fc2ブログ

music freak out

music freak out(通称「MFO」)

1998年10月
新潟県県央地区の燕三条FM「ラヂオは~と」にて、
前身番組「ロック名曲座」オンエアー開始。
1999年4月より番組名を「music freak out」と改める。

表舞台には出て来難いが、素晴らしい個性を持った
音楽の数々は確かに全世界に存在する。
そんな曲の数々を、ロックを中心に独自の選曲で
お届けする、1時間の音楽プログラム。
ヒットチャートは完全無視でオンエアー。

2013年9月27日、15年間に渡る放送を終了。
http://www.heart768.com/

以前のブログは下記のページです。アーカイブとして御覧下さい。
http://star.ap.teacup.com/758mfo/
スポンサーサイト



テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

「NICO+THE FACTION/Camera Obscura」 2022年RSDの入手モノ

NICO+THE FACTION/Camera Obscura(Beggars Banquet BBL 63 LPE)(LP)(新品)
P1000893_20220701200728afb.jpg
P1000894_20220701200730218.jpg

1985年リリースのニコ晩年のアルバム。
実はこれ一度も聞いた事が無かった。
今回RSDでカラーレコードでのリリースでもあったので購入した次第。
NICOの後期の傑作と言われてもいるアルバムだが、
自分的には聞いてみて「?」って思ったアルバムだった。

The Factionというバック・バンドを従えてのサウンドなのだが、
インダストリアル、NW、テクノ風味のサウンドの曲だと、
ニコのボーカルとの相性がすこぶる悪い感じがしてしまう。
結局このアルバムの中で何が良かったかというと、
ゴスやクラシカルやシンプルなアレンジの曲だったりする。
特にジャズ・スタンダード「My Funny Valentine」とか。

時間を置いて聞き直してみたら印象が変わるかもしれないので、
何年か寝かしてみようと思う。

CD版

テーマ : 本日のCD・レコード
ジャンル : 音楽

「Laura Nyro/Trees of the Ages: Laura Nyro Live in Japan」 2022年RSDの入手モノ

Laura Nyro/Trees of the Ages: Laura Nyro Live in Japan(Omnivore OVLP-431)(2LP)(新品)
P1000885_20220527195518e58.jpg
P1000886_20220527195434f57.jpg

元々は2003年に日本限定でリリースされた1994年の日本でのライブを収録したアルバムで、
その後2021年には世界発売されたものの、今回RSDに合わせて初アナログ化。

正直なところローラ・ニーロの熱心なファンとは言えないが、
それでも何枚かアルバムは持っている。
初アナログ化という事にも魅かれて購入したわけだが、
ローラのボーカルとピアノ、あとはコーラス隊のみというシンプルなライブ編成に、
グイグイと引き込まれていく。
大きな仕掛けなどが無い分、ローラ・ニーロの歌声により酔える。

あと、このアルバムを購入したサイトでの販売価格なのだが、
昨今のアナログ高騰事情から顧みてLP2枚組で普通なら6000円以上だろうけど、
何故か異様に安かったのだ。
もしかしたら価格設定ミスか?と思いつつ、さっさと注文。
何事もなく届きましたけどね(苦笑)。

CDヴァージョン


テーマ : 本日のCD・レコード
ジャンル : 音楽

「THE KNACK/LIVE AT THE HOUSE OF BLUES」 2022年RSDの入手モノ

THE KNACK/LIVE AT THE HOUSE OF BLUES SEPTEMBER 25,2001( Liberation Hall LIB-5078)(2LP)(新品)
P1000887_202205271954364fc.jpg
P1000878.jpg

9.11同時多発テロの2週間後に行われたLIVEで、
恐らく開催に当たって色々な葛藤などがあったと想像できる。
その音源の意味合いもそうだが何より大好きなKnackのライブ盤で、
しかもブルー盤のLPだったので入手できて嬉しい。
が、聞いてみて内容がちょっとなー、な感じだった。
見慣れないレーベルからのリリースだったし
近年多い「海賊盤もどき」なアレかなと思ったらアレだった。
全体的に各楽器の録音バランスが悪い。
特にドラムのフロアタム(多分)が爆割れしている。
ダグ・フィージャーのボーカルの調子が良くない。等々。
ライン録りの音源見つかりましたから出しました、みたいな出来だった。
でもファンなので買った事に後悔は無い。

オマケに一般流通のCDヴァージョンまで買ったし(苦笑)。
名盤には決してならないであろう一枚。
だがパワーポップ全開で飛ばしているので悪くは無い。

テーマ : 本日のCD・レコード
ジャンル : 音楽

「Dalis Car/THE WAKING HOUR」 2022年RSDの入手モノ

Dalis Car/THE WAKING HOUR(Beggars Banquet BBL 52 LPE)(LP)(新品)
P1000883.jpg
P1000884_20220527195516fa5.jpg

JAPANのミック・カーンとバウハウスのピーター・マーフィーによるユニットの
1984年リリース1stがカラーLPでRSDアイテムでリイシュー。
リリースされた1984年当時、勿論このユニットは知っていたしNW大好きっ子なもので
買おうとも思っていたものだけど何故か入手に至る機会が無く、
CD再発時もネット時代になって気軽に音を聞ける状況でも聞く事を逸してきた。
つまり、今回が全くの初見だった訳だ。
あと、カラー盤だったのも入手動機としては大きい。マニアなもので。

で、早速ドキドキしながら聞いてみたが、
ミックの必要以上にネトネトウニョウニョ動き回りフレーズを紡ぐ変態ベースは凄く気持ちよかった。
もっと早く聞いておくべきだったかなーと、反省。

で、聞き終わった後の感想としては「ピーター・マーフィー、必要?」って思うくらい、
何か不自然な印象がずっと残った。
少ししてからジャパンの評伝「瓦解の美学」にダリズ・カーについて書かれていたのを読んだけど、
結構テキトーな結成だったのを知り、そりゃそんな付け焼刃じゃ曲に馴染んでないのは当然だなーと。
でもそんな内容なのに何回も聞き返してしまう自分が居るわけで。
あ、これヴェルヴェッツのスクイーズやドアーズのフル・サークルの時と同じ感情かな(苦笑)



テーマ : 本日のCD・レコード
ジャンル : 音楽

Recommend
プロフィール

music freak out

Author:music freak out
新潟県の燕三条FM「ラジオは~と」にて、
通常のFMではまず流れないであろう音楽の数々を
独自の選曲で15年間オンエアーされていた異色音楽番組「music freak out」の
ナビゲーターだった「ナゴヤ」のエッセイなど。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
最近のお勧め
amazon
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード