FC2ブログ

music freak out

music freak out(通称「MFO」)

1998年10月
新潟県県央地区の燕三条FM「ラヂオは~と」にて、
前身番組「ロック名曲座」オンエアー開始。
1999年4月より番組名を「music freak out」と改める。

表舞台には出て来難いが、素晴らしい個性を持った
音楽の数々は確かに全世界に存在する。
そんな曲の数々を、ロックを中心に独自の選曲で
お届けする、1時間の音楽プログラム。
ヒットチャートは完全無視でオンエアー。

2013年9月27日、15年間に渡る放送を終了。
http://www.heart768.com/

以前のブログは下記のページです。アーカイブとして御覧下さい。
http://star.ap.teacup.com/758mfo/
スポンサーサイト

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

2018年MFOベストアルバム 成果&番外部門

2018年に聞いたものの中から、良かったと思うものを今年も発表。
Music Freak Out ベストアルバム。

成果 & 番外部門(順不同)

成果部門(成果部門は「ようやく入手」「掘り出し物」などといったレコードの事)

PANTA/P.I.S.S.(ビクター VHI-28361)(LP)
panta.jpg
「クリスタル・ナハト」と「頭脳警察/7」の間に挟まれた時期の作品という事で、
エア・ポケット的にあまり話題には上がらないアルバムではあるが、
仰々しいテーマを掲げることも無く、旨く肩の力が抜けた(「軽い」という事では無い)
ギター・ロック作品になっていて個人的には好きだった。
で、リアルタイムではCDで購入したんだけど、ようやくアナログ盤で入手。
リリースされた1989年はアナログ末期だから殆ど流通してなかったんだよなー。


SYD BARRETT/THE PEEL SESSIONS(STRANGE FRUIT SFPS043)(12')
syd.jpg
シド・バレットのジョン・ピール・セッション音源が、初めて正式リリースされた当時のアナログ盤。
訳有って手放してしまったが、なんとか再入手。
何度かCD再発もされたが、シド・ファンとしては持っておきたかった1枚。


DURUTTI COLUMN/LIVE AT THE VENUE LONDON(VU RECORDS VINI 1)(LP)
dc.jpg
1983年に4000枚限定でリリースされた、ドゥルッティ・コラムのロンドンでのLIVEを収録したLP。
これも再発はされているが、オリジナル盤が欲しくて探していたもの。
と言うかこれも以前持っていたけど手放してしまったヤツ。
こんなのばっかだな、オレ(苦笑)。


番外編
COBRA/VOICE(東芝EMI TOCT-24599)(CD)
220058919.jpg
oi パンクのコブラ、再結成のEMI時代の2枚目。
この時期はコブラに興味が無かった為、全く知らなかった1枚。
あんまり期待せずに聴いたら、ロンドン・ポップ・パンクなテイストが全開した、
全曲捨て無しの好盤。
この頃のライブ見たかったなーと思ったら、当時はヨースコーのベースプレイが
全然「ダメダメ」であったらしい(web情報)。



テーマ : 本日のCD・レコード
ジャンル : 音楽

2018年MFOベストアルバム 発掘音源部門

2018年に聞いたものの中から、良かったと思うものを今年も発表。
Music Freak Out的ベストアルバム。

発掘音源部門(順不同)

モダン・ドールズ/THE UNRELEASED TRACKS Vol.2(HEROES TVC-001)
modern.jpg
博多のビート・バンドの未発表曲集。
めんたいロック好きの者は必ず知っているバンドで、
1980年代には話題に上ることも多かったがメジャーデビューはせず。
甘くポップな曲調が多く、でもこの上っ面の安っぽさは多分計算づくであったであろう。


BLUE CHEER/THE '67 DEMOS(BEATROCKET BR148)(LP)
blue1.jpg
blue2.jpg
轟音ロックの代名詞「ブルー・チアー」の1967年のデモ音源で、3曲入りの片面盤。
厳密にはラジオ放送用音源でネットでは簡単に聴けるのだが、
こうして正式アイテムとしてリリースされた事は意義が有る。
音質は良くないながらもアルバム音源とテイクと聞き比べると、
このデモの方が圧倒的に迫力が有る。
1stの音に少なからず不満がある自分にとっては、此方を愛聴してもしかたないところ。
3000枚限定。ブルー・ビニール。


阿部薫、豊住芳三郎/MANNYOKA 万葉歌(NoBusiness NBCD 107)(CD)
abe.jpg
LPも同時発売されたが、曲が多い方のこちらをセレクト。
豊住さんのドラムが加わると、阿部のプレイがとっちらからない印象。
阿部の音源の中では比較的「聴ける」方かなー。
貴重な音源と言う事でエントリー。


四人囃子/1974ワン・ステップ・フェスティバル(SUPER FUJI FJSP360)(CD)
yonin.jpg
ワン・ステップ・フェスティバル出演時の単独音源が、BOXセットとは別音源の内容でリリース。
音質は良好とは言えないが、当時の現場の「空気」を少しでも感じることの出来る貴重な録音。
曲構成が難しいものも多いのだけど、LIVEでこの演奏技術はやっぱ凄いわ。


テーマ : 本日のCD・レコード
ジャンル : 音楽

2018年MFOベストアルバム 再発部門

2018年に聞いたものの中から、良かったと思うものを今年も発表。
Music Freak Out ベストアルバム。

再発部門(順不同)

International Harvester/Remains(silence SRSBX3500)(5LP BOX)
P1000249.jpg
P1000251_20180524160021c4b.jpg
スェーデンのサイケデリック・バンド「トラッド・グラス・オー・ステナー」の前身バンド。
その未発表LIVE音源を含むアナログ・ボックス・セット。
スタジオ作は過去CD化もされていたし持ってもいるが、当然購入。
「北欧のAMON DÜÜL」の異名も伊達ではない、
ダウナーなサイケデリックを全編で展開。

能勢山陽生/物質と生命(ANTI MUSIC ANTICD-002)(CD)
noseyama1.jpg
noseyama2.jpg
昨年art into lifeよりリリースされ直ぐ完売となった、ギター・ドローンの名作LPがCD再発。
ただしLPとはリミックスが異なり、別作品として捉えた方がいいかもしれない。
ギター・ドローンのある種、到達点ともいえる作品ではあるが、
現在能勢山氏はこの音を発していないので、もしLIVEに行かれる際はその点は注意されたし。
限定100枚。


栗原ミチオ/サンセット・ノーツ(ペダル PDL-1801)(LP)
kurihara.jpg
誇張では無く、日本が世界に誇れるギタリスト栗原道夫の
現在のところ唯一のソロ・アルバムがアナログ再発。
リリースされた事が非常に重要なのは間違いないのだが、
内容に関しては大ファンとしては「...」となるのが痛し痒し(苦笑)。

ディン・A・テストビルト/廃棄物(SUEZAN STUDIO SSZ3040)(7')
gomi2.jpg
gomi.jpg
コンセプトと異常な装丁(ゴミ入り)までも忠実に再現した、これぞリイシューの鏡。
エレクトロニクスとパンクを融合したテストビルトのデビュー・シングル。
ワタシも「ゴミ」に協力。こうした常識の逸し方は大好物。

ALEXANDER SPENCE/ANDOARAGAIN(MODERN HARMONIC MHCD-086)(3CD)
oar.jpg
元モビー・グレイプの中心人物アレクサンダー"スキップ"スペンスが残した
アシッド・フォーク、サイケデリックの名盤にして唯一のソロ・アルバム「OAR」が
ボーナス・トラックを「これでもか」と詰め込んでの再発。
っていうか、この「OAR」は再発される度、ボートラが増えて行くんですけど、
いっぺんに出せなかったもんでしょうかねぇ。


木田高介/DOG'S MAP & CAT'S MAP(ソニーミュージック DQCL 726)(CD)
kida.jpg
元ジャックスの木田高介唯一のソロ・アルバムが通販限定ながら遂にCD再発。
まぁ「フュージョン」なサウンドではあるのだが、
「フュージョン」が大嫌いだった時期にもこのアルバムだけは聴いていたので、
やっぱり木田さんは「何か」を音の後に隠していたのかもしれない。
「名盤」では無いかもしれないけど、日本ロックのオリジネーターの重要な1枚。


ガセネタ/Gaseneta(Full Contact KRYPT-129)(LP)
gaseneta.jpg
以前CD BOXでリリースされた音源が殆どではあるが、
ガセネタのアルバム・サイズの作品としては初のアナログ盤。
異形かつ禍々しいロックが此処に詰め込まれている。

浜田真理子/mariko(SUPER FUJI FJSP-334)(LP)
mariko.jpg
元々「アナログ」を強く意識させてくれるアルバムではあった。
昔、美音堂からアナログ化の話があったのだが流れてしまい、今回漸くの待望のLP化。
「黒真理子」の渾名に相応しく、隅々まで「黒」を強調したデザインも秀逸。
久保田真琴氏のアナログ・トランスファーの仕事も丁寧。

JAPAN/TIN DRUM(Virgin 671 041-7)(12'×2)
P1000392_201901101654382aa.jpg
japan2.jpg
正直「ハイレゾ」は自室の再生システムではその違いが判りにくいが、
これは何十年と聴き続けてきた盤でもあり、音の輪郭の際立ち方が顕著に判った。
ハーフ・スピードのマスタリングと45回転盤の威力恐るべし。
SACDの音より良かったんで、SACDの方を売り払った。
アビーロードスタジオでのマスタリング証明書付き。

THE GEROGERIGEGEGE/THE GEROGERIGEGEGE(VIS A VIS AUDIO ARTS vavaa88)(K7 BOX)
gero1_201901101652500d4.jpg
gero2_20190110165251d2f.jpg
幻の1stカセットが、オマケのインサートもふんだんに再発。
全編オーバーレベルの音は、やはりカセットという媒体がしっくりくるが、
その音は「狂っている」としか言えない。
「ノイズ」としての「ゲロゲリ」の姿はやはりこれが原点。



テーマ : 本日のCD・レコード
ジャンル : 音楽

2018年MFOベストアルバム 新譜部門

2018年に聞いたものの中から、良かったと思うものを今年も発表。
Music Freak Out ベストアルバム。

新譜部門(順不同)

Mimiz/ROMANTIK (Telocentrip TT-002)(CD)
mimiz1_201901101653093d4.jpg
mimiz2_20190110165311bff.jpg
鈴木悦久、飛谷謙介、福島諭によるフリーセッション・ユニットの3rdアルバム。
カリンバ(?)の音から始まり、徐々に空間が電子音で満ちていく様が、
即興でありながら精密な絵画的で興味深い。


The New Blockaders & The New Movement/Le Cochon Danseur N'a Pas Obtenu De Applause(no lavel no number)(K7+3'DVD-R)
tnb_201901101654429bb.jpg
TNBとTNMの共同作品で、1907年の映画「Le Cochon Danseur ...」へのオマージュ作。
至る処にブタに関するアートやコラージュがあり奇怪なジャケデザイン。
音はコラージュ&物音系&エレクトロニクスだが「ノイズ感」はやや乏しい。
DVD-Rはライブの映像だが、暗すぎてよく見えなずさながらホラー映画の雰囲気。
カセットとDVD-Rのセットで50部限定。


ヒカシュー/絶景(makigami mkr0012)(2CD+DVD)
hikasyu1.jpg
hikasyu2.jpg
平沢進もゲスト参加した2016年12月25日代官山UNITでのライブ盤。
長年、ヒカシューは「テクノ」だと思い込んでいたのだけど、
数年前に「あれ?ホントはプログレなんじゃね?」と気付いた。
そんな心構えでいたものだから、実に新鮮に聴けた1作。
初回限定盤はLIVE映像のDVD付。


頭士奈生樹/IV(オルグ ORG-023cd)(CD)
zushi.jpg
実に13年振りの新作。
とは言え、前作を愛聴してきたせいかそれほどのブランクが有ったとは思わなかった。
前作は「歌」に特化した内容に感じられたが、
今作はギターを全面に出してきている。欲を言えば1stの様な激しさも欲しい所。
とはいえ、凡庸な所謂「ギター・サウンド」とは完全に一線を画する。


桑山清晴/Falsegraphia(no label SR-003)(10inch Lathe Cut + CD-R)
kuwayama.jpg
廃工場の空間に鳴る音響が心地よい。
「空間」を意識した奥深い音作りはこの人ならではのもの。
Lathe cut盤(1枚ずつPC板にカットするもの)と、同内容のCD-Rのセット。限定45部。


カブトとヤス&FRIENDS/実況録音盤 2018(no label humanerror-001)(CD)
yasu.jpg
奇形児ヤスの別ユニット「カブトとヤス&FRIENDS」の、洋楽の日本語詩カバーも含むLIVE盤。
全体的に「昭和歌謡」のテイストが強いが、ヤスのやさぐれた声質が合っている。
特にカナリア時限爆弾のカバー「刺青の男」は白眉の出来。限定100枚。


浜田真理子/LOUNGE ROSES-浜田真理子の昭和歌謡(コロムビア COCP-40540)(CD)
hamada.jpg
浜田真理子のカバー自己消化&再構築の匠の技は今に始まった事では無いが、
こうしてまとまって聴くとより実感が伴う。
昭和歌謡の普遍さを更に強化する歌は強力。


Twink/Think Pink III(Vincebus Eruptum Recordings VELP021)(LP)
twink1.jpg
twink2.jpg
元ピンク・フェアリーズのトゥインクの新作で、あのサイケの名盤「Think Pink 」の続編と聞けば、
来年リリース50周年を迎える「Think Pink 」の「便乗商法かよ」と見てしまうだろう(笑)。
それほど近年のトゥインクの作品は、まぁ「アレ」だった訳だし...。
で、期待せずに聴いてみたら、全編を占めるアシッド・フォークが存外に良く、
何度も聞き返してしまう始末。
クレジットを見たら、トゥインクがセルフ・プロデュースでない。うん、なるほど、そのせいか。
500枚限定のピンク・ビニール。


うーん、限定盤ばっかりだなー、オレのチョイス(苦笑)。




テーマ : 本日のCD・レコード
ジャンル : 音楽

Broken Music Artists Recordworks

アートレコードカタログ&指南書である「Broken Music」が復刻とのことで勿論購入。

20181003_5ac647.jpg

オリジナルの書籍が発売された1989年当時には、
まだこの手の音楽にはそれほど深くのめり込んでいなくて購入は見送った覚えがある。
まぁ、サイケ者にとっての「FLASHBACK」と同様の本と言ってもいいかもしれない。
「FLASHBACK」は本当に読み込んだもんなー(笑)。

で、この「Broken Music」をペラペラとめくってみたが、
知らないレコードばっかりなんじゃないかと思ったら、案外と知ってるのや持ってるのがチラホラ。
P1000362.jpg

それであれば、この中で知らないレコの多くは自分の琴線に触れるのが多いかもと言う事。
しばらくはこの本を頼りに、新たな音を探せそうな気がする(笑)。

P1000361.jpg
P1000363.jpg

全280ページの異様なまでの濃厚さは、すでにゲップが出そうではあるが楽しみ。
Milan Knízakのソノシート付き。

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

ANTI MUSIC LIVE QUESTION

12/4(火)夜、NEXT21ビル1階アトリウムにて、
恒例となった「ANTI MUSIC LIVE QUESTION」が開催。
DtfJ1doUwAAhOne_201812051931158bc.jpgDtLnjg0UUAArNbG_20181205193114c93.jpg
当日は12月としては珍しく暖かい日で、
会場は19時に暖房が切られてしまうのだけど、
切られた後もそこまでの寒さは感じず昨年の開催とは雲泥の差があった。


出演は
ASUNA(キーボード装置使用)
能勢山陽生(ギター使用)

約30分ほどの演奏を、両者2セットづつ。
会場内には、前方にスピーカー6個とアンプ2台を設置するという、狂気のセッティング。
まぁ、個人的には音量はそれでも不足なんだけどね(笑)
P1000357.jpg


能勢山さんは近年はドローンから離れており、
昨年リリースされたギター・ドローンの名作「Matter and Life」からは
大きく隔たった演奏をこの日は披露した。
最初はデレク・ベイリー等を連想させるフリージャズ的なアプローチから、
徐々にノイズ感が増していく。
特筆すべきは、明らかに「弦を弾いて」いる音であった事。
(但し、一般的に連想されるギターの音ではない)。
数ヶ月前、東京での公演でも同じような演奏をしたらしいのだが、
あの「ドローン」サウンドを期待した観客は、どう感じたのだろうか?
尚この日の演奏は、ギターを一個の小さなアンプに通してPAで増幅させた、
恐らくは過去最もシンプルなセッティングであった。
(セッティング図の写真撮るのを忘れてしまった。)

P1000354.jpg



ASUNAさんはキーボードをギターを使用した演奏。
アンビエント的なサウンドからスタートし、徐々に色々な音が重なって行き、
混沌を極めていく様が面白い。
ギターに載せられたオモチャ類がピックアップや弦振動で増幅されて、
更に混沌度を深めていく。
P1000355.jpg
P1000356.jpg
P1000358.jpg

最後は光反応の増幅装置に載せられていた光る指輪を手で弾き飛ばして演奏終了。
うん、カッコ良かった。

仕事休みもらってまで見に行った甲斐は有ったというもの。

えーと、次回は有るのかな?円秀さん。

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

ORGANUM/RAVEN

ORGANUMといえばノイズ好きなら知らない者は居ない訳だが、
近年はジャケットのアートワークも文字だけの素っ気無いものだけだったり、
やたらと活動休止前後のMBを思わせるスピチュアルな音だったりと、
かつてのノイズに近い音響作が好きだった身にとっては、それらは実に物足りなかった。

そんな訳で8年振りのリリースに期待をしつつも不安もあったのだけど、
で届いた新作「RAVEN」だが、真っ白の紙ジャケにシール貼り付けのみの、
以前の素っ気無さがそのまま。
AVY180717-SIREN28.jpg
ジャケ
P1000331.jpg
インサートもこの通り

音もまさかと聞くと、鍵盤楽器をワンコードだけ間隔を置いて鳴らし、
時折鐘の音が混じる、それだけ。
で、これって聖三部って言われた「SANCTUS」「AMEN」「OMEGA」で使われてた素材の使い回しじゃないのか?

いやこれでも悪くは無いんだけど、聖三部から音数を少なくしたとしか聞こえない。
久々の復帰なれどまだこの路線で行くのか?
弱ったなー(苦笑)。
500枚限定プレス、との事。

テーマ : 本日のCD・レコード
ジャンル : 音楽

PROFESSIONALS/THE COMPLETE

ネットで色々とレコを散策していたところ、
レコメンドで引っ掛かってきたのがこの「プロフェッショナルズ」の3CDコンプリート音源集。
2015年にリリースされていたのだが、全く知らなかった。
無意識のうちに注文ボタンを押してしまった(笑)。
P1000286.jpg

プロフェッショナルズというと、セックス・ピストルズの残党ポール・クックとスティーブ・ジョーンズが
結成したことで知られるパンク・バンド。
P1000287.jpg
左・スティーブ 右・ポール

まぁピストルズ・ファンでなければ、まず手を出さないであろうアイテムであるのは確実。
で、勿論自分は手を出した訳で(笑)。
アルバム1枚だけで解散(近年ポール・クックが再結成)。
まぁニュー・ウェイブやハード・コアの嵐が吹き荒れている1981年に
こんな旧態依然なB級パンクでこられてもねぇ。
でも、その亜流ピストルズ的B級パンク・サウンド(残党が2人いるのにこの表現は正直おかしいが)は
結構好きだったりする。
勿論末期ピストルズ(ロットン脱退後)も。

デモ、ラジオショウ、ジミー・パーシーとのセッション、アルバム未収録のシングル曲、
当時お蔵入りした(90年代になってリリース)実質1stの音源、などなど盛りだくさん。
まぁ、燃えるわな(笑)。
P1000288.jpg
P1000289.jpg

テーマ : 本日のCD・レコード
ジャンル : 音楽

水橋春夫さんの音

8月5日に、元ジャックスのギタリストだった水橋春夫さんが逝去された。
その報がネット上にでたのは3日後の8月8日のこと。
しばらくPCの前から動けなかったほど衝撃だった。

水橋さんの功績としては、一般的にはやはりWINKや横浜銀蠅のプロデューサーとしてだろうが、
自分にとってはやはり「ジャックス」でのギター・プレイしか思い浮かばない。
jacks.jpg
(写真右上が水橋春夫さん)

所謂「旨い」ギタリストでは無かったと思う。
ただ水橋さんのギターはそれまで聞いたギタリストのどれとも違っていて、
テクニック的な事はまぁ脇に置いておくが、
それでも一度聞いたら絶対に忘れる事が出来ないほどの圧倒的存在感があった。

ラヴ・ジェネレーションでのギター・ソロはリズムに合っていないし途中つっかえってしまっているし、
マリアンヌでは、同じ音しか鳴らしていないのに、
しかし胸を抉られる様な音の響きはサイケデリックにしか聞こえなかった。
P1000278_201807051636541c1.jpg

2015年にリリースされたアルバム「考える人」で音楽シーンに復帰。
(早川義夫氏のLIVEで客演したりしてはいたが)
2ndアルバムでも昔と変わらないギターがあった。
今後の更なる活動を楽しみにしていたのに残念でならない。
日本ロックの至宝がまた失われてしまった。

テーマ : サイケデリック
ジャンル : 音楽

Recommend
プロフィール

music freak out

Author:music freak out
新潟県の燕三条FM「ラジオは~と」にて、通常のFMではまず流れないであろう音楽の数々を独自の選曲で15年間オンエアーされていた異色音楽番組「music freak out」のナビゲーターだった「ナゴヤ」のエッセイなど。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
最近のお勧め
amazon
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード