズより一回り大きい。
P1000773.jpg
CDとの比較

P1000774.jpg
他のLPとの比較。これだけはみ出る。

通常のLP用外袋には全く入らない。
何でこんな仕様にしたのだろうか理解できない。意味無いだろ、これ。


テーマ : 本日のCD・レコード
ジャンル : 音楽

Recommend
プロフィール

music freak out

Author:music freak out
新潟県の燕三条FM「ラジオは~と」にて、
通常のFMではまず流れないであろう音楽の数々を
独自の選曲で15年間オンエアーされていた異色音楽番組「music freak out」の
ナビゲーターだった「ナゴヤ」のエッセイなど。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
最近のお勧め
amazon
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード