FC2ブログ

music freak out

music freak out(通称「MFO」)

1998年10月
新潟県県央地区の燕三条FM「ラヂオは~と」にて、
前身番組「ロック名曲座」オンエアー開始。
1999年4月より番組名を「music freak out」と改める。

表舞台には出て来難いが、素晴らしい個性を持った
音楽の数々は確かに全世界に存在する。
そんな曲の数々を、ロックを中心に独自の選曲で
お届けする、1時間の音楽プログラム。
ヒットチャートは完全無視でオンエアー。

2013年9月27日、15年間に渡る放送を終了。
http://www.heart768.com/

以前のブログは下記のページです。アーカイブとして御覧下さい。
http://star.ap.teacup.com/758mfo/
スポンサーサイト



テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

「Phew,John Duncan,近藤達郎/Backfire of Joy」 2021年の入手モノ 

Phew,John Duncan,近藤達郎/Backfire of Joy(Black Truffle BT071)(LP)(新品)
Backfire Of Joy
1982年5月25日に法政大学で行われた、Phew、John Duncan、近藤達郎のライヴ音源が、
Oren AmbarchiのレーベルBlack Truffleよりリリース。
何よりこの3者の共演に興味を持たない筈がないので、速攻購入。
A面は33回転、B面は45回転の変則盤。

まずライブの日付に注目した。
Phewが5年ほど音楽活動から離れるその直前に当たるのではないか。
又、Phewの2ndアルバム「View」に参加する近藤達郎とは、
この時点で既に邂逅を果たしていたのも興味深い事実だった。
P1000739 (3)
「View」では暖かみを感じられる「うた」を披露するPhewだが、
ここではまだ1stの無機質なイメージの声。
ジョンの短波、近藤のシンセ類、Phewのボーカル、
その3者の奏でる音の「歩み寄らない」「融合しない」様が、
凄まじく潔くて実に心地良い(笑)。
この3人の共演は今までこの一回限りだという。もったいないなー。
P1000738.jpg
ジャケ裏やインナーのメンバー写真が皆若くて、新鮮に見れた(笑)。

テーマ : 本日のCD・レコード
ジャンル : 音楽

「エスプレンドー・ジオメトリコ/バルセロナ 1994」 2021年の入手モノ

エスプレンドー・ジオメトリコ/バルセロナ 1994(キャプテン・トリップ CTCD-669)(CD)(新品)
P1000699 (1)
スペインのインダストリアル・グループ、「エスプレンドー・ジオメトリコ」。
これは2010年の来日公演の際に会場限定発売されていたCDで、
最近ヤフオクにデッドストックが出回ってるのを入手した。

日本ではキャプテン・トリップやSUEZAN STUDIOなどから旧譜や新作が
数多くリリースされたので名前だけでも聞いた事がある人は多いと思う。

ノイズを聞いてきた自分にとっては当然馴染みのバンドではある。
初期のノイズ色強い時期を(特に1stカセット)好んでいたが、
この作品は余り期待せずに聞いたら殊の外良かった。

もはやハーシュノイズと言ってもいい電子音が縦横無尽に飛び交い、
工場音に聞き間違うほどの激しいリズムに絡み合う、
と言うか物凄くうるさい(笑)。

ライナーも無いしジャケットもお金を掛けていない様子で、
白紙ジャケにスタンプ押しただけ。一応帯付ではある。
300枚限定。

余談ではあるが、昔は「ゲオメトリコ」で通ってたんだけど、
今「ジオメトリコ」が公式な表記だったんだなー。

テーマ : 本日のCD・レコード
ジャンル : 音楽

「VA/From Brussels With Love」 2021年の入手モノ

VA/From Brussels With Love(Crepuscule TWI 008)(2LP)(新品)
P1000706.jpg

ポスト・パンク、ニュー・ウェイブの名オムニバス盤。
オリジナルはカセット・テープだったが、過去何度かLPやCDで再発されているが、
昨年にリリース40周年として2CD、2LP、カセットのフォーマットで再発。
でも自分はカセットのオリジナルと昔リリースされたCDを持っているので
今回はとりあえず2LPを購入。
静的なサウンド・イメージのあるレーベルのクレスプキュールだが、
想像通りの内容が展開される。しかし40年って歳月はあんまり意味無いくらい、
いまでも十分楽しめる。つか、自分にとっては今の方が昔より楽しめた。
エレ・ポップ、アンビエント、ネオ・アコ、シンセ、等々、
あの頃のニューウェイブ・シーンが蘇ってくる。
アナログ盤は1枚目が黒盤、2枚目が白盤になっている。
P1000707.jpg
P1000708.jpg

CD版も欲しくなってきたなー。



テーマ : 本日のCD・レコード
ジャンル : 音楽

「頭士奈生樹/LIVE」 2021年の入手モノ

頭士奈生樹/LIVE(advaita records)(カセットテープ)(新品)
P1000714.jpg
P1000715.jpg

ハレルヤズ、螺旋階段、非常階段、IDIOT O'CLOCK、渚にて、など
関西の重要なバンドのギタリストとしてだけでなく、ソロ活動においても
サイケデリックを体現してるとしかいえない音を紡ぎだす、
自分にとっては栗原ミチオに匹敵するギタリストでもある。

その頭士奈生樹が新作をカセットでリリース。しかも150本限定と言われれば
必死になって入手に走るのは必定。
2006年の古いLIVE音源だが、時代性を感じさせない不変な音を昔から出してた訳で
その点は全く問題無し。
曲によってはスタジオ作以上に豊穣なギターが聞けるが、
近年は歌に重点を置いているせいか、より「言葉」が突き刺ってくる。
クリさんと同様にもっと知られて良いミュージシャンだと思うんだけどなぁ。

昔モダーン・ミュージックに立ち寄った時、頭士奈生樹の1stアルバム「パラダイス」が
店内で流されていて一瞬で衝撃を受けた。
生悦住さんに「今流れているヤツ、何ですか???!!!」と尋ねて、即購入。
今でもそのアナログ盤は大事な一枚。

テーマ : 本日のCD・レコード
ジャンル : 音楽

Recommend
プロフィール

music freak out

Author:music freak out
新潟県の燕三条FM「ラジオは~と」にて、
通常のFMではまず流れないであろう音楽の数々を
独自の選曲で15年間オンエアーされていた異色音楽番組「music freak out」の
ナビゲーターだった「ナゴヤ」のエッセイなど。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
最近のお勧め
amazon
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード