FC2ブログ

music freak out

music freak out(通称「MFO」)

1998年10月
新潟県県央地区の燕三条FM「ラヂオは~と」にて、
前身番組「ロック名曲座」オンエアー開始。
1999年4月より番組名を「music freak out」と改める。

表舞台には出て来難いが、素晴らしい個性を持った
音楽の数々は確かに全世界に存在する。
そんな曲の数々を、ロックを中心に独自の選曲で
お届けする、1時間の音楽プログラム。
ヒットチャートは完全無視でオンエアー。

2013年9月27日、15年間に渡る放送を終了。
http://www.heart768.com/

以前のブログは下記のページです。アーカイブとして御覧下さい。
http://star.ap.teacup.com/758mfo/
スポンサーサイト



テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

DAVID JACKMAN/HERBSTSONNE  今年入手したもの その10

今年入手したもの その10

DAVID JACKMAN/HERBSTSONNE(DIE STADT DS119)CD(新品)
P1000461.jpg
P1000462.jpg

これは久々にヤバいアイテムだ。
「COOL」な意味の「ヤバい」じゃなく、悪い意味の方の「ヤバい」だ(苦笑)。

昨年、Organumとして8年振りの新作「RAVEN」リリースしたが、
その際に「ん??」と余り良い印象を持たなかった。
そして今年はDavid Jackman名義でこれも久々の新作を、
これまた新作リリースが久し振りなドイツのレーベル「Die Stadt」から出したので、
Organum信者の自分としては二も無く買ってしまった訳ではあるが....。

リリース・インフォにあった「タンプーラ、ピアノ、オルガン、ベルのサウンドを使った47分1トラック」
の紹介文やジャケットデザインを見て、
嫌な予感しかしなかったのだが、果たして的中してしまった。
ちなみにパッケージデザインは盟友Jonathan Coleclough。
しかしこのただ文字を並べただけのデザインって....

P1000463.jpg
※ジャケ裏もこの有様

最初聞いた時、「あれ?間違って「RAVEN」をプレーヤーに入れちゃった?」と思った。
間違ってなかった。
「RAVEN」と「HERBSTSONNE」の差異が全く判らないのだ(大苦笑)。
つか、同じセッションの使いまわし?もしかして全く同じ音源?
つか、活動停止前の作品との差異も殆ど無し?
え?同じセッションの切り売り?(アモンデュールI じゃあるまいし)

本当に困った作品を連発するD.Jackman。
うーん、どうなるんだ?これ....。

テーマ : 本日のCD・レコード
ジャンル : 音楽

環境音楽 Japanese Ambient, Environmental & New Age Music 1980-1990 今年入手したもの その9

今年入手したもの その9

VA/環境音楽 Japanese Ambient, Environmental & New Age Music 1980-1990
                        (LIGHT IN THE ATTIC LITA 167)2CD(新品)
P1000435_20190614191356aa5.jpg
P1000436_20190614191343d8b.jpg


知人のSNSで話題になっていたので入手したアルバムで、
日本80~90年代の「環境音楽」を編纂したモノ。
昨今の日本ニューエイジの再評価も有るのだけど、
まさかシアトルのレーベル(LIGHT IN THE ATTIC)がこれを作るとは。
フォーマットがLPとCDがあったのだけど、これは聞き易さの方を重視して
CDヴァージョンを購入。ブックレットも丁寧な作り。

細野晴臣、久石譲、INOYAMA LAND、宮下文夫と言ったビッグ・ネームの作品から、
重箱の隅つついたような音源まで、これぞアンビエント・ミュージックと言った作品が並ぶ。

ただ、自分もいろんな「アンビエント」を聞いてきたのだけれど、
近年は変化が乏しく音量も小さめで静かなタイプを好んで聴くようになっていた。
存在しても邪魔にならない、ってヤツですね。
ところがこのアルバムの中の曲の殆どは、
想像していた以上に、音の強弱、音色の豊かさ、音数の多さが目立ち、
「賑やかだなー」と感じてしまった。
つい聞き入ってしまうのである(笑)。

そういやイーノのアンビエント・シリーズも、
10年くらい経ってから聞き直したら同じ印象を受けたなー。

最近はコレ、よくCDプレーヤーに入っている。

テーマ : 本日のCD・レコード
ジャンル : 音楽

ANGELIQUE KIDJO/REMAIN IN LIGHT 今年入手したもの その8

今年入手したもの その8

ANGELIQUE KIDJO/REMAIN IN LIGHT(Kravenworks KR1002)(LP)2018リリース(新品)
Angelique Kidjo

これを購入した理由なんて唯一つ。
トーキング・ヘッズの名盤「リメイン・イン・ライト」を全曲カバーしたアルバムだったから。
アンジェリーク・キジョーがグラミー賞を何度も受賞しているのは全然知らなかったし(苦笑)。
まぁ2018年リリースなんだけど、最近しったもので今更ながら。
CDとLPのフォーマットがあったが、当然LPを購入。

「リメイン・イン・ライト」と言えば、アフロ・ビートを大胆に導入し成功を収めた事により、
ニュー・ウェイブ・シーンが一気にアフロ化に傾いたというエポック・メイキングな作品である(と思っている)。
で、このアルバムは、ロック・シーンがアフリカ音楽へアプローチしたサウンドを、
本場がやってみたらどうなるかと言う趣向になる。

キジョーの奏でる「リメイン・イン・ライト」はしなやかに躍動しているのに対し、
本家トーキング・ヘッズ側はいびつに感じられる。
キジョー版もすごく引き込まれたし、
改めて聞き直したトーキング版もまた違って聞こえる部分があった。

結論・どちらもカッコ良い。

テーマ : 本日のCD・レコード
ジャンル : 音楽

NEW ORDER/Everythings Gone Green 今年入手したもの その7

今年入手したもの その7

NEW ORDER/Everythings Gone Green(Factory Benelux FBNL 8)(12') 中古

neworder.jpg
NO-L.jpg

最近、1stアルバムのデラックス・エディションがリリースされたNEW ORDER。
これは1981年にFactory Beneluxからリリースされた12インチのオリジナル。
JOY DIVISION時代から既に「デジタル・ビート」の発芽は有ったけれど、
まだパンクやゴスを引き摺っている暗さが同居しているダンスビートは、
この突き抜けきれないもどかしさが結構好きだったりする。

で、JDからの移行期でもある1stのDXは買おうかどうか迷っている。
もうちょっと安ければなー。

この12'、アナログ再発もされていた。

テーマ : 本日のCD・レコード
ジャンル : 音楽

The New Blockaders/The Pulp Sessions 今年入手したもの その6

今年入手したもの その6
The New Blockaders/The Pulp Sessions(Menstrualrecordings LH117)(LP)2019年リリース

P1000433.jpg
P1000432_20190521155418c6f.jpg

TNBとOrganumの共同名義で1984年にリリースされた名盤7'「Pulp」。
その7'の為にTNBがレコーディングした元ソース(らしい)がこの作品。

以前CD化(リリース当時の未発表曲を含む)もされているが、
R119206001 (2)
いかんせん1曲が短く、これは通して長く聴けるヴァージョンを熱望していた訳で
今回のリリースは聞き応えがあって非常に満足。
(オルガナムの音が入っていないのは残念だが)

オリジナル「Pulp」と聞き比べると、TNBの音に「オルガナム」何を加えていたかが、
結構簡単に判別できて興味深い。

ちなみに20部限定のCD付バージョンもリリースされたのだが、
そんなもん、インフォを知りサイトにアクセスした時点で速攻売り切れてたわ(苦笑)。
それでレギュラー盤クリアビニールを入手した訳だが、これもわずか250枚限定。

P1000434.jpg

初期TNBのざらついた音が好きな人は購入はお早めに(笑)








テーマ : 本日のCD・レコード
ジャンル : 音楽

Michael Rother/Solo 今年入手したもの その5

今年入手したもの その5
Michael Rother/Solo(GRÖNLAND LPGRON204)(6LP BOX)2019年リリース(新品)

P1000405-(2).jpg

「NEU!」で「やんちゃ」な部分を担当していたのがクラウス・ディンガーとすれば、
「たおやか」な部分の担当はこのミカエル・ローターであったのではなかろうか。

クラフトワーク、ノイ!、ハルモニアを経て製作された初期のソロ4作に、
ボーナスディスクを付けてのリイシューBOXセット。
P1000408-(2).jpg

CD BOXとLP BOXの2パターンでリリースされたが、迷う事無くLP版を入手。
勿論お目当てはLP BOXのボーナスディスク2枚。
1枚はTV番組『HOUSTON』用のサウンド・トラック音源、
そしてもう1枚はLive音源とローターがリミックスした音源を収録したもの。
なお、LIVE&RemixはLP BOXにだけ収録。
P1000407-(2).jpg
P1000406-(2).jpg

しかーし、収録時間が短すぎて不完全燃焼。
て言うか、LIVE音源だけでBOX作って欲しかったよなー。
ソロ4作なんて過去散々聞いてきてるし。
いや、GRÖNLANDの事だ。後で「蔵出し」するかもしれん。
それを気長に待つとしよう。


テーマ : 本日のCD・レコード
ジャンル : 音楽

3/3 今年入手したもの その4

今年入手したもの その4
3/3(P-VINE RLP-6946)(LP)2019再発(新品)
3-3-1.jpg
3-3-2.jpg

フリクションの前身バンドとしてしられる3/3。
レコーディング・メンバーはレック、チコ・ヒゲ、ヒゴヒロシとくれば、
全員フリクションに在籍したメンバーでもあるし、
もうフツーにフリクションで良いんじゃね?みたいな訳ではあるが、
サウンドとしてはソリッドな所が少なく、
オーソドックスなハードロック然としていて、
でもカッコ良いんで問題は無いんですけど。

わずか10枚しか製作されなかった事もあって超レア・アイテムだったのだが、
2007年にまさかのCDリイシュー(ボートラ満載!)。
そして今年になって遂に満を持してアナログ・リイシュー。
CD再発の少し前にドイツのShadoksが雑な作りのブートLPを出した事が有るが、
まぁアレは無かった事で(笑)。

ともかく、これは「アナログ」で持っている事に意義が有るアイテム。
そんな訳で、一回しか針を落としてません。
もっぱら聞くのはCDです(笑)。

テーマ : 本日のCD・レコード
ジャンル : 音楽

VA/THE COVER SPECIAL 今年入手したもの その3

今年入手したもの その3
VA/THE COVER SPECIAL(ビクター NCS-10166)(CD)2017年リリース
(新品 タワーレコードオンラインで)
cover1.jpg
cover2.jpg

1988年2月6日に渋谷公会堂で、
国内外のロックの名曲をカヴァーするイベント「THE COVER SPECIAL」が開催された。
ザ・ロック・バンド(アナーキー)の呼び掛けで始まったイベントで、
その第3回目がこのCDに収録されている。
今でこそカヴァーだけのイベントは珍しい事では無いが、
当時は結構注目を浴びたものだった。
何より参加メンバーが超豪華。
仲野茂、PANTA、柴山俊之、忌野清志郎、ケラ、鈴木慶一、かまやつひろし、ジョニー・サンダース等々。
実はオリジナルのCDは持っていたのだが手放してしまった。
先日タワーレコードのオンラインショップを覗いていたら、
このCDが紙ジャケで再発されていることを知り、しかも破格のアウトレット価格!。
懐かしさも相まって購入してしまった。


で、実はこの日のライブは自分は見に行っている。
証拠のチケットがこれ。
P1000401-(2).jpg

ステージ上のミュージシャンも客席も本当にリラックスしていて、
カバーの名曲を純粋に楽しんでいたように思う。
まぁ、正直に言うと当時は知らない曲も有った訳で、
今聞きなおすと又違う感覚で聞けてしまう。
ライブの時よりも、CDを初めて聞いた時よりも、ずっとずっと楽しい。
あれから30年経ったけど、その間ずーっと音楽を聞き続けてきた積み重ねが
そうさせてくれるんだろうなーとか、思ってしまった。

あと余談ではあるが、
ジョニー・サンダースのユニットの演奏が一番盛り上がらなかった。
今思い出しても何でか判らない(苦笑)。

テーマ : 本日のCD・レコード
ジャンル : 音楽

Cosey Fanni Tutti/Tutti 今年入手したもの その2

今年入手したもの その2
Cosey Fanni Tutti/Tutti(Conspiracy International CTITUTTILP2018)(LP)2019年
(新品 アマゾンで)

「Throbbing Gristle」のメンバーだったCosey Fanni Tuttiの、
実に35年振りのソロ名義のアルバムがCDとLPで発売された。
当然、自分はLPのヴァージョンを購入。
そして嬉しいブルー・ビニールで、オマケにDLコード付き。
早速デジタルダウンロードして音楽プレーヤーに取り込んだ。
ct-1.jpg
ct-3.jpg

しかし前作「TIME TO TELL」以降35年もソロ名義は出していなかったとは思わなかった。
その間はその「TIME TO TELL」の再発やコラボ作やら色々有ったしなー。

で、早速聞いて見るとTGから連想される「インダストリアル」や、
前作「TIME TO TELL」のアンビエントな風味とは違い、
ビートを強調したトライバルなサウンドで、曲によってはもうテクノ・サウンド。
まぁ、細かい事いえばTGも或る意味「テクノ」な訳なんで、れほど大きな違和感は覚えず。

ただ曲の影には、不穏な不安感を覚えるのは、やっぱり仕方ないかと(苦笑)。

テーマ : 本日のCD・レコード
ジャンル : 音楽

Recommend
プロフィール

music freak out

Author:music freak out
新潟県の燕三条FM「ラジオは~と」にて、通常のFMではまず流れないであろう音楽の数々を独自の選曲で15年間オンエアーされていた異色音楽番組「music freak out」のナビゲーターだった「ナゴヤ」のエッセイなど。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
最近のお勧め
amazon
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード