FC2ブログ

music freak out

music freak out(通称「MFO」)

1998年10月
新潟県県央地区の燕三条FM「ラヂオは~と」にて、
前身番組「ロック名曲座」オンエアー開始。
1999年4月より番組名を「music freak out」と改める。

表舞台には出て来難いが、素晴らしい個性を持った
音楽の数々は確かに全世界に存在する。
そんな曲の数々を、ロックを中心に独自の選曲で
お届けする、1時間の音楽プログラム。
ヒットチャートは完全無視でオンエアー。

2013年9月27日、15年間に渡る放送を終了。
http://www.heart768.com/

以前のブログは下記のページです。アーカイブとして御覧下さい。
http://star.ap.teacup.com/758mfo/
スポンサーサイト



テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

「The Dead Goldfish Ensemble/Fishy Tails」 2021年の入手モノ

The Dead Goldfish Ensemble/Fishy Tails(conatala 003)(LP)(新品)
P1000735.jpg

Steve Hartwellの1人ユニット「The Dead Goldfish Ensemble」の初のLP作。
1980~90年代に製作された幾つかのカセット作やオムニバス参加作から選曲されたもの。
チープで玩具のような宅録ミニマル・エレクトロニクス。
どこか童話の世界を思わせるような暖かな質感に包まれる。
聴いているとつい時間を忘れて、何度も繰り返して聞き直してしまう。

一般的知名度は低いと思うが、新潟のレコード店「she ye ye」に通う人の多くは、
既に数年前からDGEの音楽に深く触れていたはず。
店主がSteve Hartwell本人から預かった音源を、
勿論本人承諾の上で独自編集して無料配布していたからである。
自分もそれで知った口である。

P1000737.jpg

ただ貰った音源のアーティスト名を失念したので、
最初にLPを聞いた時に「あれ?これ前に聞いた事が有るぞ?」となった。
記憶を辿り、以前貰って聞いてた音源を思い出した次第。
ただ私見ではあるが、she ye ye編集の方が面白く思ったのは、ここだけの話(笑)。

一番上の画像の表ジャケ写の左下にあるのは、ベリー・キュートなオマケの魚型しおり。

P1000736.jpg

テーマ : 本日のCD・レコード
ジャンル : 音楽

「JAPAN/QUIET LIFE(Deluxe Edition)」 2021年の入手モノ

JAPAN/QUIET LIFE(Deluxe Edition)(BMG BMGCAT403CDX)(3CD+LP)(新品)
P1000750.jpg
P1000751.jpg

早すぎたビジュアル系、遅すぎたグラムロック。
デビッド・シルヴィアンやミック・カーンを配した
JAPANの3rdアルバムの3CD+LPのデラックス・エディション。
当時リアルタイムで聞いてて、新潟公演も見に行った。
まだファンは殆どが女性ばかりの時。
P1000753.jpg

ヨーロッパ・デカダン趣向を前面に押し出してきた頃の作品で、
実はヴェルヴェッツはこのアルバム収録の「All Tomorrow's Parties.」で、
その存在を初めてしったという意味では重要な1枚。
ただ今聞き直すと、シルヴィアンのナルシスト的ねっとりボーカルスタイルが、
昔より耳についてしまうのは否めない。
今のよりナチュラルな歌い方の方が好み。

本編のリマスターは良いにしても、
今回のDXエディションには不満がいっぱいある。
映像関連はどうした?リミックスばかりで未発表スタジオ作は無いのか?
特にCD2は全部過去にCD既発済じゃねえのか?
武道館ライブ音悪すぎ。もっと良好な音源探せただろ?
(下記画像の収録曲を参照)
関係者には猛省を促す。
P1000755.jpg



テーマ : 本日のCD・レコード
ジャンル : 音楽

「Masstishaddhu/Shekinah」 2021年の入手モノ

Masstishaddhu/Shekinah(Old Europa Cafe OECD 292)(CD)(新品)
P1000743.jpg

「Metgumbnerbone」の別プロジェクトとも言える「Masstishaddhu」の唯一作がCD再発。
New Blockaders関連の作品として知っている人の方が多いかもしれない。
オリジナルはUnited Dairiesから1988年にLPでリリースされていて、
今回は3度目の再発。

Metgumbnerboneは似非秘境民族音楽だったが、
このMasstishaddhuはそれとの差異がよく分からない(笑)。
まぁメンバーダブってるし当然かな。
と言うか何故別プロジェクトにしたのだ?

ゴシック、トライヴァル、ドローン、民族音楽などが入り混じった、
実に怪しく胡散臭い雰囲気が満載。
なお未発表のボーナストラックは、本編よりノイジー&アグレッシブで
自分的にはこちらの方がお気に入り。
P1000745.jpg

ところで先日LP棚を見たところ、オリジナル・アナログを持ってた事が判明。
昔、オレこれキチンと聞いて無かったんだなー。全然記憶なかったもん。

余談ではあるが、「Metgumbnerbone」と別プロジェクトとも言える「Masstishaddhu」とも
なんて発音するのか未だに分からない。誰か教えて。

テーマ : 本日のCD・レコード
ジャンル : 音楽

「HARMONIA/Complete Works」 2021年の入手モノ

HARMONIA/Complete Works(GRONLAND CDGRON150)(5CD)(新品)
P1000728.jpg
P1000730.jpg
P1000729.jpg

2015年にGronlandからハルモニアの音源を集めたLP BOXが発売されたが、
これはそのCD再発版になる。
当時は同時発売はされなかったのだが、このタイムラグでの発売理由は
何かよくわからない。

クラスターとノイの合体ユニットでもあり、後にはさらにグルグルも加わるという
豪華なグループの恐らくは現存する音源を殆ど集めたもの。
LP BOX発売時は目当ては未発表の「Documents 1975」だった訳だけど、
これもLP BOX発売後にあっさりと単独でリリースされたりと、
音的には価値が無くなってしまったが、
やっぱりジャーマン・ロック好きには、持っていたい一作。
まぁアナログとCD両方買っちゃうのもどうかしてるけどね(苦笑)。

音が浮遊しまくってあっちこっち飛び回る様は爽快。
特に抒情性を前面に出してきた2nd「デラックス」は傑作。

テーマ : 本日のCD・レコード
ジャンル : 音楽

Recommend
プロフィール

music freak out

Author:music freak out
新潟県の燕三条FM「ラジオは~と」にて、
通常のFMではまず流れないであろう音楽の数々を
独自の選曲で15年間オンエアーされていた異色音楽番組「music freak out」の
ナビゲーターだった「ナゴヤ」のエッセイなど。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
最近のお勧め
amazon
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード