music freak out

music freak out(通称「MFO」)

1998年10月
新潟県県央地区の燕三条FM「ラヂオは~と」にて、
前身番組「ロック名曲座」オンエアー開始。
1999年4月より番組名を「music freak out」と改める。

表舞台には出て来難いが、素晴らしい個性を持った
音楽の数々は確かに全世界に存在する。
そんな曲の数々を、ロックを中心に独自の選曲で
お届けする、1時間の音楽プログラム。
ヒットチャートは完全無視でオンエアー。

2013年9月27日、15年間に渡る放送を終了。
http://www.heart768.com/

以前のブログは下記のページです。アーカイブとして御覧下さい。
http://star.ap.teacup.com/758mfo/
スポンサーサイト

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

BRINSLEY SCHWARZ/IT'S ALL OVER NOW

ブリンズリー・シュウォーツが、
解散直前の1974年に録音していたがお蔵入りしてた未発表曲集が4月にリリースされた。
LPとCDのフォーマットがあったけど、当然LPで購入。
しかし初回150枚限定のオレンジ盤は入手出来ず。残念。
bs6.jpgbs5.jpgbs4.jpg

初オフィシャルリリースとの事だけど、
1988年にイアン・ゴムがメンバーに未許可でミックスし直してDECALからリリース、
当然抗議を受け速攻回収された経緯がある。
このアルバムはブートCDとしても出回ったため、
実はファンにとっては聴きなれたものとも言える。

20年くらい前にこの回収された「オリジナル」盤を入手している。
で、上記のブートCDも持っている。
なのに再発も買っちゃうという、悲しいマニアの性(苦笑)。

そのオリジナル盤
    ↓
bs3.jpgbs2.jpgbs1.jpg

収録曲の一部は、後にメンバーがセルフ・カバーするものもあり、
ブリンズリーのラスト・アルバムとしてはなかなかの充実ぶり。

しっかし、このジャケットワーク、もう少し何とかならなかったもんでしょうか。
オリジナルの方がずーっと良いと思うんだけど。

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

「ANTI MUSIC LIVE IN JUNE」ライブ・レポート

「ANTI MUSIC LIVE IN JUNE」

6/20夜、新潟市NEXT21アトリウムでは2回目となる
「ANTI MUSIC」主催のライブを観に行った。

19399061_1886052804995617_5.jpg

出演は鎌田悠くんと能勢山陽生さん。
それぞれ交互に2セットづつ演奏。
このスペースでの演奏は、
吹き抜けの空間が独特の音を響かせてくれる。

P1000680.jpg

悠くんの1stセットの演奏は、
塚本幼稚園園児の例の選手宣誓音声(安保法制国会通過よかったです)を
コラージュしたもの。
カセットテープ音源を変調したり速度を変化させたり、
徐々にノイズまみれに加工していく様は、彼なりの政治的メッセージの濃い表現。
比較的単純な機材セッティングなんだけど、低周波から高周波まで巧みに操る様は、
やっぱり悠くんの才能のなせる業かなーと。

P1000684.jpg


能勢山さんのこの日の演奏は、
2月のアトリウム、4月の砂丘館の何れとも異なったアプローチ。
1stセットではアンビエント色が強く、ギターサウンドとは思えない
エレクトロニクスでの演奏かと思わせる音加工で、
非常に穏やかな印象を持った。
対して2ndセットではボーイングでの演奏で、
(自分は初めて聞いたが以前に使用した事が有るとの事)、
初期ディーゼルを思わせるハーシュ・ノイズな演奏。
10分程で終わったけど、個人的にはもっと聴きたかった。
今はドローンを超えた、色々な可能性を試している段階かも。

P1000685.jpg

うーん、こんな濃密な内容なんだからもっとお客さん集まると
良いんだけどなー。

次回は8月か9月の予定らしい。





テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

今年の「RECORD STORE DAY」

4月22日は「RECORD STORE DAY」、と言う訳で今年も購入。
しかし以前のブログにも書いたけど、
http://musicfreakout.blog111.fc2.com/blog-entry-289.html
近隣30km内にアナログ盤を買えるお店が無い町に住む者にとって、
このイベントは欲しいモノがあるのに買えないという過酷なものであるのは変わりない。


入荷してなかったり売り切れだったりと、
狙ったもののうち半分も買えなかったが、それでも3枚入手。

村八分/ライブ
P1000443-(2).jpg
34年振りのアナログ再発。
CDでは何度も再発されているので音源自体は入手は容易だけど、
オリジナル盤と1984年のVIVID再発のLPも以前は持っていたが、
両方とも手放してしまっったのでアナログ再発は歓迎。
オリジナルを再現した被せ帯も嬉しい(笑)。

Klaus Dinger/2000!
P1000440-(2).jpg
ディンガーの晩年のプロジェクト「JAPANDORF」結成以前のセッション音源。
うーん、ディンガーの作品なので一応買ってみたものの、
習作の域を出てないような(苦笑)。
製作段階のドキュメント作品なのかなー。

Lou Reed/PERFECT NIGHT: LIVE IN LONDON
RY170401RSD170422020.jpg
1998年にリリースされた、非常に地味なアンプラグド編曲のライブ盤の初アナログ化。
ジャケットのルーのアップは、LPサイズになるとかなり怖い(笑)。


で、村八分とルーは音源自体はCDで良ければずーっと廉価で入手できるんですけどね。
そこはやっぱり「アナログで持っていたい病」としては仕方ない。




ラモーンズのシングルBOXと池玲子、欲しかったなー。


ジャックス/この道(赤盤)

最近、ようやく念願の1枚を入手した。

日本ロックのオリジネーターと言っても良いバンド「ジャックス」の、
東芝音工からリリースされたシングル盤「この道/からっぽの世界」の赤盤。
P1000447.jpg
P1000436.jpg

昔、東芝が通常盤とは別に「エバークリーン」と称して、
埃の付着を防ぐ帯電防止剤を盤の原料に入れた盤を、レッド・ワックスでリリースしたもの。
音源自体は今はCDで簡単に聴くことが可能だけど、
完全に「マテリアル」として欲しかった1枚。
黒盤は頻繁に市場に出てくるけど、これは40年近く前に蒲田「えとせとら」のセールで、
他の人に攫われた(笑)苦い思い出が有り、それ以降見たことが無かった。

で、今気になっているのは「ジョーのロック」って赤盤は存在しているのだろうか?
ネットで検索してもヒットしない。
もしそれがあれば、ジャックスのシングル盤はコンプリートとなるのだが。

Phew/Light Sleep

Phewの新作は、ライブ会場限定販売のCD-R3枚から選曲し編集したもので、
久しぶりのアナログ盤。
で、CD-Rは既に所持してて、音源としてはもう聴いたものなんだけど、
そこはPhewの作品とあらば入手しなくては気が済まない性分。
そしてアナログ盤となれば、もう二も無くってことで(笑)。
phew2.jpg
phew_201704142029590de.jpg
ちなみに500枚限定。

思えばPASSからのシングル盤で衝撃を受けてから、1stソロ、アーント・サリーを聴き、
以降はほぼ時系列順に彼女の作品を追ってきた。
近年は、このLPの様な電子音多用のテクノ寄りのサウンドに、
語りに近いボーカルスタイル。

彼女のボーカルは、抑揚が乏しく音程が不安定、等と評されるが、
そういった硬質な感じが自分は好きな訳で。
でも、彼女のアルバムのうちの「歌もの」の「SONS」での優しい表情や、
「ハードコア・パンク」の「MOST」での激しい表情も、また大好きだったりする。

能勢山陽生/Matter and Life

ディーゼル・ギターこと能勢山陽生さんの新作は、
art into lifeからのリリースで初めてのアナログ盤。
限定100枚で、ジャケ表下の写真は裏返して装着化のハンドメイド。

最近はドローンから離れた演奏が多く、
新しいステージに入ったようなイメージを受けるが、
ここでは徹頭徹尾ドローン・サウンド。
このアルバムで、いままでのドローンの集大成を図ったのかもしれない。
dg_20170414203011343.jpg

大きめなホールを借り切って無観客ライブで録音されたらしいが、
クリアーで音の広がりを感じさせる音質は、非常に心地よい。

dg2.jpg
で、レコーディング・エンジニアのクレジットを見たら
オトノハコの笠原厚浩さんの名があってちょっとビックリ(笑)。
自分らの世代でバンドやってた者なら彼の名前は知ってて当然なのだが、
やっている音楽が違い過ぎなもので、その繋がりが全く判らない(笑)。
まぁ、余談だが。

「ANTI MUSIC WINTER LIVE」

2/21夜、新潟市NEXT21の1階アトリウムにて「ANTI MUSIC WINTER LIVE」を見にいった。
福島諭さんと能勢山陽生さんがそれぞれ交互に2セットづつ演奏。
吹き抜けの空間の響きが、まず非常に心地良かった。
が、途中で暖房が切られたため、かなり寒い状態での鑑賞は、ややきつかった(苦笑)。

福島さんの演奏は、電子音に加工した生楽器の音を取り入れたりと、
以前は無機質な電子音が多かったが、最近は現代音楽的なクラシカルな雰囲気が強く出ている。
昨年リリースされたソロ・アルバムはそれが顕著に現れている。

能勢山さんは、1stセットは奏でる音のアプローチを様々に変え、ドローンから離れた音。
2ndセットは本来得意とされるドローン演奏に加え、時折激しいノイジーな音塊をぶつけていた。

両者とも、以前の演奏イメージから違ったアプローチを試しているのが興味深かった。
能勢山さんは4月に新譜(LP)と、過去のカセット作品がCD化され、
art into lifeよりリリースされるという。
早速、ご本人に予約した(笑)。

P1000428.jpgP1000431.jpg
P1000429.jpgP1000432.jpg


2016映像&成果 MFO的ベストアルバム

2016年に聞いたものの中から、良かったと思うものを今年も発表。
Music Freak Out的ベストアルバム。
※成果部門は「ようやく入手」「掘り出し物」などといったレコードの事。

成果部門 & 映像部門(順不同)

映像部門

マスターベーション/満身創痍(DVD)

マスベの1985年3月の吉祥寺バウスシアターでのライブ映像が突如リリース。
もう当時をリアルタイムで体験したパンク者としては、泣くしかないでしょう。
この日のライブは都合が合わず残念ながら見に行けなかったもので、
約30年振りにその無念さが少し拭えた。
今聞き直すと、音は「ハード・コア」ではなく「ポジ・パン」に近いのかも、って思った。


Pink Floyd/The Early Years 1965-1972(10CD+9DVD+8Blu-ray+5EP)


発掘音源部門でも書いたけど、本当によくまとめてリリースしてくれたものだ。
ただ不満を言えば、DVDとブルーレイは内容同じなんだから一緒にしてリリースしなくて良かったんじゃね?
その分、価格が高くなった訳だし。


成果部門
休みの国/追放の歌 c/w楽しいさすらい人(7' URC URS-0018)
P1000407.jpg
P1000409.jpg
「休みの国」唯一のシングル盤(「クォーター」は高橋照幸名義なので)を苦節35年の末、ようやく入手。
で、ずーっとA面は「楽しいさすらい人」だと思っていたんだけど、「追放の歌」がA面だったのね。

ジャックス/ジャックスの奇蹟(LP 東芝 EP-7726 赤盤)
P1000405.jpg
P1000406.jpg
もう、念願中の念願。
日本ロックのオリジネーター、ジャックスの2ndの初回赤盤帯付をゲット。
これも苦節35年。

ホークウィンド/ドレミファソラシド(LP 東芝 LLP-80700)
P1000404.jpg
東芝音楽工業ピンク帯の日本初回盤をようやく入手。
自分が以前所有していたのは再発のキング盤で、
それにも1曲目にはオリジナルには無い「シルバー・マシーン」が収録されていたが、
アルバム全体のイメージとしては全然違和感が無いと思う。

Silver Apples/Silver Apples(Mono LP KAPP KL-1562)
P1000401.jpg
P1000402.jpg
P1000403.jpg
電子音響サイケデリック・バンド、シルバー・アップルズの1stオリジナルなのだが、
これはプロモ・オンリーのモノラル盤。
ステレオ盤は1960年代後半によく有りがちの、
ドラム右、ギター左、とかに分離しただけの様なMIXになっているので、
むしろこのモノラル盤の方が、バランスよく聴ける。

2016発掘音源 MFO的ベストアルバム

2016年に聞いたものの中から、良かったと思うものを今年も発表。
Music Freak Out的ベストアルバム。

発掘音源部門(順不同)

Jeff Buckley/You And I(2LP)

デビュー・アルバム「グレース」発表前にレコーディングされてた未発表音源集。
全10曲中、8曲がカバー。
ジェフはもうこの時点で、その歌声は独自の色を放っている。

チフス/TYPHUS(CD)

後にガーゼ、スターリン、あぶらだこ、ニウバイルといったハード・コア・パンク・バンドに
在籍する事になるメンバーを擁した「チフス」の音源集が突如リリース。
そりゃ、パンク者なら二も無く買って当然。
音はそれほど性急さは無いが、ハードコア前夜といった、噴火寸前の熱さが満ちている。
そういえば昔ADKからチフスのLPが発売される予定だったが、
TAMの失踪によりリリースされることは無かったなー。

Guru Guru Groove Band/The Birth of Krautrock 1969(CD)

ジャーマン・ロックの雄、グルグルの前身バンドである「Guru Guru Groove Band」。
名前は勿論知っていたけど、まさかその音源が日の目を見るなんて。
まぁ、内容はフリー・アヴァンギャルドといった具合で、正直そんなビックリする様なものではなくて、
充分予想の範疇ではあったが。

Terry Riley/Rainbow In Cologne(2CD)

1971年ドイツでの未発表ライブ音源。
電子ミニマル・トリップ・サイケ。
もう空間がグニャってなるような、トロトロな感じが味わえる。
CD2枚じゃ全然短すぎ。

Pink Floyd/The Early Years 1965-1972(10CD+9DVD+8Blu-ray+5EP)

超弩級のメガトン・アイテム。
未発表音源&映像を、もう勘弁して下さい、ってまで詰め込みまくった箱。
曲は無数に被るものの、全部別バージョン。
ブートで見聴きしてた音源や映像も、可能な限りの高音質&高画質。
いやー、後はシドのソロ時代の箱が出ないかなー。

山口冨士夫/Jump So High 1983-1986(2CD)

カセット録音の為か音質は良くないが、
一連のティアドロップス未発表ライブよりずっと内容は濃い。
つーか、一気に聴いてしまった。
バンドの演奏も非常にテンションが高く、特にカバー曲「Gloria」と「ひとつ」は秀逸。
映像版、出ないかなー。
Recommend
プロフィール

music freak out

Author:music freak out
新潟県の燕三条FM「ラジオは~と」にて、通常のFMではまず流れないであろう音楽の数々を独自の選曲で15年間オンエアーされていた異色音楽番組「music freak out」のナビゲーターだった「ナゴヤ」のエッセイなど。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
最近のお勧め
amazon
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード